FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2章のコードワークに挑戦!

最近あまり実施してなかったですが、
昨日久しぶりにジャズギターの金字塔を練習しました。

これまでは第1章基礎練習を地道にやっておりました。
ただ、初心者の私には基礎練習とはかなり練習負荷が高く
これが弾けるようになって次に進んでいては、
この本をやり終える前に寿命になりそうだ(笑)ということで、
とりあえず先に進むことに。

こちらの本は4つの章から成り立っていて、
第1章:基礎練習、第2章:コード・ワーク、第3章:ソロ
第4章が模範演奏としてスタンダードが数曲集録
されております。
この第4章は布川さんいわく、普段のライブのつもり、
CDをリリースするつもりで真剣に弾いたというもので、
かなりすばらしい演奏のようです...(まだ、聞けていない)

今回の方針としては、まずは第1章~第3章をさらっとやってみようかなと。
おそらくまったく歯が立たない部分もあると思うのですが、
まずは、全体としてどのような事を学んでいくのかを頭に入れたいなと思ってます。
第3章まで終われば、第4章は1曲づつ時間をかけて練習するにしても
第1章~第3章は日々の基礎練習として今後も練習していきたいと思います。

ということで、昨日は第2章のコードワークに挑戦!
まずはジャズの基本的なコードを覚えるということで、
メジャー7th、マイナー7th、7th等の基本的なコードが掲載されてます。
最初のC△7thだけでテンション含めて20個くらい掲載されている~!!!

ひぇ~、これ覚えられるかな...
通常であれば、この時点で教則本を閉じて、
本棚の奥に閉まってしまうところではありますが(笑)
これには分けがあるようです。

ジャズの場合コードを弾く際に、テンションの音を含めて
リハモ(コードを弾きながらトップノートでメロディを弾く)することが多い。
トップノートは1弦、2弦になることが多いので、
1弦、2弦がスケール上の音(テンションであることが多い)になるように、
いろいろなC△7のコードが掲載されているわけです。

布川さんの考えでは、コード弾く際にも
スケール上の音を認識して弾くことが大切であると、
よって、このようにたくさんのコードが掲載されているわけです。

昨日一通り第2章をやってみましたが、
これは第1章以上にやりがいがあるというか、
練習の負荷が高いトレーニングです。
でも、実際に1625のコード進行で弾いてみると、
実にジャズっぽい雰囲気がでて弾いていて楽しいです!

ただ、このコード覚えるのはいつになるかな...
今後、積極的にセッションのバッキングで1個づつ弾いてみて、
半分でも自分のものにできれば初心者には結構な武器になりそうです。

しかし、この本第1章~第3章までで、
そんなにページ数ないのですが、
これがスイスイと弾けるようになると、
かなりの実力がつくと思います。

ちょっと、本当の初心者には難しい本かもしれませんが、
「理屈は後で理解する!」と覚悟を決めて、
ひたすらこの本で練習すると、とても勉強になりそうですね。

今後もがんばって練習しよっと。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

ちょっと気になっている商品について

ちょっと気になっている商品があります。
BOSS/WL-50 ギターワイヤレスシステム

最近、ぞくぞくと新商品がリリースされておりますが、
ギターのワイヤレスシステムです。

ギターのワイヤレスなんていうものは、
ハードロック、ヘビーメタルようにステージ上を
縦横無尽に走りまわるようなギタリストが使うものであり、
アンプの前で演奏するジャズギタリストには無縁だと思っておりました。

私も年1回の発表会くらいでしかステージ立たないし、
それも小さい箱なので、シールド3mもあれば邪魔になるくらい。
こんなものは必要ないとこれまでは思っておりました。

ただ、ちょっと最近悩みというか問題が発生しておりまして...
部屋での練習のシールドの問題なんです。
昨年、ギターアンプDV-MARK JAZZ12を購入しまして、
その為のシールドを購入したのです。

私の部屋でのギター練習場所は、ソファかPC机の前になるのですが、
ギターアンプとPC机の距離がちょっと離れているので、
5mくらいのシールドが必要になります。

横着な私は、アンプの電源をONすればすぐにギターが弾けるように
シールドをギターに差しっぱなしでスタンドに保管しているのですが、
そうすると5mのシールドが長すぎてぐちゃぐちゃになってしまうのですよね...
見栄えも悪いのですが、埃とかがシールドの輪っかに溜まってしまったり、
また、掃除機をかける際も結構邪魔になるのですよね...

そこで今回のワイヤレスシステムを検討しているわけです。
ワイヤレスとなると音の劣化とかも気になるのですが、
部屋での練習用と考えれば、ある程度は妥協できる。

今回のBOSS/WL-50はエフェクターラック組込みタイプであるので、
エフェクター用の電源を指しておけばいつも充電可能。
また、使いたい時はトランスミッターをギターに差し込めばOK!
エフェクターラックを持っていけばセッションでも使用可。
値段もまあお手頃なのではないでしょうか。

正直、音質が気になるところではありますが、
最近はこのあたりの技術も進歩しているので問題ないのではないかと。
悪いレビューも見かけませんしね。

状態のよい中古品でもないかなと探してますが、
まず出てきませんね。

もう少し探してみたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



めっちゃアウトしてましたww

前回のブログでもう2月も終わりですねぇ~なんて書いておりましたら、
今月ももう既に後半に差しかかろうとしております。
ちょっとご無沙汰しておりました。

今月はCleopatra's Dreamに挑戦しておりましたが、
この曲がなかなかの曲者でございました。

フラットが7つもあることはお伝えしましたが、
これはメロディを覚えてしまえばそんなに問題はなかった。
コード進行はBbm7-Eb7-AbmのⅡ-Ⅴ-Ⅰ4小節を繰り返しているだけであり、
簡単かなとたかをくくっておりましたが、
ここに落とし穴がありました。

テーマの進行はAABAの32小節1コーラスのパターンです。
このパターンはよくあるパターンなのですが、
2コーラスアドリブソロを取った場合、
最後に弾いたAメロと頭に戻ったAメロが同じですので、
これで2回Aメロを弾いたと勘違いしてしまって、
小節数を間違ってしまうのが初心者あるある!

ただ、Bメロでコード進行が変わったりすれば、
「あ、間違えた!」と気づいて修復可能なわけなのですが、
困ったことに、この曲はBメロもほぼ同じコード進行なんですよ。
ですので、ロストしてしまうとテーマの終わりがほぼわかりません。
実際、練習でも毎回ロストしてしまって
無事に終えられたことはなかったです。
まあ、考え方によってはどこで終わってもいいという考え方もあるが...

あと、こちらはピアノの曲であるので、
ギター、管楽器が入るようなセッションでは所謂定番曲ではないらしく、
昨日の道場でこれをやると伝えると、
かなりレアケースのようでした。

あと、KeyがAbマイナーということで、Aマイナーの半音したなのです。
つまり、Cメジャーを半音したで弾けばよいと楽に考えていたのですが、
私はこれまで徹底的にCメジャーを身体に叩き込んできたので、
ふと、気を抜くとCメジャーを弾いていたりするのですよね..
Ebくらい離れていればそんなことがないのですが、
1fずれているくらいが一番難しかったです。
昨日のセッションでもめっちゃアウトしてましたww

あと、なかなか原曲のようなグルーブ出すのが難しかったですね。
でも、いつか再挑戦したいですね。

さて5月の発表会が近くなったこともあり、
しばらくは、これまでの復習をしたいと思ってます。
復習というのは、これまで挑戦してきた曲を再度練習するということです。
私は新曲に挑戦するとどうしても1か月くらいかかってしまうので、
過去の曲に練習する余裕がないのですよね...

この2か月くらいは過去の曲を順番に練習して、
発表会は数曲参加できるとよいなと思っております。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



もう今週で2月も終わりですね!

今月は出張もなく久しぶりに充実した練習ができております。
結構、2時間/日くらい練習している日も多く、
昨年の11月以来ですね。
このブログのアップデートと同じで、
更新が滞っている時はイマイチな状態なわけです。

私の場合、練習が継続しているとモチベーションが上がるのですが、
出張等で練習ができない日があると、
ギターを触らない日も連続してしまうので注意が必要。

Cleopatra's Dreamは予想どおり結構手ごわいです。
今は徹底的にメロディを繰り返し弾いておりますが、
なかなか上手く弾けません。
譜面どおり弾くことはできるのですが、
グルーヴが出ていないという感じなんですよね。

とりあえず、しばらくはメロディを退屈になるまで
繰り返し弾きまくりたいと思います。

メロディを弾きまくることは実はアドリブにも効果がありまして、
飽きるくらい弾きまくっていると、
徐々にメロディの間にリックを挟みたくなったり、
ちょっとメロディを加工したくなるんですよね。
それがアドリブに直結してくるような気がしてます。

アドリブはもともとメロディのフェイクだったと聞いたこともありますし。
もう今週で2月も終わりですね!

5月には発表会もあるので、頑張って練習したいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



自分の演奏したい曲に挑戦することにしてます!

今月はどの曲に挑戦しようかな...と思いながら
黒本をペラペラとめくっておりました。

結構、セッションで定番の曲、例えば
Antoher YouAlone TogetherAll the Things You Are等々
これらの曲もやっておかないといけないとは思うのですが、
でも、結構何の曲をやるかでモチベーションが違うので、
最近は自分の演奏したい曲に挑戦することにしてます。

そこでJohn ColtraneLazy Birdあたりが
楽譜もそんなに難しくなさそうでよいかなと思って
いざ、コード進行分析してみたら、
結構難しくて、ちょっと中止...(笑)

Giant Stepsも楽譜だけみたら簡単そうですもんね。
所謂Coltraneチェンジという奴なのでしょうか。
いつか挑戦してみたいですね。

そこで何かないかなと...
できれば、発表会での演奏曲となりそうな曲を...

あった!この曲やりたかったんだ!
という曲が見つかりました。
その曲はBud PowellCleopatra's Dreamです。

結構、メロディも早そうだし、
そもそもピアノの曲だから難しいそうだなと思いつつ...
まずKeyを見ると...

フラット(b)が7つも!!!!
5度圏で確認したところBメジャー、もしくはG#マイナーらしい。
ただ、コード進行をよく見ると、
基本的にはBbm7-Eb7-AbmのⅡ-Ⅴ-Ⅰ4小節を繰り返しているだけなんですね。
途中Eb7-Abmのドミナントモーションもありますが、
これはⅡ-Ⅴ化しても問題なさそう。

そう考えると、KeyはG#マイナーというよりも
Abマイナーと考えた方がよさそうですね。
ということは、AマイナーがCメジャーの並行調だから、
Cメジャーを半音さげて弾けばよいのか?
それなら挑戦できそうかなと。

ただ、メロディを弾くのが難しい...
そもそもピアノの黒鍵が5つしかないのに、
なんでフラットが7つもつくんだよ!!(怒)
楽譜でCになっていてもBを弾かないといけないし、
FはEになるし...最初は大混乱でした。

まあ、運指を覚えてしまえば問題ないか。
でもテンポ早く弾くとなると結構難しいかもしれません。
まずはメロディを頑張って弾けるようにしたいと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか6年間継続することができました。(2017年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。