ドレミファソラシドを弾いてペンタに逃げるw

最近Sunnyを練習しておりますが、
ちょっと思うことがあり書いてみたいと思います。

先日お伝えしたとおりペンタトニック+αという感じで、
アドリブソロを練習しております。
具体的には、5f~8fあたりのAmペンタトニックの音をメインに、
その音の周辺にある音なんかも弾いてます。

それとは異なるアプローチで、
入門・目からウロコのジャズ・ギターのフレーズも
取り入れて練習をしております。

この教則本ではメジャー、マイナーにそれぞれに向かう
Ⅱ-Ⅴ-Ⅰフレーズがいくつか掲載されているのですが、
これらのフレーズがCメジャーでAmの並行調だからかもしれませんが、
コード進行を意識することなく、
どこで弾いてもなんとなく収まりよく聞こえるのですよね...
ちょっとアウトする感じもありますが、
結構、それがいい感じのアウト感が出ているのような...(^^;

Sunnyは1コーラス16小節ですが、
最初の8小節は下記4小節の繰り返しになります。
Am7 / Gm7 C7 / FM7 / Bm7 E7 /
Gm7 C7 FM7の部分はメジャーに向かうⅡ-Ⅴ-Ⅰ
Bm7 E7 Am7の部分はマイナーに向かうⅡ-Ⅴ-Ⅰ
と最初は意識しながらフレーズを弾いていたのですが、
ある時、コード進行を無視してフレーズを弾いてみたけど、
そんなに違和感なかったのです。
Gm7 C7 FM7の部分は部分転調されているのに...

もし、アウトが続いているな...と感じたら、
ペンタの音に逃げて収束させるという姑息な事もやってますが。

これが成り立つのはどうしてだろうか?と考えたのですが、
この曲に転調がないからでしょうか?
確かにGm7 C7 FM7はFM7に部分転調しておりますが、
FメジャーってBが♭するだけだから、
もし、Bを弾いていないフレーズだったりすると、
そのまま違和感なく弾けたりします。
例え、Bを弾いても経過音的に違和感がないとか。

個人的にはコード進行を身体で感じながら、
このコードなのでこのフレーズを...
ということができるようにならないといけないと思うのですが。

現状、私のSunnyのアドリブは
ドレミファソラシドでフレーズを弾いて、
アウト感がある音を弾いたらペンタに逃げる

てな感じになってます。
とても乱暴な解釈だ。(笑)

ここで終わったらダメだと思いますので、
コード進行を意識してフレージングする練習も
今後は実施していきたいと思いますが...
ただ、こういう解釈もありかなと。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




スポンサーサイト

8分、3連、16分音符をしっかり弾く練習

現在、基礎練習としてハイブリッド・ジャズ・ギター完全マニュアルを実施してます。
この本に掲載されているシーケンスフレーズ等は、
手癖にしておくととても重宝しそうな感じがしています。

レベル的には初心者から上級者までカバーしている本です。
書かれている理屈(理論)はそんなに難しくありません。
まだ途中までしか読んでませんが...
個人的にはむしろ初心者にはお勧めの理論です。

ただ掲載されているフレーズを完璧に弾こうと思うと、
140bpmくらいのテンポで16分音符をひかないといけないので、
ハンマリング、プリングオフを駆使する等、
かなり高度なテクニックが必要です。

私は当然そのようなギターテクニックがないので、
まずは弾ける範囲のテンポで8分、3連、16分音符をしっかり弾く練習をしてます。
苦手なプリングオフの練習も少しはしますが、
まずはオルタネイトでしっかり弾けるように練習してます。

今やっている練習はABCスケール理論に基づいたメジャースケールを
60bpmのテンポで8分音符、3連符、16分音符で弾く練習をしております。
DVDでは最初はオルタネイト、次はハンマリング・プリングで弾いてますが、
まずはオルタネイトで練習をしております。

これが結構難しいです...
特に8分音符から3連符に切り替わる部分。
メトロノームでリズムをとりながら弾くわけですが、
8分音符は弾けるのですが、
続けて3連を弾こうとするとリズムが崩れます。

基本的には同じフレーズを弾いてますので、
8分音符と3連符では拍の頭に弾く音がかわります。
これもリズム感のない自分には結構難しくしている要因です。

もちろん何度も弾いていると段々と合ってくるのですが、
16分音符に変えた途端リズムが崩れたり...そんな状況です。
現在は60bpmですらこの状態なのですが、
今後は100bpmで16分音符を弾けるようにはしたいですね。

このリズム練習はギターがなくても練習できます。
スマホのメトロノームを鳴らして、
8分、3連、16分音符のリズムを口ずさむのも良さげです。

ただ、ギターの練習も必要ですがね...
あるフレーズで弾けるようになっても、
フレーズが変わるとまた弾けなくなったりしますので。

最近の朝練はこの基礎練習がメインとなっております。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




目からウロコのジャズ・ギターは使えるフレーズが多い!

今月も練習は充実しております♪
2時間練習したら、さっさとお酒飲んでリラックス。
時間を決めた方がその中で効率的に練習しようと考えるのでよいですね。

あと、教則本の練習に時間を割かないようにしたこともよいかも。
黒本でメロディ弾いたり、コードトーン弾いたりする練習の方がすごい充実感があります。

教則本を2冊もやっていてどの口が言う~wって感じでしょうが、
実は以前より時間は割いてません。

ハイブリッド・ジャズ・ギター完全マニュアルはどちらかというと基礎練習に使用してます。
8分音符をちゃんとレガートに弾く練習の為に毎日少しづつ進めてます。

入門・目からウロコのジャズ・ギターは現在は先に進めることを止めており、
ここで練習したフレーズをSunnyのアドリブに応用したりしてます。
よって1日の練習時間の半分以上はSunnyの練習に充てております。

昨日も入門・目からウロコのジャズ・ギターのフレーズを当てはめて練習していたのですが、
こちらのフレーズはCメジャーのⅡ-Ⅴ-Ⅰフレーズになっており、
SunnyKeyはAm(Cメジャーの並行調)であるので構成音は同じなんですね。

使っている音もペンタの音もたくさん利用されているので、
あまりⅡ-Ⅴ-Ⅰのコード進行を意識しなくても、
そんなに違和感なく収まります。
こんな使い方でよいのでしょうか...

あと、入門・目からウロコのジャズ・ギターは結構使えるフレーズが多いと思います。
手癖にしておいた方がよいフレーズと言いましょうか...
以前やっていた教則本もフレーズを覚えて、
コード進行に当てはめるというコンセプトでしたが、
今考えると、フレーズが自分には合わなかった(つまらない)かなと思います。

そういう意味では入門・目からウロコのジャズ・ギターは、
同じコンセプトにも関わらずやっていて楽しいですよ。
まだ、途中までしかやってませんが、初心者にはいいのではないでしょうか。

次の道場まで10日間なので、なんとかそこまでにSunnyを形にできるように
頑張って練習したいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



目からウロコのフレーズを利用してみる

さて、また3連休ですね。
今年は休みが少ない年だと聞きましたが、
なんか3連休は多いような...

今回の3連休もギター三昧としたいと思ってます。
今回の3連休の課題は、
Sunnyのアドリブの引き出しを増やす!
ことに取り組んでおります。

今、Sunnyは毎日コードトーンやら、
ペンタトニックの音を拾いながら練習しているのですが、
ちょっと、ワンパターンな感じになってきました。

誰かのフレーズをコピーしようかなと思ったのですが、
そういえば、今実施している入門目からウロコのジャズギターでも、
繰り返しフレーズの練習をしているんですよね。
特に、マイナー、メジャーに向かうドミナントフレーズを中心に。

Sunnyのコード進行を確認したところ、
2小節目がGm7-C7-FM7というFメジャーのⅡ-Ⅴ-Ⅰ
4小節目がBm7-E7-Am7というAマイナーのⅡ-Ⅴ-Ⅰ

となっております。

折角練習しているフレーズなので、
Sunnyにも応用してもみようと考えました。
教則本はKeyがCのフレーズになっておりますので、
それぞれ転調する必要があります。

メジャードミナントフレーズでは、Fメジャーにする必要がありますので、
フレットを5つずらす必要があります。
実際には7f付近の音を使用しておりましたフレーズが
12fまでずれてしまうことになります。

まあ、このまま弾いてもいいのですが、
折角Amペンタを多用していることもあるので、
5f~7f付近で弾きたいなと考えました。

そう言えば、6弦C音の下がFだよな...と思い出し、
一つ弦を下げれば5f、7f付近で弾けるのではないか?と考えて、
弾いてみたところ、おお!なんとかいけそう♪。
当然、2弦が入ってくるので、その音をずらす必要があるですが、
なんとか音を探しながらフレーズを確認。

iReal Proで4小節をリピート演奏して、
このフレーズを弾いてみます。
おお!行けんじゃ!☚当たりまえ...(^^;

ただ、同じフレーズを弾いていても忘れたらおしまいなので、
どの音を使っているかを確認して、
リズムを変えたり、ペンタの音もつなげてみたりしながら、
いろいろなフレーズを弾いてみました。

今のところ3種類くらいのフレーズを取り込んでみました。
10個くらいフレーズがあるので、
連休中にそれを利用しながら、
自分なりのアドリブを挑戦したいと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




コードトーン練習の応用

先日書かせていただいたスタンダード曲でのルーティーン練習ですが、
その中でコード進行に合わせてコードトーンを弾く練習があります。
現在はSunnyを利用して練習しているのですが、
ちょっとここに工夫を加えてみました。

黒本なんかに掲載されているスタンダード曲は、
1小節に1個もしくは2個のコードが記載されているケースが多いです。
つまり、8分音符でコードトーンを弾くとすると、
1小節にコード1個の場合は8音
1小節にコード2個の場合は4音

のコードトーンを弾くことなりなす。

8音弾ければドミソシドミソシと2オクターブ弾けますが、
4音となるとドミソシと1オクターブしか弾けません。
まあ、16分音符で弾くという方法もあるわけですが、
難しいのでまずは8分音符と考えています。

自由にコードトーンを利用して弾ければいいのですが、
今のところ、それぞれ5弦、6弦ルートからスタートして弾いている状態。
CORDTONE_201710311.jpg
この図のようなコードトーンを弾いているのですが、
5弦と6弦はインターバルも同じなので運指も同じになります。
つまり、4音しか弾けないと、運指が同じになってしまいます。
また、6弦、5弦等の低音で弾くのもちょっと面白みがない。

実際、コードトーンでアドリブソロを...と考えた場合、
3弦、2弦の3度の音を利用して弾く方が汎用性が高いかな?とも思います。
ということで、2オクターブ目のコードトーンを弾く練習をしてみました。

これが結構、難しいです。
3弦と2弦のインターバルの違いによる難しさもありますが、
5弦、6弦ルートの場合は、コードを見ればすぐにスタートの音、
つまり、ルートの音を見つけやすいのですが、
4弦、3弦のルートをすぐに見つけ出して、
コードトーンを弾くのは結構な負荷になります。
CORDTONE_201710312.jpg
イメージ的には、オクターブ奏法を頭にイメージして、
コードがC△7だとすると、6弦8fと同時に4弦10fの位置も確認して、
4弦10fからコードトーンを弾くという練習をしてます。

1オクターブ目と2オクターブ目を分けて練習することにより、
よりコードトーンの指板上の位置を視覚化させることが可能かなと思います。
これが慣れてきましたら、ドミソシの順番を変えて、
3度からスタート、7度からスタートといった感じで、
練習してみたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR