次回の発表に向けて

次回のギター道場にて、
何か演奏することを約束してしまったことを
今になり、ものすごく後悔しております...

でも、逃げていても上達しないと思うので、
とりあえず教則本で練習した
Someday My Prince Will Comeをやろうかなと。

ということで昨日久しぶりに弾いていたわけですが、
ソロとか全く忘れており...(^^;

やっぱりTAB譜で暗譜するとダメなんですね。
なぜその音を弾いているか?
というコードやスケールとの結びつきを理解しないで
ただ暗譜しただけではすぐに忘れてしまいます。

そのまま教則本の楽譜どおり弾いても仕方がないなと思うので、
何か少し演奏を変えたいと思ってます。

とりあえずメロディはいろいろなボイシングが利用されており、
勉強にもなるので教則本の譜面のまま演奏するとして、
手っ取り早く、まずはバッキングを変更しようかなと思います。

教則本のバッキングの方がおしゃれな感じではあるのですが、
これもソロ同様、楽譜を暗譜しているだけなので、
まずはちゃんとコードをみて、そのコードをきちっと弾くという
当たり前のことを実施したいと思います。

その為、毎日練習している3Voiceによるバッキングに変更したいと思います。
ちょっと低音が重たい感じになってしまうのですが、
その点については今回は目をつむろうかな。

黒本の譜面を確認したのですが、
最後の4小節のコードが教則本と違いますね。

教則本は下記のようなコード進行でした。
B♭△7   G7   Cm7   F7
黒本は下記のような感じです。
B♭△7/F  Fdim  F7sus4  F7

まあ、今回は3Voiceで実施しておりますので、
♭13とかのテンション系の音は完全に無視して弾いておりますが
とりあえず分数コードのFも無視しよう...(^^;

Fdimは、3Voiceでは5度の音を省略しておりますので、
構成音的にはm6と同じとなりますので、Fm6で対応します。

F7sus4もF7にしてしまおうかな...
すると、2小節F7になってしまうな。
エンディングなので、少し変化を与えた方がよいかな?

ところでF7sus4って構成音どうだっけ?

調べてみたところ、ファ ラ♯ ド ミ♭になってました。
F7がファ ラ ド ミ♭なので、
長3度のラを完全4度に変更したコードですね。

Cm7の構成音はド ミ♭ ソ シ♭(ラ♯)なので、
F7sus4とはファとソが違うのですね。

ということは、3Voiceでは5度を省略しているので、
Cm7を弾いてもF7sus4の構成音ではないソの音を弾くことはないので
Cm7に置き換えてもよさげですね。

となればF7を2小節を弾くより、
Cm7→F7と変化させる方法もあり?

こんな初歩的な分析ですが、
ほんの数か月前までは全くできなかったのですが
やはり理論を勉強するとこのような発見があって楽しいですね。

座学も大切だな~。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

7サゲ、1アゲ!!

今学んでいる最後まで読み通せるジャズ理論の本ですが、

一応、タイトルどおり最後まで読み通せました。
でも、一応...

最後はジャズブルースであるSUMERTIMEを題材に、
どのようにアドリブを考えればよいか?という感じなっており、
これまでの知識が曖昧だとやはり理解度下がりますね。

これまでにもちょっと理解度が低い章については
何度も読み直しをしておりましたが、
最後まで到達したので、
改めて最初から読み始めております。

全10章のうち第4章までは難なく理解できます。
私にとって鬼門は第5章でした。
これはこれまでにも何回も読んだ章で、
やはり何度も読むと理解できる部分も増えてきますね。

この章ではよくジャズでありがちな部分転調がメインの話です。
KeyがCのダイアトニックコードのAm7、F△7、Dm7の前には、
ダイアトニックコードではないE7、C7、A7が配置され、
いわゆるドミナントモーションを作っているケースが多くあります。

当然、このドミナントはCのダイアトニックコードではないので、
Cメジャースケールを使用できません。
(できないことはないですけど...)

E7、C7、A7のドミナントでは、
それぞれE、C、Aのハーモニックマイナーを使用します。

例えば、C△7→A7→Dm7→G7というコード進行があった場合、
C△7、Dm7、G7はKeyがCのダイアトニックコードですので、
Cメジャースケールを弾いていれば外さないわけです。

ただ、A7は直後のDm7に向かってドミナントモーションしていくので、
Dのハーモニックマイナースケールを弾くことになります。
なんかAでないところが難しいですよね。

あるコードだけ違うスケールを弾くのは難しい...
ということで、この本ではこれを分かりやすく覚えるために、

7サゲ、1アゲ

と覚えるとよいと書かれてます。
7とはCメジャースケールの7番目の音であるシ、
1はドに該当します。

つまりCメジャーの音からシを半音下げて、ドを半音上げればよいと。

ようするにハーモニックマイナースケールって、
ナチュラルマイナースケールの7番目の音を半音上げただけなので、
Dナチュラルマイナースケールの7目の音であるドを半音上げたと。

シが♭したのは、Dmスケールにはシに♭がついているからかなと。

同様に、
E7→Am7は5上げ(ソ♯)
C7→F△7は7下げ(シ♭)

と覚えると便利ですよと。

実は書かれている理屈は理解できたのですが、
上記の方法を覚えると便利というのがどうも理解できなかったのです。
それで何回も読み直してしまいました。

だって、これってKeyがCの上で話をしているので簡単ですけど、
もし、Key変わって♯、♭がつくと同じように考えて弾けますかね?
というのが大きな疑問でした。

これを練習する楽譜もついてるのですが、
これを集中的に練習することに意味があるのかなと。

まあ、でもスケールをギターの指板上で把握しているだけであれば、
確かに、7番目が♭、1番目が♯って情報がわかれば便利なのかな...

再び7章まで到達しましたが、
なかなか読み応えありますよ?

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

譜面台購入!

最近ジャズをやるようになってから、
譜面を見ながら演奏するケースが増えてきました。
ロックやっていたころも譜面は見ていたのですが、
暗譜してしまえば楽譜見ることは少ない。

毎日実施している基礎練習なんかでも、
譜面を見ながらコードバッキングしたりしてます。

毎日練習するようなものは、
100円ショップで購入したクリアブック内に
譜面を収めて使用しております。

これまではクリアブックを机の上に置いて練習していたのですが、
照明の光が反射してとても見えにくい...

そこで譜面台を購入しました。
fumendai.jpg

こちらもamazonの無料ポイントが溜まっていたこともあり、
お手頃のやつをぽちっと。

持ち運ぶ予定もないので、
ここは持ち運びよりは安定性重視!ということで、
譜面を置く台はしっかりしたものを。

あと譜面押えがあった方が便利かなと思ったので、
ARIA アリア 譜面台 AMS-301B オーケストラタイプ
というものを購入してみました。

昨日使ってみましたが、とても安定しておりいい感じです。
高さも椅子を利用して演奏する分には問題ない範囲。
あとは慣れですかね...

机とは角度が違うので、
いつもとちょっと感覚が違う感じで、
一瞬戸惑いましたがすぐに慣れました。

これで横に置く必要がないし、
照明の影響が少ない場所に配置もできますので、
随分と見やすくなりましたね。

机の上のスペースも生まれましたし良かったです。
私はメトロノームはWeb版のものを使用しているので、
PCのキーボードでSTART/STOPができると便利です。
これまではキーボードの上に楽譜を置いてましたので...

これまであると便利ですよ!とは聞いていたのですが、
まあ、いい買い物ができたのかなと。
光を反射しないクリアブックとかでも良かったかもしれませんが...


↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ドミソシのミは重要な音!

ジャズ理論の本ですが、10章のうち8章まで進みました。

これ、結構読み応えありますね。

当初は最後まで読み通せるという文言から、
さらっと1回読めば、それなりに基礎的な部分は理解できるのかなと
気軽な気持ちで読んでいたのですが、
結構、前の章に戻って読み直したりして苦労しております。

これは理論書だと思って購入したのですが、
(理論書に間違いないのですが...)
どちらかと言うと、初心者向けジャズギター教則本という印象です。

もちろん理論の話がメインとなるのですが、
結構、コードトーンでアドリブを弾くさいの考え方
コツなんかも記載されており、
何度か繰り返し学習したいなと思う内容ですね。

例えば、あるコード進行において、
そのコード構成音の3度の音を弾くと、
それなりのサウンドで響くんですよね~!

例えば、C△7であれば、
ドミソシのですね!

コードトーンなので当たり前と言えばそれまでですが、
そのコードのルートを弾いたときとは違う感じです。
なんかオシャレ...

つまり、そのコードの出たしを3度弾くようにすれば、
そのコード進行にしっくりと収まっている感がでるわけです。

これまでは、Cのダイアトニックコードだけの4小節があったとすると、
Cメジャースケールを弾けば外さない!と考えていたのですが、
これだと、結構、収まりが悪かったりするんですよね...

今後は3度の音を意識しながら、
その3度の音を次のコードの3度の音につなぐように
フレーズを考えると、アドリブも楽になるのかなと思いました。

そうなると、コードを見たときに、
すぐに構成音が頭に浮かぶ必要がありますね!
そのあたりの練習方法も記載されてます。

最近、コード構成音を口に出しながら、
ギターでアルペジオを弾く練習をしているので、
結構、構成音がしみ込んできましたよ。

ド・ミ・ソ・シ
レ・ファ・ラ・ド
ミ・ソ・シ・レ
ファ・ラ・ド・ミ
ソ・シ・レ・ファ
ラ・ド・ミ・ソ
シ・レ・ファ・ラ


随分と簡単に言えるようになりました。
ギターの指板上の音もわかるようになってきました。

あとは5度圏も頭に浮かべば、
Fメジャーの時はシが♭になる
とわかりますしね。

なんか、最近は理論の勉強ばかりしているからか、
夢にまで出てくるようになりました...(^^;

毎朝うなされて起きるという...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

乱取り稽古

昨日はギター道場の日でした。
第3日曜日がデフォルトの開催日なのですが、
先月は第2日曜日に実施されていたので、
久しぶりな印象です。

相変わらず理解できない事が多いのですが、
それでも音楽理論を勉強してきた効果もあり、
少しづつ理解できる範囲も増えてきました。

昨日はペンタを利用したソロの組み立て方を学びました。
そこで先生が考えたソロをみんなで練習したりしたのですが、
それを五線譜で書かれたりするので、
一音づつ音を確認しながら弾いてますので、
とても時間がかかります。
他の生徒さんはパラパラと弾いているのですがね...
でもこうやって初見で弾く練習を重ねていくことが重要なのかなと。

あと後半レッスンは乱取り稽古でした。
先生から指名された生徒が曲を自由に決めて、
先生とセッションしてアドバイスをもらうというもの。
まさに道場!って感じですね。

他の生徒さんもこのセッションに向けて、
自宅で曲を練習してきている様子です。
私はまだ基礎練習ばかりしているので、
そこまで到達できていないのが残念...

でも、当然自分の番が回ってきまして...
先生も「HIROさん、やってみる(できる)?」って感じで、
気を使って聞いてもらったのが申し訳なく...

当然、準備不足もあり
「パス!」
と言ってしまったのですが(^^;
これではさすがに申し訳ないと思い
「来月宜しくお願いします!」
と宣言してしまった...

ちなみに来月は第2週目の開催なので、
3週間しかない!

とりあえず教則本で練習した
Someday My Prince Will Come
でも挑戦してみるか!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ダイアトニックコードのコード音を弾く練習

休み明けは2日間くらいの出勤が丁度いいですね。
来週からいよいよ仕事本格化!って感じです。

さて、ジャズ理論書ですが、これ結構楽しいです。

難しい音楽理論を初心者向けに説明する際、
いろいろなものに例えて説明する本は結構多いのですが、
この本はその例えが秀逸です。

書き手はこのような本を書きたがる人はいると思うのですが、
出版社がよくこれを本にした!と。
なかなか驚きの内容です。
特に付属のCDがすばらしい。
また、後日内容について書きたいと思います。

今回、この本に記載されていたトレーニング方法
とてもよいなと思ったものがあったので、
それを基礎練習に取り組んで毎日練習しております!

この本はジャズに特化しておりますので、
音楽理論だけでなくジャズでアドリブをする際に、
コードトーンでアドリブをすることが大切であるということも
冒頭の章から述べられております。

その中でダイアトニックコードのコード音を弾くことを勧めてます。
20160820_Diatonic Cord Tone

これ初心者の私にはとても勉強になる練習です。
一応、TAB譜もつけましたが、
楽譜を見ずにダイアトニックコード順に、
ド~ ミ~ ソ~ シ~
レ~ ファ~ ラ~ ド~

って感じで、口に出しながら順番に弾いていきます。

そうすると、
①ダイアトニックコードの構成音
②ギターの指板上の音

を覚えることができます。

ド~って口で言いながら、
指板上のドを探して弾く感じなので、
TAB譜ではなく楽譜を見ながら弾く練習にもなりますね。

まだまだ時間かかりますが、
これが簡単に弾けるようになると、
Dm7の3度の音はファ!
とか、すぐに答えられるようになりますよね。

あまり急がず、毎日練習しながら、
じっくり身体に浸み込ませていきたいですね!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

3Voiceのコードワーク

とうとう夏休みが終わりました...
今日から仕事です。1週間あっと言う間ですね。
オリンピックの連日のメダルダッシュにより若干寝不足気味ですが、
今週も2日なのでがんばりましょっと!

この夏休みは珍しくギターをあまり弾かない休日でした...
通常であれば3時間/日くらいは弾いていたのですが、
平均すると1時間/日も弾いてないのでは?

外出の予定が多かったこともありますが、
リラックスしながら理論書なんかを読んだりしておりました。

今集中的に練習しているのがジャズコードワークです。

こちらの本の第1章と第2章にあたるのですが、
3Voiceでのブルースジャズのコードワークを練習してます。

3Voiceのコードワークを平たく言うと、
3音(3Voice)だけでジャズっぽいコードを弾くということになります。

ジャズと言えば、テンション含んだ複雑なコードワークというイメージですが、
3Voiceだけでジャズぽさを出すことも可能なんですよ。

ポイントとしては、
①5度を省略して1度、3度、7度で弾く。
②高音(1弦、2弦)は弾かない。

という感じです。

要するに、音の印象を変える重要な音である
3度、7度の音を利用するということです。
ほんと不思議ですが、これでジャズっぽい音になります。

とりあえず、この3Voiceのコードワークを利用して、
6弦ルート、5弦ルートの場合の6パターン
Ⅰ△7、Ⅰ7、Ⅰm7、Ⅰm△7、I6、Im6
を弾けるように練習してます。

コードは型で覚えてもよいのですが、
今後の事を考えて、度数を意識しながら覚えてます。

つまり、最初にⅠ△7を弾いた後にⅠ7を弾く際、
長7度と短7度に移動したと意識しながら弾くようにしてます。
そうすると、ギターの指板上のインターバルの感覚も
身に付くかなと思っております。

6弦ルート、5弦ルートを練習した後は、
6弦ルートと5弦ルートを交互に弾くようにしてます。

6弦ルートだけ集中的に弾いていると簡単な事が、
5弦ルートと交互にするだけで、結構パニックになります。
5弦と6弦の指板の音がこんがらがって、
5弦のC△7なのに、3fでなく8fを押さえてしまったり...
まだまだ悩みは尽きません。

この練習は毎日の朝練(基礎トレ)として取り込んだので、
これから毎日弾いてマスターしていきたいと思います。

さっさと3Voiceをマスターして、
4Voiceを弾けるようにしないと!

では!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

音源付きの音楽理論書はいいかも!?

さて、ようやく夏休みの行事が終わった...
昨日は中学の同窓会に参加してきました。
30年ぶりに会う同級生は、面影のある者、まったくない者...
さまざまですね。

そして今日は飛騨の方にお墓参りに。
今、戻ってきました。

私は水曜日まで夏休みなので、
この2日間じっくり体を休めたいですね。

そんな夏休みだったので、
あまりギターの練習はできていないのですが、
少しづつは実施してました。

先日紹介させていただいたジャズ理論書ですが、
なかなか面白いです。

文章が講義スタイルで書かれているので、
比較的読みやすいのと、
CDが付いているのがいいですね。

CDに音源がついているので、
例えば、第2章でジャズで使用するコードなんかを解説しているのですが、
具体的に音源で確認できるので理解が早いです。
ここの章では、実践! ジャズ・ギター・コードワーク・バイブルでも最初に説明している
3Voiceでのコードを説明しています。

CDには結構音源が収録されていて、
最初のトラックなんかは、
「これからがんばっていきましょう!」
なんて言葉だけが収録されてます。

これ必要か?って突っ込みたいところですが、
個人的にはこんなノリは嫌いじゃないです。

全体は10章で構成されており、
今は1日1章づつ実施してます。
時間にして30分くらいですかね。

理論書って私は2冊しかもっていないのですが、
あまりCDがついているものは珍しいかなと思うのですが、
どうなんでしょうか?

書かれている内容も初心者むけということで易しいですね。
とりあえず、1冊理論書読んでいるので、
内容についていけないということはなさそうな感じです。

シリーズで一般的な理論書も発行されているようなので、
初心者の方には手軽に読めていいかもしれませんね。

次は最後まで読み通せるアドリブ理論の本を読んでみようかな。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

魔がさしたわけではないのですが...

皆さんは夏休みはいかがお過ごしですか?
私は外出等もあり、ギター三昧というわけにはいきませんが、
ゆったりとリラックスしながら練習をしております。

そんな中、実はもう1冊あたらしい教則本を購入しておりまして...(^^;
IMG_1797.jpg
そう、また理論書です。

これも期間限定のポイントがあったので、
なんか買わないと...と思っていたのですが、
さすがにギタートレーニング系の教則本は買えないなとうことで、
amazonでも比較的評判のよかった理論書にしてみました!

これまで読んでいた本は音楽理論全般の楽典でした。

これは昨日も読んでいてとても勉強になってます。
まだ、再度のスケールの部分は理解できない事も多いのですが...

今回はジャズに特化した理論書です。
しかも最後まで読み通せると書かれておりますので、
初心者向けなんでしょう。

ページ数256もあり、かなりのボリュームですが、
1ページあたりの文字は多いわけではないので、
さらさらと読むことができそうです。

まだ、読み始めてないのですが、
この本理論書なのにCDもついてます。
途中、CDを聞きながら、もしくはギターを練習しながら
進めていく感じでしょうか?

また、読み終わったらレビューしてみたいと思います!

今日は午後からお墓参りと、
家族で食事会です!

それまでに練習をしっかりしておきたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

Joe PassのNight And Dayに挑戦!

山の日です。

そして、今日から1週間、夏休みで~す!
早速、二日酔いでギター弾いてませんが...
この夏休みもギター三昧としたいところですが、
外出の予定もあったりして、三昧とまではいかないかな...

でも、まとまった時間が取れそうなので、
先日購入した教則DVDでもやってみようかなと思います。

さて、今教則本を中心にJAZZギターに挑戦をしてますが、
地味~に、ある曲のコピーなんかもしてます。

その曲はNight And Dayです。
そう、あのソロギターの大御所であるJoe Pass大先生の曲でございます!

Joe Passと言えば、偉大なジャズギタリストの紹介で、
Wes Montgomery、Django Reinhardt等にならんで必ず名前があがる
ジャズギタリストの巨匠な方でございますが、
その風貌はなかなかのインパクトがございます。

なぜこの曲かというと、私が通っているギター道場のテーマ曲であり、
生徒の皆さん、弾けるんですよね...
なんでかな?と思ったら、
昨年の合宿でみんなでコピーしたらしいです。

矢堀先生も毎日のウォーミングアップを何をしているかというと、
Joe PassのNight And Dayを弾いていると言ってました。
早く弾いたり、とてもゆっくり弾いたりするそうです。

師匠いわく、とてもJazzギターの基本的なコードを用いて、
すばらしいソロギターが展開されているらしく、
とても学習素材としてはよい教材らしいです。

最初のルバート部分はやらず、
基本的にインテンポの部分から練習します。

今、1/3くらい暗譜しましたが、
なんせ、今までにしたことがない運指の嵐
スピード60%くらいに落としてますが、
なかなか弾けません...

これは長期化しそうな感じです。
ソロギターって難しいですね...

でも、ゆっくり、じっくり練習していきたいと思います!


↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR