メロディの下でコードも鳴らす”メロディ+コード”スタイル

金曜日は会社の飲み会があって飲みすぎました...
で、昨日はギターを弾きませんでした。
ちと反省

今日もゆるーくギターを練習しております。
さて、教則本のメロディプレイの練習ですが、
残り2つとなりました。


今回のテーマはメロディの下でコードも鳴らす”メロディ+コード”スタイルです。

これはよく聞くパターンですね。
メロディをトップノートで演奏しながらコードも弾く。
でも、難しい...

コードをうまく音を鳴らせないので、
さらにメロディまで弾こうとすると、
メロディがブツブツと切れてしまうんですよね...

特に人差し指でセーハしている音がうまく鳴らせないので、
その悪影響がメロディまでに...(^^;
そんなに難しいフレーズでもないのですがね...



暑くなってきましたが、
これからもがんばって練習したいと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

イオリアン、ドリアン、フリジアン?

ちょっとした時間があったら、読み返している音楽理論書。



やはり1回ではなく、数回読み進める内に、
理解できる事も多くて驚きです。
なんで1回で理解できないんだろ?
不思議です。

ただ、何度読んでも腑に落ちない項目があるんです。
それが、モードの話...

そう、あのイオリアン、ドリアン、フリジアン...って奴です。

書いてあることは理解できるんです。
メジャースケール(ダイアトニックスケール)を
Cから始めてCで終わるのがCイオリアン、...
Dから始めてDで終わるのがDドリアン、...
Eから始めてEで終わるのがEフリジアン......
要するに、メジャースケールの開始の音を変えればよくて、
とまったく同じ。

先日、ジャズギターのアドリブが難しいと記事にしました。
その際、コードトーンを利用するのが最初の切り口ですよ
アドバイスいただきました。

確かに、そのコードのコードトーンを弾いていれば、
音的には外さないですよね。(リズム的に外す可能性はありますが...)
それはとても理解できます。

ただ、例えばKeyがCメジャーの場合、
ある小節のコードが、ダイアトニックコードであるDm7(Ⅱm7)である場合は、
Dドリアンで弾くとよい
と書かれていました。

????

もう、頭がパニックです。
Dドリアンと言っても、Dから始まるダイアトニックスケールですよね?
構成音がダイアトニックスケールを同じである以上、
Dドリアンを弾けばOKという理屈が腹落ちしないんですよね~。

Dドリアンと言っても、Dから順番にダイアトニックスケールを弾くような
アドリブは弾きませんよね?
だったら、ダイアトニックスケールをパラパラと弾いていること
Dドリアンを弾くことは何か違うのだろうか...

とりあえず、Dm7の時に、Dからアドリブを開始すれば、
少しは音がはまるような気はしますが...

それであれば、Dドリアンとか難しい名前使わなくても、
小節の最初の音は、コードのルート音から開始すればいいというだけですもんね。

Dドリアンで弾くってことは、
なるべく、レミファソラシドレの順番を崩さない
アドリブを弾くってことなんでしょうか?

いろいろなサイトで調べているのですが、
どうも腑に落ちないです。

このあたりは、今後もジャズをより深く勉強していかないと
理解できないのかもしれません...

音楽って奥が深いです...
めげずにがんばります!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


【レビュー】これからはじめる!! ロックギター入門

最近、ネットで教則本について調べることが多く、
amazonのレビューも参考になるのですが、
ブロガーさんの記事なんかもとても参考になるので、
私も使用してきた教則本をレビューさせていただきたいと思います。

私がギターの練習を始めて
最初に購入した教則本は下記になります。

これからはじめる!! ロックギター入門
~これだけは知っておきたいすべてが見て・弾けるDVD付~



初心者向けの教則本ですので、
ギターの構造の話から、
チョーキング、プリング等の技術的な話まで、
とりあえず知っておかなければならない事は網羅されてます。

まあ、この手の初心者向けの本で重要な事は、
最後までやりきる!
ということです。

おそらく内容的には、他の初心者の本と差はないと思いますが、
挫折することなく、最後までやりきるには、
この本はボリューム的にもちょうどいい感じです。
私の場合は3か月くらいで終了しました。

やり切ったと言っても、
本に書いてあることをすべてマスターしたという訳ではなく、
ある程度弾けるようになった程度のものです。

難しいフレーズなんかは回数を決めて練習して、
それで弾けなければ次のフレーズに進んでおりました。
「いつか弾けるようになるだろう」くらいの軽い気持ちです。

やはり、初心者向けの本は、あまり内容を詰め込みすぎて、
読者を挫折に導くようではダメかなと思います。
必要最小限の内容で、最後までやり切れる本を選択すべきです。
だから、私はできるだけ薄い本を探しておりました。

また、こちらの教則本にはDVDが収録されてますが、
正直模範演奏程度の内容なのですが、
初心者には、どのような弾き方をしているのか?
ネックに対して、どのような指の運びをしているのか?
等を確認できることは良いのかなと思います。

これはこの本に限った話ではないのですが、
教則本って、紙面では伝わりにくい内容とかあると思うのです。

直接動画で解説できるのがDVDの最大の強みだと思うのですが、
やはりコストの関係?時間の関係?なのか、
DVDを利用してわかりやすく解説している教則本はあまりないです。
DVDのみの教材は別ですが...

こちらの本は全くのギターの初心者が、
最低限の知識、技術を身に着けて
次のレベルに進む為の初期教材としては
とてもいい本だと思います。

私も過去に何度もギターを挫折した経験があるのですが、
40歳になって再びギターに挑戦し、
この本を最後までやり切れなければギターを諦めようという覚悟で取り組みました。

おかげ様で、その後4年間ギターを弾いております。
導入書としては良書だと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

テンションの流れを感じさせるメロディ

だんだん暑くなってきました!
この前までファンヒーターを使用していたのが信じられないですね。

さて、JAZZギターの教則本ですが、
メロディパターンの練習も残り3つとなりました。


今回のテーマはテンションの流れを感じさせるメロディです。
バッキングはテンションを含めて演奏することを学びましたが、
メロディでも同じようにテンションを含めて弾くことがあるようです。

ただ、コードネームを見て、すぐにテンションを見極めることは、
当たり前ですが、できません!(^^;

まあ、このあたりはあまり深く考えず、
こんな雰囲気のジャズスタイルがあるんだ~
くらいが分かればいいかなと思っております。

正直、こちらの教則本は初心者には難しいと感じることも
結構含まれている感じがします。

まあ、JAZZやる上では当たり前のことなのかもしれませんが、
今の私には難しい内容も一杯あります。

そんなときは、あまり深く考え込まず、
いつか理解できる日がくるだろうくらいの軽い気持ちで、
フレーズ練習してます。

今回もそうでした...(^^;

しかし弾きづらいフレーズで結構苦労しました。
何回も取り直しをしましたが、最終的には諦めてしまった。



今後も懲りずにがんばって練習したいと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ジャズのアドリブは難しい...

先日初めてセッションしたBlue Bossaですが、
その後自宅でも練習しております。

練習は、テーマ、バッキング、ソロに分けて練習してますが、
主にテーマとバッキングを中心に練習。

テーマは楽譜どおり弾くと、
ちょっと寂しいですよね...なんか単純で...
味がないというか...ここで演奏者の個性を出さないといけないのかなと。

先日、先生の演奏を見る機会があったのですが、
もうテーマをソロ並みに弾きまくっておりまして、
楽譜の面影なし(笑)

簡単なのはスライドを入れたり、
コードと組み合わせてメロディを弾いたりってところでしょうか?
オクターブ奏法を取り入れるのもよくある手なのでしょうが、
オクターブ奏法がそもそも苦手...(^^;
あとは繋ぎの音を入れたりして、自分向けのメロディを考えてます。

バッキングについては、Blue Bossaはどちらかと言うと
コードストロークをしていくパターンが多いので、
楽譜のコードをまず弾く練習です。
これが、個人的には結構苦手だったりする。
ちゃんと音出てなかったり、ミュートが不十分だったりします。
とりあえず練習して、きちんと音が出るように練習してます。

問題はソロなんですよね~。
まあ、ペンタトニックで弾けばそれなりに収まるのですが、
本当にリック、フレーズの引き出しが少なくワンパターン...
ジャズギター練習する前に、もう少しブルースギターを極めた方がよかったかも。

ただ、折角ダイアトニックスケールの練習もしたので、
それを用いて適当にアドリブ弾いてみたのですが、
なんか、ペンタと全然違う...

ペンタだと、それなりにその曲のKeyに当てはまっている感じがあるのですが、
ダイアトニックスケールだとそうならない感じなんです。
極端な話、音をアウトしているような感じ。

理屈的には、例えばKeyがCメジャーであれば、
Cメジャースケールを弾いてさえすれば音は外さないはず。
理論書にもそのように書いてあった。

ただ、実際にはそんな印象ないです。
例えば、フレーズの最後の音を伸ばして演奏すると、
その音がスケール上の音であっても、
小節のコードと合わず、音を外しているような印象になるんです。
なんかペンタから2音増えただけなのに、
とても使い難い感じだ。

上級者は、小節毎のコードを見て、
そのコードトーンを使って演奏するのでしょうが、
まだ、そこまでの実力はない。

...っていうか、そういう演奏するにはどのように練習すればいいんだ?

やはり、最初は短いリックをいろいろと覚えて、
コードを見て、フレットの位置を変更して弾くって練習をするのかな?

まずは、Ⅱ-Ⅴ-Ⅰで使用するリックやフレーズを練習して、
曲の進行を確認し、Ⅱ-Ⅴ-Ⅰのところでそれを弾くとか、
そういう練習した方がよいのかな?

なんか、ダイアトニックスケールから自分でフレーズ作るのは、
今の時点ではとても難しい感じなので、
まずは使えるフレーズを貯めていこうかな?

なんかいい教則本探してみるか...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


本当のセッションデビュー!

いや~、汗かいたわ。今までにかいたことのない汗!
しかも大量!(^^;

昨日は2か月ぶりのギター道場でした。
先月は強風の為、先生が金沢に来ることができなかったので。

今回の道場はいつもと違いいきなりセッションから開始!
先生が、ギター弾きまくりたいという理由で。

ということで、私は他人毎のように、
気楽に他の生徒さんの演奏を聴いておりました。
もうリラックス気分で。(笑)

すると、
先生:HIRO(本当は名字)さん、なんか弾く?
私 :あ、無理っす!(即答!)
先生:よし、じゃあHIROさんが弾ける曲を練習しよう。
   Blue Bossaとかどう?
私 :え!あのBlue Bossaですか?無理でしょう!

なんてやり取りしている内に、
今回の道場の課題曲はBlue Bossaに。

これってスタンダード曲なんですね。
私は、Pat MartinoのExitというアルバムでしかこれを聞いたことがなく、
とても爽快感のあるかっこいい曲だと思っていたのですが、
こんなものは弾けるわけがないと思っておりました。

でも、ジャズスタンダードバイブルで確認したところ
そんなに複雑そうな曲ではないなと。



いつもどおり、まずはスケールとメロディの確認です。
この曲のKeyはCmですので、Cmスケールの練習をして、
そのスケール上でメロディを奏でる練習です。

その後、バッキングの練習に入りました。
バッキングでは、先生が初心者向けに推奨している
3音によるコードバッキングを教わりました。

ここではリズムやアクセントのつけ方も練習しました。
2拍4拍にアクセントをつけるのですが、
2拍4拍がブラッシングで弾くことになっているとかなり難しいです。
正直、私はコードを弾くことが精一杯なので、
この部分については次回じっくり練習することに...

最後はソロ(アドリブ)の作り方です。
ここでは、いろいろなパターンからフレーズを考える方法を教えていただきました。
一番簡単なのがCmのペンタということで、
今回はとりあえずそれを練習することに...

ここまでざっと3時間くらいですかね...
途中から、「これは最後、ぜったいセッションさせられるな」と悟ったので、
休憩中もひたすら練習!

そして恒例のセッション大会...
案の定、ベテランの方々の演奏が終わったら、
先生:○○(他の生徒)さんとHIROさんでやってみて!
...と遂に指名が入りました。

前回の道場の際、セッションデビューと書きましたが、
あれは3名くらいで、遊びながら弾いていただけなので、
今回は、ある意味本当のセッションデビューです。
もう緊張で汗がじわっと流れてきて、
ネックが左手の汗でビショビショ状態です...(^^;

しかも今回のセッションのドラムは、
地元の少年ジャズバンドでドラムをしている小学生です!

イントロはもう一人のギターの方に出してもらいます。
とりあえず、メロディを2回間違いないように、
音を置きながら弾きます(笑)

その後、ソロです。
Cmのペンタ一本!(^^;
頭はもう真っ白です。

途中、本当はE♭に転調しなければならないのですが、
もう、ソロ弾き始めたらどこ弾いているの全くかわかりません!
完全にロスト状態です。

これソロいつ終わるんだろうなんて考えていたら、
ベースの先生が、テーマ後半のキメ部分をわかりやすく演奏してくれて、
あ、今、ここなんだと認識!

おもいっきりもう一人のギターの方にアイコンタクトします。
「もう、無理っす...引き取って下さい...(^^;」
それが無事、相手に伝わりまして私はバッキングに入り、
ソロの悪夢から解放されました。

バッキングは楽譜見ながら弾けばよいので、
(ソロも楽譜見て弾けって話ですけど...)
安心していたのですが、相方のソロはいつ終わるのかと...
テーマの後半に近づいたら、毎回みんなの顔を確認するという感じ。

あとはよく覚えてないのですが、ベースソロに行ったんだと思う。
もう、頭真っ白なので記憶ないっす。

さて、後はいつ再びテーマに戻るのか?という重大な問題があります。
みんなの顔を見て、テーマに戻るのかな?と思って
テーマを弾き始めたら、4barsでドラムソロでした(笑)。

ん?これいつまで続くんだろうと考えていたところ
テーマに戻るような雰囲気に。(笑)

これでなんとかセッション終了となり、
ほろにがなセッションデビューとなりました。

いや~、ほんと疲れた。
もう、ソロなんて、アドリブとかって言える代物ではないし。
でも、最初なんてこんなもんだろうと自分を慰めておりました。

今回初めてやってみて、まだ、ジャズ進行とかわからないですね。
皆さんの演奏聞いていても、ソロを何コーラス弾いているのかなと数えてみたら
案外人によってもバラバラなんですね。

もう、その場の音の雰囲気で決めているのですかね?
ソロ終盤だぞ!!!って感じを出している気がしました。
これは場数踏まないと身につかないかな...

まあ、課題だらけですが、とりあえずJAZZで弾ける曲ができたので、
今後、アドリブ等も練習していきたいと思います

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


5度圏という奴は...

音楽理論に関しても細々と勉強続けております。



現在、2回目を読み進めておりますが、
あらためて5度圏という奴を勉強しております。
これはサークル・オブ・フィフス(Circle Of Fifths)とも言われているらしいですが、
音楽理論の勉強を進めるうえでMUST暗記アイテムらしいです。

しかし、とても無機質なものを
なんの根拠もなく覚えるのはかなり苦痛だ...
とりあえず、ネットで探した画像を壁に貼ってみた。
IMG_1713.jpg
とりあえず、CGDAEBとか音読してみる...
う~ん、つまらん。(^^;

ネットで「5度圏 暗記」とかで検索してみたところ、
ギターの指板上で覚える方法がアップされてみました。
なるほど、5度圏って言うくらいなので、当然、5度づつ循環するわけです。

ギターは構造上、6弦と5弦は6弦を基準に考えると4度離れてます。
5弦から考えると6弦は5度です。
CGDAEB...を5弦3fのCから5弦と6弦で追っていくと、
5弦3f(C) → 6弦3f(G) → 5弦5f(D) → 6弦5f(A) → 5弦7f(E) → 6弦7f(B)
ちょっと規則性が出てきました。
要するに、CとGから始まって、それぞれ全音づつ音を上げていけばいいわけです。 
でも、これをすっと言えるようにしておかないといけないのですね。
地道に頑張っていこうと思います。

ネットさがしていたらこんな商品もあるみたいですね。



確かに、12個でできているので時計に置き換えるといいかもしれませんね。
例えば、2時の時は、Dで♯も2個つくなんてね。

★今日の学習ポイント!
キーが決定すれば調号も決まる。
♯がつく順番はFCGDAEBで、♭は逆


↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

D'Addarioの次世代弦NYXLを使用してみました!

年末に弦を交換して4か月経過したので、
GW中に弦を交換してみました。

これまで使用していたのはエリクサーのコーティング弦です。
正直、弦の劣化等はわからないのですが、
ギターのメンテも兼ねて今後は4か月に1くらいのペースで交換していこうかなと。
人によっては、毎月交換している方もいるようですが...

今回の弦はダダリオの次世代の弦らしいです。
以前、こちらのブログでも紹介させていただきましたが、
クリップチューナー付きのセットを購入しました。



これまでアーニーボールエリクサーしか使用したことがないので、
ダダリオの弦を使用するのは初めてです。

このセットには、普通の弦とこの弦が2セットづつ入っており、
今回は次世代の弦を使用してみます。
IMG_1702.jpg
早速弦のケースを開けてみましたところ、
ダダリオは、6弦すべて同じビニールに入っているのですね。
アーニーボールやエリクサーは1弦づつ紙やビニールに分けて入っておりましたが。
また、2弦づつ(例えば6弦と5弦、4弦と3弦)纏めて丸めてありました。
まあ、間違いはしないと思いますが、弦のボールエンド部分が色分けされており、
間違えて弦を張らないようにはなってます。
IMG_1704.jpg
でも、2弦づつ纏めて丸めてあるって、安い弦ならともかく、
この値段の弦でどうなんだろうと思っておりましたが...

やはり!

1弦が折り曲がっておりました...
IMG_1705.jpg
なんだよ、折角高い弦購入したのに...
HPにはやたら高品質を謳っているようですが...

本来であれば使用しないところでしょうが、
まあ私くらいの実力であれば、大勢に影響ないので(^^;
そのまま使用...

使用した感じは、エリクサーのコーティング弦よりは弾きやすい感じ...
ってか、これ本当にコーティングされてんのなか?
エリクサーは結構ツルツルすべるので個人的には弾きにくい印象です。
それに比べると弾きやすいかな~。
※その後、調べてみたらコーティング弦ではないようでした。

1週間くらい使ってみましたが、
やや3弦とか黒ずんでいる部分もありますが、
アーニーボールよりかは劣化がない印象ですので、
折り曲がっていなければ、結構、お気に入りの弦かもしれません。

また、今回は10-46の太めの弦を使用してみました。
ジャズ系のギタリストの方は、もっと太い弦を使用しているようですが...
やはり弦高が高くなってしまったのでトレモロユニットを調整してみました。

あと、最近他のブログでも同じような記事を見ましたが、
使用済みの弦は、ペットボトルに保管してます。
溜まったら捨てる感じ。
IMG_1703.jpg
弦っていろいろな種類があるので、
今後もいろいろな種類の弦を使用してみたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


プリングとハンマリングでブルージィーに!

GWもいよいよ終盤ですね~!
みなさんのGWはいかがでしたでしょうか?
私は、月曜日も金曜日も出勤だったので、
あまりGWぽい感じはなったですね。
ちょっと休日が多かったくらいな印象。
天候もよかったですが、ギター弾きまくっておりました!

さて、教則本ですが、メロディパターンも5つ目になります。



今回のテーマはプリングとハンマリングでブルージィーにということらしい。

ハンマリングとプリングを使いながら、
もう1音も同時にならす複音プレイに挑戦です。
ブルージィーにということなので、
ブルーノート(♭5)を使用しております。

2小節目から複音プレイになります。
2弦の10fを小指で押さえたまま低音弦を弾きます。
結構、小指以外の指を動かさないといけないので大変です。
指を小さく纏めたり開いたり...
結構、苦手です。

こういうフレーズってアドリブで咄嗟に弾けるもんですかね?
2弦の10fはAですが、
譜面を見るととKeyはAmになってます。
KeyになっているルートのAを弾けばよいのかな?
それともコードみて、その都度音を選ぶのかな?

まあ、そのあたりの理論は追々身についていくことを願っておきましょう...

GWも明日で終了!
明日もギター弾きまくります!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

マルチエフェクターBOSS ME-25が故障した!?

普段自宅でギターを練習するときは、
マルチエフェクターBOSS ME-25のUSBオーディオインターフェイスで
パソコンにつないで練習をしております。
20160504_ME-25.jpg
そのME-25が先日から調子が悪い...

ギターを弾いていると、勝手にLED表示が変更さて、
違う音になってしまうんです。

理由は何かな~と先週くらいからいろいろと実験していたのですが、
最初は、最近UPGRADEしてしまったwindows10 が原因ではないかと考えました。

実際、音色管理ソフトであるTONE STUDIOでも
ME-25を接続することができなかったので。
調べると、ME-25のドライバがエラーになっていたので、
これを更新して、ME-25もファクトリーリセットを実施したところ、
ちゃんと接続できました!

これで一件落着!と思いましたが、
また、同じ事象が発生...

う~ん...まいった。
最終的にはWindows7にDOWNGRADEしてみましたが、
やはり結果は同じ。

BOSSのサポートセンターに確認したところ、
基板が故障している可能性が高いとの連絡があり。
料金は最低でも15,000円らしいです。

...てか、新品が15,000円で買えますがな。



まだ購入して2年半くらいしか使用してないんだけどね...
まあ、特に外に持ち出してライブとかする予定もないので、
しばらくは自宅用として使用する分には問題ないか。

マルチは安くで持ち運びも便利だしと思って購入しましたが、
そろそろボードにエフェクターを組み込んでみようかな。

マルチ音作り面倒くらいですしね。
直接、エフェクターの摘みで音作りできるのは魅力です。

さて、まずは何のエフェクターが必要かな?
空間系、歪み系、ボリュームペダルあたりですかね?

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR