FC2ブログ

久しぶりに理論書を読んでみる

最近ドミナントマイナーの件で理論書を久しぶりに読んでみました。
過去に何度も読んだはずなのですが、
今読むと理解度も違って不思議ですね。

...ということもあり、久しぶりにこちらの理論書も読んでみました。
ギター・マガジン 最後まで読み通せるジャズ理論の本

今読むと、以前と違った視点で読むことができ、
理解も深まりますね。

こちらの本は生徒さんと先生との会話形式で書かれているので、
読んでいて楽しいし、分かりやすい部分もあるのですが、
ある部分だけ理論を確認したい場合なんかは、
結構、探すのが大変
ですね。

今回はセカンダリードミナントについて整理することができました。
メジャーコードへのドミナントモーションでは、
ドミナント部分ではトニック(Ⅰ)のメジャースケールで弾けばよい
のですが、
マイナーこーどへのドミナントモーションでは、
ドミナント部分ではトニック(Ⅰ)のナチュラルマイナースケールではなくて、
ハーモニックマイナースケールを弾けばよい

ということですね。

書いてしまえばそれまでなんですが、
これまで曖昧な知識しかなかったのでとてもすっきりしました。

ちなみにこちらの本もトーナリティを重視した
スケールによるアドリブ方法の基本
について書かれている本です。
個人的にはこの本を序盤に読んだこともあり、
あまりコードトーンではなくて、
スケールで自由にアドリブできるようになりたいと思ってます。

コードトーンを否定しているわけではなく、
導入としては、こちらの方がハードルが低いかなと思ってます。
ゆくゆくは両方とも使いこなせるようにしたいと思いますが、
その頃には還暦になっているかなw

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

マイナースケールの代理コードについて

久しぶりに音楽理論の話など...
前回の記事でI'll Close My Eyesのコード分析アナライズをした際に、
bⅦ7はサブドミナントマイナーの代理であることが判明しました。

ただ、サブドミナントマイナーってなんだっけ?ってな感じでしたので、
改めてこちらの本で音楽理論書を確認してみました。
ギタリストのための楽典

代理コードに関しての私の基本的に知識としては、
トニック(Ⅰ△7)…Ⅲ△7、Ⅵm7
サブドミナント(Ⅳ△7)…Ⅱ△7
ドミナント(V7)…Ⅵm7(b5)

というもの。

勘違いしていたのですが、これはメジャースケールの場合だったのですね。
マイナースケールの場合もトニック(Ⅰ)に対しては、
Ⅲ、Ⅵが代理になると思っていました。

改めてナチュラルマイナースケールのダイアトニックコードを確認しますと、
メジャースケールのⅢ、Ⅵ、Ⅶがフラットしますので、
Ⅰm7 Ⅱm7(b5) bⅢ△7 Ⅳm7 Ⅴm7 bⅥ△ bⅦ7
このようになります。
トニック(Ⅰm7)の代理としては構成音がにているbⅢ△7
サブドミナント(Ⅳm7)の代理としてⅡm7(b5)、bⅥ△7、bⅦ7
ドミナントの代理コードはなし!

となっているのですよね。

ただ、前回も記事にさせていただきましたが、
KeyがFメジャーとした場合のⅣm7であるBbm7の構成音は
Bb、Db、F、Abとなります。
一方でbⅦ7であるEb7の構成音は、Eb、G、Bb、Dbと
音が2音しか一致していないのですよね...

理論書によりますと、サブドミナントマイナーの特徴は、
4度からみた短3度(トニックから見ると短6度)をもっていることであり、
結局、構成音に短6度をもっているコードはすべて代理コードになるようです。
結局、今回の場合は短6度に相当するDbがEb7にも含まれているので、
サブドミナントの代理コードとして使えるようです。

なんか、まだスッキリと腹落ちしない部分もありますが、
とりあえず、マイナースケールの代理コードは
トニック(Ⅰm7)…bⅢ△7
サブドミナント(Ⅳm7)…Ⅱm7(b5)、bⅥ△7、bⅦ7

と覚えておこう♪

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



Cメジャースケールを簡単に把握

ちょっとご無沙汰してました~。
今週は出張やら体調不良やらで、
身体がボロボロな感じ...
歳には勝てないですね...
無理しないようにしないと。

ギターの練習はあまりできませんでしたが、
8分音符を弾く基礎練習は実施しておりましたよ。
基本はハイブリッド・ジャズ・ギター完全マニュアルを用いて練習してますが、
同じスケールでも運指が違うと早さについていけないものですね。

以前にもABCスケール理論について少しお伝えしましたが、
こちらの画像をご覧ください。

こちらのスケールは何スケールがわかりますでしょうか?
そうですCメジャー(イオニアン)スケールなんですよね~♪
ABC_C Major
なんかこれまで教則本によくでてくる並びと異なりますよね~。
そう、なんか規則性がなく、配置を覚えないと使えない恐怖感があります。(笑)

ABCスケール理論を利用すれば、
2弦づつ(1・2弦、3・4弦、5・6弦)セットで考えると音の並びが同じなんですよ。
これで結構、音の配置を覚えないといけない恐怖感から解消されますよね。(笑)
ただ、3弦の7Fと2弦の3fは同じ音なんですけどね。
でも、アドリブする分には弾いても問題ないですよね?

まあ、これだけ覚えればよいわけではないと思いますが、
こちらも覚えておいて損はありません。

先ほどの同音をなくした場合でも以下のような感じでOKです。
ABC_C Major2
こちらも2弦セットで考えればとてもスッキリしてますよね。
2弦セットで考えるのが結構ミソなのかなと。
そうすれば、3弦と2弦のインターバルのズレが解消できるのですよね。
また、ドレミのすぐ下にファソラがあるのもいいですよね。

しばらくはこちらでオルタネイトをしっかり弾けるようにしたいですね。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




本日は理論のお勉強

おはようございます!
久しぶりの土曜日の投稿ですね。
実は今、会社に出社しております。

うちの会社ですが日直当番なんてものがあるんですよ。
この21世紀の時代にもかかわらず...
ただの電話当番と荷物の受取りだけの為に。
もう信じられないですよね...
ICTだ、IoTだとか言っている時代に。(^^;

しかも通常の仕事ではないということで、
残業代も1日で5,000円しかつかないという...
時給625円って、何時代だよ!
...と突っ込みどころ満載なんですけど。

で、頭にきたので本当に仕事なんかしないで、
音楽理論書なんか持ち込んでおります。(笑)
さすがにギター持ち込むわけにいかんからねぇ...

良く考えたら8時間とかじっくり理論勉強する機会ってなくね?
とか思い始めた。

もってきた理論書はこれです。
ギタリストのための楽典

もう何回も読んでいるのですが、
いまいちモードの部分とか腹落ちしないのですよね...
ちょっとじっくり読んでみたいと思います。

あと、ジャズギター系のサイトをネットサーフィンしてみますかね...
結構、為になるサイトが多いですよね。

よし、がんばって勉強しよっと。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

矢堀孝一 アウトフレーズの極意〜覚えるべき演奏思考法とアウトの七カ条〜 [DVD]


モードの勉強を強化しないと...

今年から音楽理論書を読み始めて、
最初は理解度が低かったのですが、
繰り返し本を読んだり、
他の理論書を読んだりしたことにより
ようやく基礎的な内容を理解できうようになったかなと。

音楽理論は基礎の積み重ねのようなものなので、
前に習ったことを理解できていないと
次の項目を充分に理解できないことが多いので、
基礎をしっかり身に着けることはとても重要と認識してます。

そういう観点では、少し基礎力がついたので、
Webなんかで音楽理論について書かれたサイトがあっても
以前よりは理解できる分も多くなったと実感してます。

...と言っても私が今理解している部分は
コード理論に関する部分がほとんどで、
スケール理論はまだまだ理解度が低く、
勉強しないといけないなと。

そう、特にモードの部分です。

先日のギター道場においても、
結構、解説でスケールやモードの言葉が飛び交います。

例えば...
「ここのドミナントの部分では、
 Gオルタードを弾きます。
 つまり、D♭リディアン7thを弾くことになります。」

...と言った具合です。

モードに関しては、以前こちらでも記事にしましたが、
いまいち腹落ちしていない部分も多く、
まだ、イオニアン、ドリアン...と言った名称だけでなく、
ミクソリディアンって何の音から始まるんだっけ?
状態でわけで、それに7th!?って感じなわけです。

今後はモード、スケールについても
強化していきたいと思います。

最初はモードの話を理論書で読んだ時、
構成音はダイアトニックコードと同じなのに、
開始する音を変えることにどういう意味があるのか
よく理解できませんでした。
今も理解できてませんけど...(^^;

ただ、スケールってよく考えると、
半音と全音の組み合わせでできているわけで、
その組み合わせ順番が変われば、
スケールの印象も変わるということかな?

イオニアン(メジャースケール)の音の並びは、
全・全・半・全・全・全・半
となります。

ドリアンの音の並びは、
全・半・全・全・全・半・全
こうなりますので、確かに構成音見なかったら、
違うスケールのように感じますね。

まだ、よくわからんので、
じっくり勉強していきたいと思います。



↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか6年間継続することができました。(2017年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR