4bersとかって何弾くの?

最近、ジャズギターのアドリブなんかを練習する際、
YouTubeのバッキングトラックであったり、
iReal Proのようなアプリ利用して練習するケースが多いわけですが、
この手の練習素材は、テーマを繰り返しているケースがほとんどです。

ただ、もしセッション等で演奏する際には、
イントロ、エンディング等も必要になるわけで、
どのようなパターンがあるのだろうか?と、
最近、YouTube等でいろいろな演奏を聴いております。

例えば、Blue Bossaなんかは、基本はボサノヴァなのでしょうが、
Pat Martinoのようにとてつもなくテンポが速いケースと、
場合によってはFly Me to the Moonなのではないか?と疑うくらい
スローテンポのケースもあり、ほんと様々なパターンがあるなと
動画を見ながら感心しております。

イントロやエンディングは、それに特化した教則本もあるくらいなので、
かなり奥が深いのでしょうね。
おそらく、ワンパターンに陥ってしまうのだろうと予測。

あと、先日、ジャズのライブを見て思ったのですが、
いわゆる4bers、8bersのやり取りですが、
あれは何を弾けばよいのだろう?とふと思いました。

とりあえず、その曲のKeyにあったスケールを弾けば
アウトになることはないと思うのですが、
確か4bersでギターが弾いているときベースも弾いてますよね?

...ということは、その曲のどこかの小節を
その小節のコードを意識して弾いているのかな?

ネットで調べてみたけど、明確なルールが分かりませんでした。

あと、曲によって4bersになったり、8bersになったり、
何回繰り返すのか?とか、素人には疑問が尽きませんな~

たぶん、セッションの回数を積み重ねると、
だんだん、お決まりのパターンとか分かってくるのでしょうね。

ま、四の五の言わず練習しよっと。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Someday my prince will comeに挑戦!

早いですね、今週で6月も終わり、
そして、1年の半分が終了するわけです...

今年から挑戦しているジャズギターですが、
理論面、技術面含めていろいろな壁がたちはだかり
やはり一筋縄にはいかない印象です。

まずは1曲づつ丁寧に、メロディ、バッキング、ソロに関して検討を実施して、
アドリブを弾くというよりは、自分で考えたフレーズ等を再現する
ということが当分の目標になるのかなと思ってます。

また、そのためには、たくさんの曲を聴いて、
自分の気に入ったフレーズ等をコピーして、
自分の演奏に置き換えていく。

そういう地道な感じで行こうかなと。

昨日は教則本の最終章であるジャズスタンダードを
テーマ、バッキング、ソロにわけてそれぞれ練習する章に入っております。

曲はSomeday my prince will comeです。
邦題では「いつか王子様が」になります。
『白雪姫』の挿入歌として有名ですね。
3拍子のワルツになります。

昨日はテーマの練習をしておりましたが、
これまでの総決算という感じで、
単音だけでなく、コードも含めてメロディを弾いており、
なかなかの充実感です。

ただ、難しいですね...
コードとかなかなかうまく音が出ないんですよ...
当然チョーキングとかまったくしていないのですが、
中指、薬指、小指の指先の皮がはがれてきております。

コードを綺麗にならせていないので、
すごい力入れて押えているからですね...

その割には、ミュートしたい弦の音は、
簡単に鳴っているのですが...(^^;

一通り練習したら動画UPしたいと思います。
さあ、6月も残り少ないですが、
がんばって練習したいと思います!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


100回ノルマ

なんとか今月中に終わらせたいと思って教則本の練習ですが、
ちょっと今月中には難しいかなぁ...

あまりこの教則本を根詰めてやるよりは、
1回さらっと通してやる方が賢明かなと思ってはいるのですが、
なんかCDに収録されているフレーズを100回練習することがノルマ化しておりまして...
現在、ひたすら繰り返し練習しております。

できるだけ理屈を頭に入れて、それを踏まえた上で、
フレーズを繰り返し練習しているつもりではありますが、
あまり理屈とフレーズがうまくリンクしていない状況ではあります。

でも、とりあえず理屈は後から追い付いてくれば良いかなと考えて、
ギターの弾き方の練習にでもなればと気軽に練習しております。

この教則本を終えることができたら、
黒本のバッキング練習の為に、
ジャズギターのコードワークを練習したいと思ってます。

また、それと並行して、アドリブソロの為に、
ジャズギターのフレーズ集的なものも練習していこうかなと思います。

あとは、唯一演奏できるBlue Bossaをさらに練習して、
アドリブが弾けるようにしていきたいと思います。

今、iReal ProYouTubeに合わせてアドリブを弾いているのですが、
やはり弾けないものは、何度弾いても弾けるようにならないなと。

ここはじっくり自分でフレーズを考えたり、
他の人の演奏をコピーしたり、
教則本ででてきたフレーズをリズムを変えて取り入れたりして、
自分でソロを作ってみようかなと思います。

それが弾けるようになったら、
そこから音を足したり、リズムを変えたりして、
アドリブ的なニュアンスを出していこうかなと思います。

結構、やりたいこと(練習したいこと)が多いので、
さっさと教則本を終わらせたいですね...

がんばろっと。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



まずは黒本のコードを押させらえるようにしないと...

昨日はギター道場でした。

昨日のテーマは、メロディにコードを付けて演奏するというものでした。
先日、セッションが行われて、生徒さん数名が参加したのですが、
その際に、全員メロディを単音で弾いてたということもあり、
今回のテーマに決定しました。

正直、内容は結構、理論的なものも含まれているので、
私の理解を超えるものが多かったのですが、
基本的な考え方としては、

弾きたいメロディの音が含まれるコードを選択するのですが、
その際にどのような構成音で弾くとよいか?
というような事について説明がありました。

先生はヴォイシングと言っておりましたが、
メロディにコードを付けることをそう言うのでしょうかね?
このあたりは私にはまだ理解できない部分です。

まだコードを見て、パッとそのコードを押えられない自分にとっては、
やはり、ある程度コードを押えられるようになることが重要な様子です。

先生にもジャズギター初心者は自宅でどのような練習をすればよいか?
と質問させていただいたのですが、
「コード弾く練習をしておけば充分!」(まあ充分ではないだろうが...)
「今日みたいにコードとメロディを弾く練習しておければ、
 メロディの音も外すことはないのでお勧めだよ!」

とのことでした。

私は2月くらいから道場でいただいたⅡ-Ⅴチャートを利用して、
毎日、そのコードを押える練習をしてきたのですが、
Ⅱ-Ⅴチャートだと、Ⅱm7-Ⅴ7-Ⅰ△7という決まった形式で進行していくので、
しばらくすると何も考えなくても指が勝手におさえちゃうんですよね。
だから、上記以外で進行すると、すぐに押えられなくなってしまいます。

先生からは、まずは黒本を見ながら、
そのコードを押える練習をして、できるようになったら、
それにメロディを付けて弾く練習してみるとよいとのことでした。

また、アドリブソロに関しても、フレーズのアイデアが浮かばないと相談したところ、
まず最初にどのようなイメージでソロを弾こうとするかを決めないとダメとのこと、
Pat Martinoみたいに弾くのか、SAXで演奏されているようなものを弾くのか、
まず、最初にどのようなソロを弾きたいかイメージができないとダメだと。

でも、Pat Martinoみたいに弾きたいと思っても、
それを弾く技量がまだないわけですが...

最初はとりあえずコピーなのかな?


にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


コードトーンとノンコードトーンについて

さて、ジャズギターの教則本は一歩上のジャズ・プレイということで、

基本的なジャズ・プレイ、例えばⅡ-Ⅴのバッキングとか、
そろフレーズなんかも練習してます。

まあ、書かれていることは理解できるのですが、
それをもとにどのように演奏すればよいのか?
という疑問が残りますね...

ただ、今の段階ではあまり深く考えず、
ひたすらⅡ-Ⅴフレーズを繰り返して練習して、
体にに染み込ませております。(笑)

ソロ・パートでのメロディプレイという章では、
以前、アドバイスいただいたコードトーンによるソロプレイについて
書かれてます。

KeyがC△の場合、
基本的にはCメジャースケールの音を弾いていればアウトにはならないはずですが、
コードトーンを意識していないフレーズは、
なんだかしっくりこないとここでも書かれております。

また、コードトーンだけ利用するとメロディ不自然になるケースが多いので、
ノンコードトーンを加えるとよいとのこと。

ただ、ノンコードトーンには、加えてもいい音(テンション)と、
避けたほうがよい音(アボイドノート)の2種類に分類することができ、
これを指板上に表示すると

どど~ん!
IMG_1740.jpg
とこうなります...

あの...初心者にとって、このような表の一覧表を掲載して、
ささっ!っと覚えましょう的な表現は
崖の谷底に落とされたような気持ちになります...(^^;

まあ、本には覚えましょうとは書かれてませんけどね。
これを見ながら練習してみてくださいって感じですかね?

実際、上級者の方は覚えているのでしょうか?
強い決意をもって始めた私ですら、ちょっとこれはスルーしたくなりますね...
せめて、それぞれのポジションを覚えるためのフレーズが掲載されていれば、
やる気も出てくるのですが...

まあ、コードトーンとノンコードトーン(テンション、アボイドノート)があるという理屈は理解できたので、
今後、いろいろな曲を演奏しながら、徐々に覚えていければなと思います。

さて、明日は一か月ぶりのジャズギター道場
がんばって練習しよ!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

【レビュー】ギタリストのための楽典

ギタリスト向けの音楽理論書を探してして知人の紹介で購入。

ギタリストのための楽典


結論から言うと、とてもいい本だと思います。
本の厚さは1.6cmくらいなのですが、
1ページに記載される文章は多くないので、
読もうと思えば、1日でも読み切ることができます。

私自身、音楽理論初心者で、
インターバル(度数)
ダイアトニックスケール

程度の知識しか持ち合わせていませんでしたが、
それでも無理なく読みきることができました。

ただ、完全に書かれていることを理解しているわけではありません。
この手の理論書は他の本でもそうだと思うのですが、
一度読んだだけで理解しようとは思わない方がよいと思います。
何度も読むことで理解が深まるのではないかなと思います。

実際、私も1回目に読んだときは、
最後の方の章はほとんど何がかかれているかわからない状態でした。
でも、2回目、3回目と読み返していると、
徐々に理解できる部分が増えてきました。

音楽理論って、前で知った知識の積み重ねだと思うんです。
例えば、度数わからないと、ダイアトニックスケールがわからなかったりとか。

ですので、1回読んだだけでは、その知識を充分に理解していないと、
次の項目が理解できなかったりするのですが、
数回読むと、以前理解できなかったことが理解できるようになってました。

1日1章づつでも短い時間で読めますし、
ボリュームもいいですね。

あと、ギタリスト向けとはなってますが、
特にギタリストに特化した印象はないですね。

もちろん、ギターの指板くらいはでてきますが、
初級の音楽理論書として幅広く使える印象です。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター&ベース点検調整会に参加!

先週の日曜日に地元の楽器屋さんに
Schecter Guitar Researchのリペアマンである土屋匡弘氏が来店され
無料のギター&ベース点検調整会が実施されました。

予約制で一人30分とのことで、
当日に空きがあるか確認したところ
空きがあったようなので、
相棒を担いで参加してきました。

私のFUJIGENのストラトは購入して約2年が経過しており、
やや弦がビビるかな...って感じでして、
ちょっと見てもらおうかなと。

また、先日1046の太めの弦に張り替えたところ、
トレモロブリッジがネック側に引っ張られる感じになっているので、
この点についても相談をさせていただきました。

弦のビビりについては、ちょっと順ゾリということで、
トラスロッドを調整していただきました。
ただ、今後梅雨の時期になるので注意が必要とのこと。

ネックを調整いただいたらかなり弦高が低くなったので、
少し高めに調整してもらう。
それでもかなり低いのですが...

弦のビビりは改善されましたが、
そもそも私の演奏技術力による影響が大きそう...(^^;
土屋さんが弾いてもビビらないのですが、
私が弾くとビビりますからね...

あと、トレモロブリッジについても相談させていただき、
今後、アームを使用することもなく(取り付けてもないし...)
ジャズ系の音楽が中心なので、スプリングを締めてもらい
べた付けのセッティングにしてみました。

私のようなギター初心者には、
このようなリペアの方とお話しする機会がすくないので、
とても勉強になりますね!
いろいろと質問に答えていただきました。

Schecterのギターというととてもカラフルな色で、
ハードロック色が強いギターという印象だったのですが、
もともとはジャズ系ギターを作っていたらしく、
箱物のギターもあるそうです。(知りませんでした)
またPU製造にも力を入れているメーカーとのことでした。

あとは、フロントピックアップがシングルなので、
ジャズっぽいサウンドを出す為に、ハムに交換したらどうか?とか、
いろいろ楽器屋さんの店員の方も含めて話を聞くことができました。

まあ、ゆくゆくはセミアコタイプのギターも購入したいと思っているのですが、
ソリッドギターでもジャズを演奏したいので(フュージョン系?)、
ハムに交換しようかな...

でも、まずは実力をつけてからかな。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


PART4に突入!

ジャズギターの教則本は、ようやくPART3を終えてPART4へ突入!


PART4のテーマは一歩上のジャズ・プレイというもので、
ダイアトニックコードの説明から、ツー・ファイブの説明、
コードトーンを利用したアドリブの取り方など、
本格的にジャズっぽい内容になってきました。

やはりジャズではある程度の音楽理論から逃げるわけにはいかないので、
ダイアトニックコード等の説明に数ページ割いており、
座学的な内容も含まれております。

それでもあまりこのような理屈に何ページも割くわけにはいかないので、
説明は端的になされておりますので、それが初心者にはかえって難しい印象を与えるかも。
私は、平行して音楽理論書を読んでいたので、

ナチュラルマイナースケール
ハーモニックマイナースケール
の説明などは、
理論書を読んでいて腹落ちしました。
やはり、簡単な理論書を併用した方がよいかなと思います。

しかし、いろいろな新しい言葉が出てきて、
正直、一回読んだだけでは、頭に全然入ってこないな...
ドミナント・セブンス・コードとかドミナントモーションとか...

ようやく半分くらいまで来たかな。
とりあえず、今月中に一通り通せるようにがんばろっと。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

あれ?直った?

以前下記記事でもお伝えさせていただきましたが、

マルチエフェクターBOSS ME-25が故障した!?

現在、使用しているBOSSのマルチエフェクターME-25なのですが、

最近、突然音が変わってしまうという不具合がなくなりました。

当初は、Windows10への強制アップデートが悪さしたのかなと思い、
Window7へのダウングレードしたり、
ファクトリーリセットを繰り返したり、
いろいろと試行錯誤をくり返しておりました。

結局、基板の故障という結論に到達して、
とりあえず、室内のみの使用だし、
致命的に壊れるまで放置をしていたのですが、
最近、調子がよいです...直ったのかな?

ひょっとして、ドライバーでも更新されたのかな?と思い、
BOSSの公式サイトを確認してみましたが、
それらしい情報はなし。

どうしてだろう...
このまま直っていればよいのですが、
また、突然再発するのかな?

まあ、こんな不安定な状態だと、
外でライブなんかするときには使用できんな。

する予定もないけど...(^^;

しかも、JAZZでマルチ必要か?って感じだし。
さて、練習しよ。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ディミニッシュ・コードを活用したメロディ・プレイ

さて、教則本のメロディプレイの練習ですが、
最後のパターンとなりました。


今回のテーマはディミニッシュ・コードを活用したメロディ・プレイです。

まあ、正直ディミニッシュが何かもわからない状態ですが、
細かいことは気にせず、とりあえず、弾けるように練習です...

うん、これも弾けるようになる気がしない...(^^;

いろいろと気になる部分もあるが、あまり深入りせず、
とりあえず、こんな演奏もあるんだな~程度の理解で終えることにします。(笑)

この教則本は、初心者向けの本ですが、
結構盛りだくさんな内容です。(とりあえず、自分にとっては)
これでも基本的な内容なのかな...

個人的には、もう少しボリュームを少なくして、
ジャズギターの5合目くらいを目指す感じにした方が、
初心者にはいいのかなと思いますけど。

ジャズギター道場でやっているように、
初心者向けのスタンダード曲をモチーフに、
メロディ、バッキング、ソロを解説しながら練習を進めていき、
最終的には教則本を終えると、その曲が弾けるようになっている
って感じの本があるといいと思うのですが。

さて、明日は出張であまりギター弾けないので、
今日はこれからがんばって練習したいと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR