コードヴォイシングを考えながらメロディを演奏する

以前から先生が何度も言っているおススメの練習方法があります。
それは、メロディをコードヴォイシングを考えながら弾くというものです。
ちょっと私には敷居が高いかなと思っていたのですが、
ギターの指板上の音も把握できてきたし
※把握するまで数秒かかるのですが...(^^;
基本的なコードの押え方も覚えてきたので、
そろそろやってみようかと。

先生がおススメする練習手順は下記のような感じです。
①黒本(ジャズ・スタンダード・バイブル)を適当に開く。
②開いたページの曲をメロディを考慮しながらコードを弾く。
③あまりコード進行が激しい曲は初心者は無理なので違う曲を選択。
④メロディの音も少ないものがまずはおススメ。


例えば、有名なスタンダードのBlue Bossaで説明してみますと、
最初の小節のコードはCmで、
メロディは、ソ、ファ、ミ、レ、ド~♪
といった感じになってます。

ここで最初のソというメロディの音を生かしながら、
Cmのコードを弾くようにヴォイシングを考えるわけです。
例えば、6弦ルートのCmを考えると、
2弦の8fがソになりますよね。
ですので、この場合はそのままCmのコードを弾けばよいことになります。
その後は、ファ、ミ、レ、ド~♪と弾くことになります。

このヴォイシングを考える場合、少しコツがあって、
メロディになる音をトップノートにすることが重要です。
この場合だと、2弦8fのソはトップノートになりますね。
トップノートが一番耳に残る音になるので。

先生は、この練習を1日1回やることを推奨してます。
間違ってもよいそうです。
考えて音を出すことが初心者には特に大事とのこと。

この練習が初心者によいところは、
①指板上の音を把握できる。
②コードヴォイシングを考えることでコードトーンを把握できる。

ということのようです。

今回のケースのようにメロディの音がたまたまトップノートになる
ということはまれなケースでしょうから、
いろいろなコードの型を知っていると有利になりますね。
初心者は最初はワンパターンになるでしょうが、
新しいヴォイシングをならったりすると記憶も早くなるのではないかな。

1日1回はちょっと大変なので、
週末に1曲を目標に私も練習していこうと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


スポンサーサイト

無伴奏でコード感あるアドリブが重要!

昨日はギター道場でした。
今回も前回同様にぶつかり稽古でした。
各自、演奏したい曲を先生とセッションして、
その後、アドバイスをもらって練習、そして再セッションという流れ。
これは、自分が演奏してなくてもとても勉強になります。
まあ、理論的な部分はわからないところが多いのですがね...

良く出てくるKeywordがリディアン7thですね。
このコードの時に何弾けばよいの?
というアドバイスに良くでてきます。
そして、このリディアン7thがあるKeyのオルタードと同じになるみたいです。
このあたりはいつか理論を勉強したいのですがねぇ...

昨日はある取組みを実施しました。
アドバイス後の再セッションを無伴奏で実施するというもの。
要するにメトロノームだけで、アドリブを取るのですが、
コード感を出すことがとても大切であると。

要するにバッキングトラックに合わせていると、
バックにコードが演奏されているので、
どんなソロを弾いていてもその曲のコード感はつかめます。

ただ重要なのは、無伴奏でアドリブを弾いてコード感をだし、
その曲を弾いているんだなぁ...と他人が分かることが大切なようです。
プロはみんなやっているようです。

コード感を出すという感覚は、
当然、私には難しくてまだ理解できないのですが、
コードトーンを中心にソロを組み立てていくという事ですかね...
おそらく、コードトーンの中でも重要な音があるのでしょうね。

私はSUNNYを演奏しました。
やはり、練習している半分も弾けませんでした。
練習していたテンポより速いということもありましたし、
準備していたフレーズが弾けなかった...
まあ、先生は褒めてくれるのですがね(笑)

でも、もう少しペンタを極めたいですねぇ...
Blue Bossaもペンタで行けそうなので、
ちょっと再チャレンジしてみようかな。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


浮遊感漂うフレーズですね

しばらくご無沙汰でございました。
GW終了後、ちょっと仕事が立て込んでいたので、
ちょっとブログを書く気持ちの余裕がありませんでした。
週末もプライベートでバタバタしており、
なかなか練習もはかどりません。

また、来週はベトナム出張の予定があり、
帰国日が土曜日の朝で、翌日曜日がギター道場です...
前回の道場で、次回はSUNNYやります!って宣言しちゃったしな...(^^;
こりゃ、まいったな!ってことで、
この週末はパット巨匠のSUNNYのコピーを中心にやってます。

と言いましても、あのスピード弾けるわけもなく、
フレーズをコピーしては、半分のスピードで弾くという(笑)
パット巨匠は当然16分音符で弾いておりますが、
私は8分音符もしくは三連符で弾いたりしております。

前回も書きましたが、結構ペンタ以外の音も弾いているので、
弾いているコードによっては、アボイドノートになっているのではないだろうか...
と心配しているのですが、
弾いた感じは、なかなか緊張感を感じる場面もあるのですが、
そんなに変な感じもしない(笑)

なんか、崖の淵をフラフラと歩いているような印象です。
ま、これがちょっと気持ちよかったりするのですがね...
とりあえず、この週末でできるかぎりフレーズコピーして、
帰国後にすっかり忘れているでしょうから(笑)
復習して道場に望んでみましょうかね。

ほとんどぶっつけ本番ですな。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


ペンタフレーズをコピーしてみましたが...

ちょっとご無沙汰でした。
もうGWも明日で終わりですね~。
私も例年どおり家でゆっくりと過ごしていたのですが、
ちょっと体調が思わしくなく、
ギターの練習もあまりできない状態でした。

今日になってようやく体調が戻ったので、
今日はSUNNYのアドリブの練習を中心に実施しました。
SUNNYは所謂Amペンタ一発でも対応可能なのですが、
私はこのペンタ一発を弾きこなすこともできません。

この件について先生にアドバイスをもらった際、
ペンタはフレーズを作るよりコピーした方がよい
ということでした。

...ということで、どのフレーズがいいかな~と考えた末、
ここはやはりPat Martino巨匠のソロからコピーしよう!
ということになりました。

もちろん、あのスピードのソロを全部コピーするのことは私には不可能なので、
弾けそうな部分のフレーズを抜き出してコピーすることにしました。
16分音符の早いものは8分音符にしたりして、
なんとか自分のフレーズにしていこうかなと。

パット巨匠の演奏はYouTubeにも一杯ありますからね~
題材には困りませんなぁ~♪

そこであるフレーズをコピーしてみたのですが、
何度聞いても下記のようなフレーズに聞こえるのです。
20170506_Sunny.png
このフレーズを弾いた時に思ったのが、
あれ?これってペンタ一発の部類なんだっけ?
ってなっちゃたんですよね~。

Amペンタ以外の音が3つも入ってます...
音が7つしかないのに...
まあ、次に来ている音がペンタの構成音であるので、
半音したからアプローチしているパターンですかね?

てっきり、構成音以外の音って
ちょっとだけ使うものかと思っていたのですが、
結構、大胆に使用してますねぇ...
それともペンタ1発という解釈ではないのかな...

まあ、四の五の言っても仕方がないので、
SUNNYBacking Trackに合わせて弾いてみました。

弾いてみた感じでは、そんなに違和感ないです。
いろいろなコードの部分で弾いてみましたが、
どこで弾いてもとりあえず大丈夫な感じです。

ちょっと時間かかるのですが、
こうやってフレーズを少しづつ覚えて、
カラオケに合わせて確認する
という練習をしばらく実施していこうと思います。

さて、連休も残りわずかですが、
がんばって練習したいと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


フレーズの継ぎはぎ作業!?

右手首は依然改善している感じはないのですが、
ギターの演奏には特に痛みもなくいつもどおり練習しております。

現在の主な練習内容は課題曲SUNNYと教則本になります。
今朝は教則本を中心に練習を実施しました。
ようやくメロディックマイナーのフレーズが身体にしみ込んできたかなぁ...

私は基本的にはフレーズ毎に最低100回は練習するようにしてます。
この100回はiTunesに記載される再生回数になります。
フレーズがリピートされる間の空白でも練習しているので、
実際は3倍くらいは練習しているでしょうか...
それだけ弾いても上手く弾けないのですがね(^^;

今朝はメロディックマイナーの5つのフレーズの再生回数が
めでたく100回を超えたので(笑)
カラオケに合わせて練習してみました。

最初は練習していた順番に弾くだけ
ちなみに収録されているフレーズは2小節単位なのですが、
譜面のように2小節目は音が1個だけだったりするのですよね。
ですので、これを順番に弾いても
とてもアドリブっぽくない感じになってしまいます。
phrase_20170427.jpg
今朝は少し余裕がでてきたのでフレーズを繋げてみたら、
あら不思議、前章ではできなかったのですが、
今回は少しつなげることができました。パチパチ!!!

フレーズの2小節目を弾かず、
次のグレーズに1小節目につなげて弾くわけですが、
今回のフレーズは運指的にもつなげやすかったのかな?
結構、スムーズに繋げられて楽しかったです。

でも、二つのフレーズをくっ付けると
二つ目のフレーズは2小節まで弾ききるとすると、
フレーズの長さが3小節なってしまうのですよね...

カラオケは4小節単位で作られているケースが多いので、
エンディングが字余り的になったりします。
4小節にする為には、もう1個つなげないと!(笑)
今日は結構、3つ目の接続に苦労しました...

しかし、強引にフレーズくっ付けるって、
聴いている人にはどのように聴こえるのでしょうかね?
私は個別にフレーズ練習していることもあり、
継ぎはぎだらけのフレーズに聴こえるのですがねぇ...
曲のイメージも何もあったもんじゃない(笑)

ま、今はそんなことを考える段階ではないのでしょうね。
これが慣れてくると、自分で曲をイメージしながら
フレーズを組み合わせたりできるようになるのだと信じよう!

でも、朝から今までできなかったことができたので、
気持ちいい朝でしたね~♪

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR