腱鞘炎?!

おお!もう来週は2月か。
今年もすでに1ヶ月が経過したのですね。
ほんと早い。

今月は結構ギター練習しております。
やはり、JAZZギター道場の2次的効果でしょうか?
気合入っている感じなんですよ。(^^)

ただ、ちょっとがんばりすぎたのか、
左手がちょっと痛みだしております。
ひょっとして腱鞘炎かな...
ギターを始めて4年半、初腱鞘炎か?!

まあ、なれないJAZZ特有のテンションコードとか弾いてますからね...
手首に負担がかかっているのかもしれません。
立って演奏していると、
押さえにくいコードとか出てきますよね。
結構、手首に負担がかかっている感じはします。

しばらくは、座りながら弾いて、
手首に負担がかからないように練習しようかと思います。

ただ、場所が手首だけでもないんですよね~。
手首から肘の間のスジみたいなところも痛みというか
疲れがたまっている感じなんです。

この場所は、左手の薬指、小指を鍛えていても
痛みが発生する場所です。
クロマチックスケールとか弾いていると、
ちょっと違和感感じるところですね。

これもテンションコードの影響かもしれません。
結構、薬指、小指を使いますもんね。

全然言うこと聞かない薬指と小指...
いつか弾けるようになるのでしょうか。

というわけで、今週末はあまり無理せず、
練習したいと思います。

↓クリックいただけるとモチベーションアップします。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ
スポンサーサイト

JAZZギター道場へ体験レッスン! ~第3話(完結編)~

前回の続き...JAZZギター道場の体験レッスンの第3話(完結編)です。(笑)

なんとかふらふらになりながらも6時間の体験レッスンが終了...
いろんな意味で終了...(^^;

先生からは「じゃ、また来月もよろしく!」と冗談っぽく言われましたが、
正直この時点では、考えが纏まっていない状態でした。

最初は「ぜったい無理!」と思っていたのですが、
少し考えが変わってきていたのも確かです。

レッスン終了後、お店の方と30分くらいお話しをする。
素直な感想としては、やはり「レベルが高すぎる」ということ。
正直、何言っているのかまったくわからなかったですしね。

ただ月1回のレッスンということもあり、
事前に次回やる曲とか教えてくれれば、
その曲を事前に聴いたり、コードを練習したりすれば、
少しは改善するのでは?と思い提案もしてみました。

お店の方の話では、レッスンの前に早めにきて、
個人レッスンすることも可能とのこと。
(でも先生には迷惑だよな~)

また、生徒専用のwebページがあり、
「こういうの練習してきて」といった具合に
事前に課題をもらったりすることもできるらしい。

あれこれ話をしていたら、先生がやってきて、
一応、私の悩みを正直に打ち明けてみましたが、

「あまり気にしなくていいですよ。」
「みんなも半分くらいしか理解してないし(笑)」


と冗談ぽく回答いただき、

「TABはあまり使用しないようにしている。
 楽譜みて弾けるようになった方が便利だし。」


「みんな最初は楽譜も読めなかったし、
 ギターの指板上の音もわからない人がほとんど。」

「むしろ、最初にスケール練習を必ず取り入れているので、
 それを弾けるようにする事が大切ですよ。」


う~ん...なるほど...
そう言っていただけると、がんばってみようかなと...

最初は、せめて楽譜を読めるようになって、
ギターの指板上の音を覚えてから通った方がよいなと思っていたのですが、
今のままでは楽譜を読もうともしないだろうし、
むしろ、このレッスンを通うことで、
楽譜を勉強したり、ギターの指板を覚えようとしたり、
成長できるのではないかなと思い始めました。

「これから焼肉に行きますけど、どうですか?
 実はこの道場は別名「焼肉の会」と呼ばれてます。(笑)」


翌日、朝早くから出張の予定があったので焼肉は断ったのですが(笑)、
こういうノリ好きです。

あと、とても生徒の皆さんが仲良いんですよ。
そりゃ、6時間もレッスンして、その後、焼肉行っていたら、
すばらしい関係が築けますよね!

はっきり言って、みなさんとレベルが違いすぎますが、
高いレベルの人と一緒に練習すると、
私の上達も早くなるかなと思いましたので、
その場で入会の手続きをしました。

いやあ~、まさかの入会...

このJAZZの初心者が、いかにJAZZギターを習得していくか、
乞うご期待!(^^)/

↓クリックいただけるとモチベーションアップします。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

JAZZギター道場へ体験レッスン! ~第2話~

前回の続き...JAZZギター道場の体験レッスンの第2話です。

まったく何を練習しているのかわからない状態でしたが、
1時間くらい経過したところで休憩に入りました。

このレッスンにはコーヒーブレイクがあります。
お店の方がコーヒーを入れてくれます。

当初、お店の方からの説明では、
体験レッスンはこのコーヒーブレイクまでと聞いていたので、
速攻、荷物纏めて逃げ帰る予定でしたが(^^;
まあ、コーヒーくらい頂こうかなと。

ちなみに、レッスンに通われている人は、
年代も性別も様々な感じです。
大学生もいれば、50代くらいの方も、
JAZZが詳しい方もいれば、
ずっとROCKギターをやってい方もいるようです。

まあ、ギターもJAZZも初心者で参加しているのは
私くらいであろうと。(笑)

休憩中に、他の生徒さんに、
「まったく理解できなくて、ついていけないのですが...」
と聞いてみたところ、
「大丈夫!最初はみんなそんな感じですよ。」

「いや、まず楽譜も読めないし、
 ギターの指板の位置もまったくわかんないんですよ」

と伝えてみましたが、
「みんな最初はそうですよ。」
と、まったく否定する気配がありません。

う~ん...正直、まったく大丈夫な感じがしないのだが...
と考えていたところ、レッスン再開の合図が。

お店の方に「体験レッスンはここまでですよね?」
と安易にレッスンの辞退を促してみたのですが、


「レッスンまだ途中でしょ!まだ参加していいですよ~」


えっ!( ̄Д ̄;

まずい!完全に、私の心を読まれている!
すっかり、逃げるタイミングを失っておる!

...

人間は追い込まれると開き直る動物のようです...

まあいいか、こんな経験あまりできないだろうし、
行けるとこまで行ってみるか!って気になってました。

休憩後のレッスンでは、先生も私に気を使っていただいたのか、
一部、TAB譜でもフレーズを書いていただいたので、
かろうじて、レッスンについていくことができました。

また、後半のレッスンではペンタトニックを利用した
JAZZ的フレーズの考察なんかもあり、
とても勉強になりました。

午後8時くらいになると、セッション大会になるようです。
この時間になると、ギターとベースの先生が参加されます。

最初は、課題曲であったMoment Notice
今回のレッスン内容にそって演奏します。

セッションはギター2名が選ばれて、
ソロとバッキングを交互に実施して演奏します。
先生もバッキングで応援します。

当然、私は全く弾けないので、
聞いているだけですが...

Moment Noticeが終わると、
各生徒さんからのリクエストで演奏実施です。
ペアの相手は、先生が選択します。

今回は、「酒とバラの日々」や「St. Thomas
なんかのスタンダードも演奏されました。

このセッション楽しいですね~。
いや、楽しそうですね~。(参加してなかった!)

結局、セッションは1時間30分くらい実施され、
終わったのは9時30分過ぎでした。

休憩があるとはいえ、6時間ぶっ通しのレッスン。
まさに道場!という感じ。

私自身、内容についていけていないので、
ギターを弾いている時間は、それほどでもないのですが、
でも、相当な疲労感です。(^^;

もうお腹一杯、消化不良が起きそうです。(笑)
でも、少し心の中で変化が生じてきています。


これ、もう少しギター弾けたら楽しいだろうな...


さて、どうなる?!どうする?!

すみません、まだ続きます...(^^;

↓クリックいただけるとモチベーションアップします。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

ジャズ特有のコードに苦戦!

教則本で進めているジャズギター練習ですが、
やはり、なかなか難しいですね~。
なんか、これまで練習してきたギターと全く違う感じです。
ほんと、同じ楽器?と疑いたくなるほど。
もうほとんど、初めてギター触りました状態なんですよね。

ジャズと言えばスウィングですよね。
もちろん、最初の練習項目として出てきます。
練習もそんなに難しくないのですが、
たぶん、これ奥が深いんだろうなと。

理屈でわかっていても
演奏でスウィングしていなかったりとか、
今後の課題になりそうな予感です。

あと、ジャズ特有のコード!
所謂、テンションノートを使用したコードですね。
ROCKだとトライアドコードやパワーコードがメインですので、
左手は2本くらいで押さえられたりしますが、
テンションコードは4本すべて利用したり、
もう、ただでさえコードを押さえるのが苦手なのに、
これは苦行です。(笑)

Dm7(9).pngG7(♭13)C△7(9)A7(♭13)

G7(♭13)、A7(♭13)はまだ比較的押さえやすいですね。
1弦と5弦のミュートも人差し指で可能です。

Dm7(9)は難しいですね~。
まず4fに指を集めるのは至難な業!しかも瞬時に。
1弦は人差し指の腹でミュートしてますが、
6弦って、人差し指の先でミュートする感じですかね?
同時に5弦に触れるといけないので、かなりの難易度。(笑)

何度か練習していると少しづつコツが掴めますね。
Dm7(9)はまず人差し指、小指、薬指を最初に押さえるようにして、
中指を最後に置くようにするとスムーズに押さえられるようなりました。
一度に全部押さえようとすると難しい...

C△7(9)は、もう、弾ける気がしません...(^^;
指ってこんなに開くものでしたっけ?
6弦のミュートどうするのかな?
これを押さえるとなると、
左手の親指はネックの裏にあるので、
やはり、人差し指の先なんですかね~。
もう、ミュートまで意識がまわらないので、
右手が6弦を弾かないことを祈って弾いてますけど。(笑)



あ、でも、ジャジーな響きですね~。
いいですね~。

がんばって練習しよっと。

↓クリックいただけるとモチベーションアップします。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

JAZZギター道場へ体験レッスン! ~第1話~

前回の続き...JAZZギター道場の体験レッスンです。

詳細については、下記リンク先からブログも拝見できますので、
そちらがわかりやすいかと思います。

矢堀孝一 ジャズギター道場

通常のギターレッスンというよりは、
本当に、柔道や空手のような道場という名がふさわしい感じ。
教室の前には「矢堀孝一JAZZギター道場」という
木の看板まで設置されてます。
(こういうノリ好きです)

約10畳くらいのスタジオで、角にドラムセットがあり、
脇にはギターアンプが数台設置されております。
ギターはすべてチャンネルがついたBOXを経由してアンプに接続。
先生が演奏を確認するときは、その生徒さんのチャンネルを選択して、
アンプから出力した音で確認しているようです。

生徒は私を入れて10名くらいでした。
不参加の方が2名くらいいらっしゃったようで、
県外、関西の方から通われている人もいるとのことです。
月1回であれば、通おうかなと思いますよね。

レッスンは基本は座布団にすわって実施しますが、
椅子を持ち込んでレッスンを受けている方もいます。
そのあたりは自由のようです。

レッスンは15時くらいから各自スタジオに入り準備をして、
15時30分くらいからスタートするようです。
基本、出入り自由のようですが、
皆さん、最初から最後まで参加しているようです。

15時に道場入室。
「本日体験レッスンのHIROさんで~す!」とお店の方に紹介され、
一番前の場所を勧められる...

う~ん...強者達が勢ぞろいという印象。
やはり、フルアコの方が多いですが、
私同様ソリッドギターの方もいらっしゃいます。

レッスンは基本1回完結型のようで、
毎回曲を決めて、その曲を練習しているようです。
今回はイレギュラーのようで、前回からの続きで、
Moments Noticeを練習していました。

さあ、レッスンが開始です。
最初はスケールのレッスンから開始しているようです。
今回はEメジャースケールをメトロノームに合わせて練習します。

そう言えば、ペンタばっかり練習していたので、
これまでまともにドレミファソラシドを弾いたことないかも。
Eってどこだったけな?と考えながらもレッスン開始です

いきなり出だしで躓きます。(^^;
これが結構、難しいんですね...

練習内容は、まず4分音符でEメジャースケールをダウンで2回弾きます。
続けて、8分音符、3連符、16分音符と2回づつオルタネイトで弾くというもの。

タイミングが変わると難しいですね。
私はメジャースケールの位置も充分把握できてない状態なので、
4分から8分はいいとしても、3連はなかなかタイミングが難しいです。
まったくついていけません。

でも、先生いわく、この練習がとても大切だそうです。
プロは、このタイミングをビシッと合わせてくるそうです。
まあ、プロですもんね、当然と言えば当然ですが。

スケール練習終了後、Moments Noticeのレッスン開始です。
先生が、ホワイトボードに、さらさらと書き始めます。


...ん?


あれ、気のせいかな...
私がよく見ている楽譜とは線が一本足らないのですが...(^^;
そんな私を放置したまま(笑)、レッスンはどんどん進みます...

そうなんですよ~。TABを使用していないのですよ...
楽譜も読めない、ましてやギターの指板表も覚えていない私には、
正直、何を弾いてよいのか全くわからない状態...

ほとんど内容も理解できなかったのですが、
コード進行に合わせて、どのようなソロを弾いたらよいか?
ということを説明している様子...

「ここは○○のⅡ-Vなので、EメジャーでOKで、
 その次の小説は、半音下がってD♯をうまくつなげて...」

もう、私の脳内では「終了~!」という文字が浮かんでおります。
レッスン開始わずか30分です。

必至でとなりの方の演奏を見ながら真似てみましたが、
まったくついていけません。

いかん!相当場違いな場所に参加している!!

休憩になったら速攻逃げて帰ろうと
固く心に誓ったのでした...

続きます...(^^;

↓クリックいただけるとモチベーションアップします。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

再びギタースクールに通ってみようかなと。

金沢は昨日から一気に冬になりました。
でも、市内は融雪装置もついてますので、
大勢に影響はありませんね。

さて今年はですね、無事金沢での生活も慣れてきたので、
昨年見送ったギタースクールに通おうかなと思っておりました。
いろいろ理由はあるのですが、
自宅でパラパラとギター弾くのもよいのですが、
やはり、スクールに通って、人と交流して練習する法が、
上達が早いなと再認識しました。

私のギタースクールの目的は、
もちろん、ギタースキルの向上というものもあるのですが、
一番の目的は、人との交流です。
これが一番、大きいと思ってます。

で、実は昨年ギタースクールの入会を見送った理由としては、
①時間が短い(1レッスン:30分)
②レッスンの振替ができない(休んだら終わり)

という2点がとても大きかったです。

関東で習っていたスクールは、1レッスン:1時間でしたし、
急な予定が入っても振替が可能でした。

まあ、引越ししたばかりなので、
とりあえず、生活リズムが落ち着くまで、
自宅でおとなしく練習するしようかなと。

ところが昨年末、改めて近所の楽器屋を訪れたところ、
とても面白いレッスンを見つけたのです。

矢堀孝一 ジャズギター道場

その特徴は、
①レッスンは月1回
②時間はなんと15:00~20:00(5時間!)まで
③時間内の出入りは自由

というもの。

面白い...とてもユニークなレッスンだ...
30分のレッスンを3回/月実施するより、
コスパも断然よい!

実は昨年スクールを探していた時にも、
このレッスンがあることは認識していたのですが、
昨年はJAZZにも興味がなかったし、
上級者レベルということで検討しなかったのですよね~。

早速、楽器屋の方に詳細伺ってみました。
お店の方には、ギターは4年程度の経験であること、
JAZZはまったくの初心者であるが、
このようなレベルでもレッスンについていけるか?と相談しました。

生徒さんのレベルはそれぞれなので、
みなさん、自分自身課題をもって練習されているから
大丈夫ですよとのこと。

正直、「ほんまかいな」と思ったのですが、
体験レッスンを受けることが可能とのことだったので、
とても悩んだのですが、体験レッスンをうけて、
無理だと思えば、そそくさと逃げてくればよいかと。(笑)

ということで、先週の日曜日、
早速、体験レッスンに参加したのですが...

こ、これがすごい...
や、やばい...
えらいこっちゃ...
...


この続きは次回に...(^^;


↓クリックいただけるとモチベーションアップします。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

テーマ?メロディ?ワン・コーラス?

さて、今週より本格的にJAZZギターに挑戦してますが、
先日お伝えしたとおり、使用している教則本はこちら。

DVD&CDでよくわかる! はじめてのジャズ・ギター

こちらはブルースギターでもお世話になりました。
ブルースギターでは、本当にブルース初心者向けの本としては
とてもいい本だなと思いましたので、
JAZZギターでも購入してみました。

PART1 プレイを始める前に

ブルースギターの時と同様に、
まずはJAZZの歴史等についての説明があります。
これは、JAZZ自体が初心者の自分には、
とてもいいですね。
JAZZって結構、歴史の浅い音楽だったんですね~。

また、JAZZギターで使用されるギターの説明であったり、
音作りにも触れてます。

やはり、フルアコ、セミアコのあの甘い音っていうのでしょうか?
いい音ですね~。ソリッドギターでは難しいのでしょうかね?
まあ、とりあえずは、ソリッドギターで練習したいと思いますが。

PART2 ジャズ・ギターを弾こう♪

こちらもブルースギターの時と同様に、
まずは、JAZZナンバーの構成について説明があります。

ほほ~、JAZZにはテーマと呼ばれるメロディがあり、
そのテーマの長さのことをワン・コーラスって言うのですね。

確かに以前通っていた音楽スクールは、
JAZZを演奏している人が多かったので、
ワン・コーラス、ツー・コーラス!なんてよく聞きましたが、
メロディの長さのことを言っていたのですね。

後は、テーマのコード進行にそって、
ギター、ピアノ等がソロをまわして、
最後はエンディングとなるわけか。

このあたりの基本的なシステムはブルースギターと同じですね。
ただ、やっかいなのは、ブルースのように
スリーコードってわけにはいかないのですね...

C△7  Bm7(♭5)  Dm7(9)  

なかなか見慣れないコードがわんさか...(^^;
すでに心折れそう。
去年の俺なら、ここで教則本を本棚に戻していただろう...

しかし、今年は逃げないことに決めたのだ!
もし、わからなくても、いつかわかるだろうくらいの気持ちで、
ゆるりと取り組もうと思います。

がんばろっと!

↓クリックいただけるとモチベーションアップします。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

今年は音楽理論の勉強にも挑戦するぞ!

先日のブログでJAZZギターに挑戦することを書きました。

話の流れからなぜJAZZギターなのかな?という印象もあるので、
ちょっとそのあたりの話でも書きたいと思います。

昨年はよくJAZZに触れた1年でありました。
いろいろなJAZZギタリストの演奏を実際に見ることができました。

あの独特な音、クリーンでありながら丸みのあるといいましょうか、
太いと言った方が適切なのでしょうか?正直よくわからないのですが、
あのサウンドに少し興味をもってきていたという背景があります。

また、ギターのテクニック的にも
チョーキングのないあのレガートな弾き方に挑戦することが
よい経験になるのではないかなと思いました。
なんか見ていると運指も複雑そうでしたしね~。

あと、これまで音楽理論から逃げておりました。
教則本なんか立ち読みしていると、
度数の説明とか、コードの理論とか書かれていると
速攻、本棚に戻しておりましたね...

やはりこれまでギターを何度も挫折してきており、
嫌な事をやって、またギターを挫折することを避けたかったので、
あまり無理して音楽理論とか勉強することはしませんでした。

ただ、昨年ブルースを練習して、
少しスケールなんかも触れてくるにしたがって、
少しづつ音楽理論等にも興味がでてきたんですよね。

正直、JAZZをやると音楽理論が身につくかどうかもわかりませんが、
個人的にJAZZに興味がでてきているということもあり、
JAZZを勉強しながら、音楽理論も勉強していこうかなと思ってます。

今週から教則本にそって練習を開始しましたが、
新しい事に挑戦すると、楽しいですね。

このブログでも奮闘している姿をお伝えできればと思います。(笑)

↓クリックいただけるとモチベーションアップします。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

A New Year's Resolutionってことで...

あっという間に3連休も終わりですね...
これで、完全に新年感もなくなりますね、残念なもんです。
でも、歳とると月日が経つのが早いので、
すぐに、また、正月がきそうですね...

さて、新年も終わりになろうとしてますので、
ここいらで、今年の目標なんかを発表させていただければと。

昨年は、「ブルース元年!」ということで、
ブルースギターに挑戦して、
簡単なアドリブなんかにも挑戦しました。

これは、ギターの技術的な面だけでなく、
ギターという楽器を体系的に学ぶことができて、
個人的にはとても勉強なりました。

これまでは、単にTAB譜みて、
何も考えず、ひたすら暗譜して練習みたいな感じだったので、
正直、何弦の何フレットの音が何だとか、
開放と、12fが同じ音だとか、
何も知らずここまで練習してきたんですよね...(^^;

なんで12fってポジションマーク二つなんだろう?とか、
12fの後はどうして、15fにポジションマークなんだろう?とか、
ほんと、つい最近まで思ってましたからね。

それがアドリブをやるようにやって、
ペンタトニックを知り、
6弦ルートのペンタのポジションも覚えちゃって、
少し、ギターの理屈も勉強することができました。

まあ、今年でギター初めて5年目ですし、
もう、初心者とも言えない年数になり始めてますし、
やはり、こういった知識を勉強しないと駄目だなと思いました。

ということで、今年は...

JAZZ元年!
20160111_JAZZ.jpg

とうとう、出来心で、こんなものに手を出してしまった!

教則本はブルースギターでもお世話になった
「DVD&CDでよくわかる!はじめての○○」シリーズです!

ブルースギターをやって、
やはり少しづつJAZZにも興味がでてきて、
歪み系ではなく、クリーンでレガートな音も心に響くようになりました。

このHPを立ち上げたときは、
HR/HM、プログレしか聞いてませんでしたけど、
ブルースはいいとして、まさかJAZZに挑戦するとは
心にも思っていなかったですけどね。

歳とったな...(ぼそっ)

今年1年かけて、
ボチボチと練習していきます...

では、今年もよろしくお願いします!

↓クリックいただけるとモチベーションアップします。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

実はリッチー好き!

3連休ですね~!
こりゃ、ギター三昧ですな!

ブルースギターは今後も練習していこうかなと思ってますけど、
まあ、私個人的にはHR/HMも今後練習したいなと思っているわけです。
そんでもって、次は何を練習しようかなと考えておりまして、
この曲に決定しました。

Rainbow - Since You've Been Gone


実はRainbow好きなんです。
正直、私の時代ではないんですけどね。
高校時代は、Led ZeppelinとかRainbowとか、
70年代のロックをいつも聞いておりました。

リッチーさんの曲は、Highway StarSmoke on the Water
ギターソロなんかはこれまで練習しましたが、
1曲まるまる練習したことはなかったかと。

Rainbowといえば、DioさんがVoだった頃の曲とかの方が名曲なんでしょうが、
私は後期のRainbowの方が好きなんですよね。
特に、このGraham Bonnetの角刈りは、
ロック界に物議を醸し出していたとかいないとか...

実はこれまでにもリッチーさんの曲は挑戦したことあるんですけどね。
リッチーさんの曲って、簡単そうに聞こえて、
結構、難しかったりするので、途中で練習やめてしまってました。
結構、左手の親指で6弦を押さえたりするフレーズがあったりして、
即効、挫折しておりましわ。

といくことで、もっと簡単そうな曲を...
ということで、この曲を選曲したのですが...

...がっ!

簡単そうに聞こえて、そうでもないのですよ...(笑)

私はこれまでリフを中心のロックを練習してきたので、
コードを押さえるがとても苦手です。

皆さんが、なんですぐにGとか押さえられるのか、
まったく理解できません。(^^;

しかも、アルベジオとがほとんど弾いたことないのです...

まあ、いい練習になってよかったと思うようにしてます。
TV見ながらでも練習できるので、
この練習中に少しましになればいいなと思ってます。

がんばろっと!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR