Iron Maidenのダンダカ・ダンダカ問題について

さて、先日ここでも発表させていただきました
今回の課題曲であるIron Maiden - Run to the Hillsですが、
非常に悩ましい問題が勃発しております。

そうです、ダンダカ・ダンダカ問題です!
なんのこっちゃ?って感じだと思いますが、
下記のリフのことなんです。
RTTH_1.gif
まあ、なんてことないリフのようですが、
これをIron Maidenさんは♪=170の高速で弾いておられまして...
到底、スピードについていけないわけです。

私の場合、これをオルタネイトピッキングで弾くと、
つまり下記のように弾いた場合、
D-UD U-DU D-UD U-DU
※D:ダウンピッキング、U:アップピッキング
なんとかスピードについていけるのですが、
なんか、ハードロックっぽくない!(^^;

You Tube等で皆さんがどのように弾いているかなと調べてみましたら、
下記のようなリフで、
RTTH_2.gif
D-DU D-DU D-DU D-DU
と弾いているようです。
うん、確かにハードロックっぽい!

でもこれでもかなりスピードについていくのはつらいです。

個人的には、下記のようにリフを変えて、
RTTH_3.gif
D-UD U-DU D-UD U-DU
感じで弾きたいのですがね...

要するに、4弦と5弦を同時に弾く時はダウン
5弦のみを弾くときはオルタネイト
って感じです。

でも、やっぱり、ハードロックと言えば、
ダウンピッキングなのでしょうね...

皆さんはどのように弾いておりますでしょうか?
もし、よろしければアドバイスください。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ
スポンサーサイト

新しい課題を選曲!

今年に入って、ひたすらブルースを練習してきましたが、
ブルースの練習も一段落したので、
ここいらで久しぶりにハードロックでもコピーしようかなと思っており、
選曲をしておりました。

そして、その曲が決定しました!
それは...
Run to the Hills - Iron Maiden
でございます!

いやあ懐かしい曲ですね~。
Iron Maidenは昔Aces HigHをコピーしておりましたが、
なんか、ロックの王道的な感じで好きですね。

リフ自体はそんなに難しくないのですが、
なんせ、スピードが速いので、
私には手応え充分な感じですよ。

ネットで入手したTAB譜が長々と見難い感じでしたので、
先日紹介したMuseScoreを利用して、
リフ毎に纏めてコンパクトにしてみました!
いい感じでしょ?
IMG_1510.jpg

さて、この曲は大きくわけて下記のように分類されます。
Intro
Verse
Chorus
solo
Interlude

Introはご存じの方はわかると思いますが、
ハーモナイズドチョーキングを利用したリフです。

チョーキングの音程が安定しない自分にとっては、
とてもいい練習になるかなと。

また、Verseに入ると、まさに題名のとおり、
丘まで駆け抜けるかのようなスピード間あるリフです。
Iron Maidenではおなじみのリフかもしれませんね。
でも、このリフ、とても苦戦しております。
どうやったら、こんなに早く弾けるのでしょうか?

とりあえず、ギターソロ以外を
練習してみたいと思います。


↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

ペンタトニックのはなし ~第2話~

前回のペンタトニックの話の続きです。

ちなみに前回の記事はこちら
ペンタトニックのはなし

ペンタトニックは5つのブロックに分解できますという話でした。
そして、まずは第1ポジションである
Penta_1.gif
このポジションが重要ですよ、という話でした。

ただ、このポジションだけでフレーズを作ろうとすると、
ただ順番に音を弾くだけになったり、
ワンパターンなフレーズが多くなります。

ということで、これに隣り合っている
第2ポジション、第5ポジションの音を少し借りてきまして、
下記のようなポジションと置き換えます。
Penta_1ex.gif

具体的に言いますと、5弦と6弦の3f、
1弦と2弦の10f、3弦の9fをくっつけてみます。

ちょっと複雑な感じですが、
このポジションを意識することで、
とてもフレーズの幅が広がるような気がします。

実際、フレーズって、
もちろん、真上から真下に降りていくケースもあると思うのですが、
横にスライドしたり、斜め上から斜め下に下降しているフレーズの方が、
それっぽい雰囲気があって、初心者には便利。(^^)

実際、私の場合は、このポジションであれば、
ほとんど、1弦から4弦でフレーズを作ってます。

低音を使う場合は、6弦の3fから、1弦の10fまで、
スライドを入れながら、順番に降下していくときくらいですね。

まあ、私のような初心者には、まずはこれでいいのだと思います。
これから、いろいろなフレーズをコピーして、
低音の音も交えたかっこいいフレーズを考えていきたいですね。

まだまだ続く...(^^;

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

ペンタトニックのはなし

最近、アドリブを練習していると、
ちょっとした気付きがあったりするので、
ちょっと書いてみたいと思います。
※あくまでも初心者による一考察だと考えてください。

初心者がアドリブを練習する際に、
最初に学ぶことになる大切なスケールと言えば、
マイナーペンタトニックスケールですよね。

下記がAmペンタトニックスケールです。
Penta_all.gif

いろいろなアドリブの本を立ち読みしていて、
最初にこのポジション表が出てくると、
即効、本棚に戻してましたね...(^^;

まったく覚えられる気がしませんでしたので。

ただ、このポジションは下記のように
左から赤枠、青枠ってな風にわけていくと、
Penta_allex.gif
下記のように5つのポジションに分けることができます。

これが第1ポジション(赤枠)
Penta_1.gif

第2ポジション(青枠)
Penta_2.gif

第3ポジション
Penta_3.gif

第4ポジション
Penta_4.gif

第5ポジション
Penta_5.gif

特に第1ポジションは有名ですね。
初心者用のギター教則本でも、
このポジションだけは記載されていたりしますからね。

私は毎朝、ペンタトニックスケールを順番に弾く練習をやっているので、
まあ、この5つのポジションは覚えてしまいました。

今回、アドリブを練習していて感じたのは、
このそれぞれのブロックの中で、
まずフレーズを作っていくことが大切なのかなと
感じてきております。

あと、最初は、全部の音を利用しようとせず、
例えば、第1ポジションの場合、
2弦と3弦のポジションだけでフレーズを考えたりすることも
とても有効ですよね。

そして、徐々に音を増やして
いろいろなフレーズにしていっております。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

アドリブを勉強してよかったこと

相変わらず、ブルースギターを弾きながら、
アドリブ練習をする毎日なのですが、
アドリブが弾けるようになって
(弾けるなんて言えた実力ではもちろんないのですが...)
心の悩みが一つなくなった感があります。

ギターを始めた当初は、
ひたすらコピーの毎日...
たくさん、コピーをしていれば、
そのうちアドリブが弾けるだろうと思いながら4年...
まったく、アドリブが弾ける気配もなく(^^;
なんか心の中にモヤモヤってしたものがありました。

ギター数年練習していて、
アドリブとかできなくてよいのかなぁ...と。


今までは、ギターを持っても、
これまでコピーしてきたネタを引き続けるだけの毎日でしたが、
アドリブを勉強して、誰の曲でもないけど、
それなりのフレーズをパラパラと弾けるようになって、
そのモヤモヤがなくなったは良かったなと。

これは、何が便利かというと、
楽器屋さんで試奏するときにとても便利なんです。

楽器屋さんでこれまでコピーしてきた曲を弾くことは
小心者の私にとって、とてもハードルが高いものです。(笑)

みんな、聞いていないフリして、
聞き耳たてているんじゃないかと、
そして「ヘタだな」とか思っているのではないかと
人間不信に陥ります...(^^;

でも、今はアドリブを弾けるようになって、
随分と楽器屋さんで試奏するハードルが下がりましたよ。

まあ、聞く人が聞いていれば、
「あいつペンタばっか弾いているな」
とか思われているのでしょうがね...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

アドリブギターな今日この頃...

だんだん、寒くなってきましたね~。
今日はユニクロで服を購入してきましたよ。

3連休も終わりですが、みなさん、いかがでしたでしょうか?
私は自宅でゆっくり休ませていただきました。
来月のマラソンのためにランニングしたり、
ギター弾いたり...

ギターは相変わらずアドリブの練習をしております。
いろいろなKeyでアドリブを練習していると、
徐々にポジションとかも体に刷り込んでくる感じがありますね。

今は、Keyが、A、E、C、B♭、F、G、Dmで練習しております。
これくらいの数のKeyの位置を即座にわかるようになれば、
ある程度のKeyの位置で弾けるのかなと。

ん?

よく考えてみると、すべてのKeyは上記で網羅されているのですね。
今、気付きました。(^^;

♭やシャープの場合は、それぞれのKeyを1フレットずらせばよいですよね。

B♭やFは管楽器が入るブルースでよく使われるようです。
確かに、B♭ってJazz Barもありますよね~。

あとはフレーズの幅をつけていきたいですね。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

無料楽譜作成ソフト『MuseScore』

これまでは、無料の楽譜作成ソフトとして
Tuxguitarを使用してました。

使用方法としては、楽譜を作成するというより、
WEB上で公開されているTAB譜を見るというのがメインです。
実際に、楽譜を変更したり、作成したりはしてません。

ただ、WEBから入手したTAB譜は、
リピート機能とか利用されていないケースが多く、
曲の最初から最後まで続けて記載されてます。

つまり、1番と2番が同じフレーズだったとしても
それぞれ入力されているのですね。

これだと、印刷するとページ数が多くなるし、
楽譜も醜かったりします。

そこで、あらたな無料のソフトはないかと探してみたら、
MuseScore
というソフトが見つかりました。

基本的にはTuxguitarと同じなのですが、
印刷した画面がとても綺麗です。

ト音記号とかもちゃんと段落が変わったも記載されているし、
リハーサルマークとかも記載できるみたいです。
まあ、Tuxguitarもよく調べれば使えるのかもしれませんが...

とりあえず、今後は少しづつですが、
このソフトで楽譜を作っていこうかなと思います。

でも、楽譜ソフトってエクセルのように感覚で使用できないので大変。
結構、いちから使い方勉強しないと。
それで、ギター弾く時間がなくなったら本末転倒だけど。

少しづつ覚えていこうかな。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

【ギター練習総括】2015年9月

4年目のシーズンが終了しました。
これからはシーズン5に突入します!

それでは、毎月恒例の先月の実績報告で~す!
先月の練習時間は

31時間18分(平均1時間2分/日)

でした。

9月も8月同様、平均1時間/日を超えることができました。
ぎりぎりですけどね...(^^;

最終週は出張などもあり、
練習時間が伸びませんでしたが、
連休等もあったので、
なんとか、1時間をキープ!
今後も1時間/日を目標に練習をしていきたいと思います。

現在は、朝練にブルースのアドリブを取り入れました。
これで、毎日、アドリブの練習ができます。

ブルースギターも一通り終わったので、
久しぶりに何か、ロックの曲でもコピーしようかなと思います。

何がよいかな...

決まったらここで報告させていただきます。

それでは、10月もがんばります!
↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR