FC2ブログ

スイッチャーについて色々と調べてみた

まだ、それほど必要ではないのですが、
ネットでエフェクターのスイッチャーについて調べておりました。

現状、持っているペダルは、
Xotic EP Booster
ZOOM MULTI STOMP MS-50G
IBANEZ NTS NU TUBESCREAMER

の3つだけなんですけどね。
また、TUBESCREAMERは使っておらず、
音作りはMS-50単体で実施しております。

まあ、ライブとかあるわけではないし、
家で弾いている時に使うだけなんでね、充分ですよ。
歪みもデジタル感はありますけど、
値段考えるといい音してます。

話をスイッチャーに戻すと、
スイッチャーには、ただ単にエフェクターのスイッチをオンする
ループスイッチャーと呼ばれるものと
マルチエフェクターのように使える
プログラマブル・スイッチャーと呼ばれるもの2種類があるようです。

私は最初に疑問を持ったのが、
マルチではなく、単体のペダル類をスイッチャーに繋げた場合、
各エフェクトの設定まで記憶できるのかな?
ということ。

例えば、曲によってはディレイタイムなんかを長くしたい場合、
マルチエフェクターでは、そのような設定にしてパッチに保存ができますよね。
でも、スイッチャーを使用した場合、
繋がっているディレイの現在の設定でしか音が出せないですよね?
まあ、エクスプレッションペダルでコントロールするという裏技もあるようですが、
マルチに比べて面倒ですよね。

みんなどうしているのだろう...とネットで調べていたのですが、
あまり明確な回答が得られず、いろんなサイトを確認していたら、
とても画期的な商品にたどり着くww
BOSS/MS-3 Multi Effects Switcher

これ、スイッチャー機能だけでなく、
マルチエフェクター機能も搭載しているという。
いや、どちらかと言うと
マルチエフェクターにスイッチャー機能が付いた
という方が正しいかも。

例えば、マルチですと、歪みは特定のペダルを使用したい!
みたいな欲求があっても、仕方なしにマルチに収納されている
歪みを使うことがあるかと思います。
まあ、マルチで直列で歪みを繋いでもいいわけですが。

ただ、このMS-3はマルチエフェクターの中に歪みとか繋げることが可能です。
例えば、マルチでCompを選択して、外部の歪みを繋いだ後に、
マルチ内のディレイを繋ぐなんてことが可能のようです。

しかも、ここのマルチに搭載されている
エフェクターのレベルがかなり使えるものが多い感じです。
コーラスなんかはとても良い音に聴こえました。

てか、素人のおっさんギタリストには充分なのでございます。
これは購買意欲がどんどん湧いてきて危険な状態ですw
あと2か月でクリスマスだしな...

ただ、すでに発売から2年経過しているので、
来年あたり、新作が発表されそうな感じもあるのですがね。
でも、買ってしまいそうww

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



YYZに挑戦!

ちょっとご無沙汰でした。
先日、ギターを始めて8年が経過して、
ちょっと路線をジャズからロックに再シフトしていこうかなと
報告させていただいたのですが、
完全にプログレにシフトしておりますww

今、挑戦しているのがカナダのRUSHというプログレバンド。
日本では知る人ぞ知るという扱いでございますが、
地元カナダでは日本のサザンくらいの大御所だと勝手に思っておりますw
最近は年齢の事もあり解散状態なのが残念です。

RUSHはGt、B、Drのトリオです。
VoはBのゲディーリーが歌います。
このゲディさん、Bass弾きながら歌って、足でシンセを弾きます。
私は学生時代、RUSHのコピーバンドをやっていて、
このゲディさんの足(Key)を担当しておりましたww

RUSHには代表曲がかなり多いのですが、
代表曲の一つに『YYZ』というインスト曲があります。
最近はこれに挑戦しております。

ギター始めた当初、この曲に挑戦しましたが、
当然のように挫折した過去あります...
ただ、8年練習したこともあり、
なんとか弾けるようになりました。
(仕上がりの問題はありますが...)

イントロが終わってAメロのリフが鬼門でした。
(上記動画の45秒頃からのリフです)
これが全くスピードについていけませんでした。
ただ、しつこく繰り返し練習をしていたら、
徐々に弾けるようになりまして、
今はなんとかオリジナルスピードで弾けるところまできました。
(ごまかしている部分も多々あります...)

まあ、RUSHというバンドは、
BassとDrがすごいテクニシャンなバンドですので、
Gtは難易度低めなんですけどね。
でも、弾いていて楽しいですね。

本来は耳コピをした方がよいのでしょうが、
YouTubeに詳細に弾き方を開設してい動画があって、
それを参考にコピーさせていただきました。
便利な世の中ですな~。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



Fire TV Stickすげぇ!!

ちょっとギターと話題はそれるのですが、
先日、amazonのFire TV Stickを購入してみました。

2年間の保証をつけて5500円くらいでした。
今更ですが、これ結構便利ですね。

本来であればamazonプライム会員(500円)にも登録して、
Prime Videoを楽しむのが趣旨でしょうし、
実際、私が好きな洋ドラなんかも結構見れるので、
様子をみて入会しようかなと思ってます。

ただ、現状でもabemaTVとかも見れますし、
あと、YouTubeがTVで見れるのが結構心地よいですね。
YouTubeにはギター練習系の動画も結構多いですし、
私は普段、TVの前のソファーでギター練習しているので、
TVでYouTubeが見れるのはとても便利です。
今まではPCの前やスマホの小さい画面で見てました。

しかし、Prime Videoとか結構充実した品ぞろえですし、
これが月500円(年払いだと月400円)くらいで観れる
TUTAYAもたまったもんじゃないですね。

今度、時間あるとき『24』を一気に見ようかなww

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



ギターを始めて8年!!

今月でギターを始めて8年が経過しました。
まあ、何度も挫折してきたけど、よく続いたなと思ってます。
ただ、このあたりでちょっと方針転換しようかなと。

ギター自体は止めるつもりはないのですが、
ジャズギターとの距離をちょっと取ろうかなと。

ジャズに挑戦して今年の年末で4年になります。
なかなか成長しない事も理由の一つなんですが、
ジャズでモチベーションを上げるのが難しくなってきました。

決してジャズが嫌いなわけではないのですが、
ジャズのスタンダードでアドリブすることに、
ジャズ本来の面白さを体感できていないのですよね~。

先日、久しぶりにRUSHの動画なんか見てまして、
昔は弾ける気がしなかったが、今はどうだろう?と思い、
ちょっと練習してみたら結構弾けたんですよ!
それが楽しかったんですよね...
無意識でしたが、2時間くらい練習してました。
こんなことジャズのアドリブではなかったもんな...

あと、もっと体系的にギターを学びたいという事もあります。
技術的に習得できていない項目が結構あるんですよね。
カッティングとかコード弾きとかほとんどしたことないし。

ただ、このジャズを練習した4年間はかなり勉強になりました。
もし、ジャズに挑戦してなかったら、未だに指板の音もわからず、
TAB譜を追っているだけになったでしょうし。

とは言え、ジャズを全くやめるつもりもなく、
ジャズ1色の練習環境を変えようかなと思っております。
もう年齢も年齢なんで、楽しいと思えることやっていこうかなと。

きっと、数年すればジャズの面白さを再認識して、
再度、真剣に挑戦したいと思うこともあるかなと思ってます。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



異なるKeyのペンタでのアプローチ

今日は音楽理論の話など...
今やっている教則本でも良くでてくるのですが、
Keyが異なるペンタを弾くことってよくありますよね?
KeyがAmであれば、Amペンタを弾くことは当たり前ですが、
Am以外のペンタを弾いてもサウンドすることがありますよね。
これを纏めてみようかなと。

下記表は縦軸がKey(マイナーKey)になります。
横軸はそれぞれのKeyのペンタトニックの構成音になります。
一番最初のA欄はAmペンタを指し、その構成音はACDEGになります。
20190830_penta.jpg
黄色で塗られている部分はAmペンタと同じ構成音になります。
これを良く見比べてみますと、DmとEmペンタは構成音がほぼ同じです。
5つの構成音のうち4つが同じですね。
各構成音の下にはAmからみた度数を記載しました。

DmペンタではAmペンタの構成音ではないFが含まれており、
このFはAmペンタで考えるとb13というテンションになります。
AmのE(P5)がなくてF(b13)があるという形なので、
なんか問題なくサウンドしそうですね。

EmペンタではC(m3)の代わりにBの9thが含まれており、
これもサウンドしそうですが、m3が含まれていないので、
マイナー感が出しにくそうな感じがしますね。

なんとな~く、C(m3)とG(m7)は要な音のような気がしますので、
これが含まれているKeyのペンタに注目してみると、
Cm、Gmペンタなんかも緊張感が出そうな感じがします。

FmペンタなんかはC(m3)しか同じではないですが、
それ以外の音もなんとなくテンションとしてはありえそうで、
とても面白いサウンドになりそうですね。

実はまだ実際に試して演奏してないのですが、
今晩でもサウンドするか試してみようかな。
でも、こうやって表で確認するととても分かり易くてよいですね。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか6年間継続することができました。(2017年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR