やっぱ、度数理解すること大切だわ!

入門・目からウロコのジャズ・ギター絶賛練習中でございます!(笑)

今朝からマイナーフレーズの練習も開始しました。
今のところ朝練で新しいフレーズ等を練習して、
夜にこれまでの復習をするという形で実施しております。
今のところ出張もなく!飲み会もなく!
順調に練習を消化しております。

今はいろいろなフレーズを繰り返し弾いて練習しておりますが、
今回のこの教則本を実施しながら痛感しているのが、
ただ繰り返しフレーズ練習してもダメだな...
ってことです。

ダメってのは言い過ぎかもしれませんが、
所謂、ビバップフレーズに馴染むという意味では、
繰り返しフレーズを練習することはそれなりに意味はあります。
ただ、何も考えずひたすら繰り返しフレーズ練習していると
応用が効かないかな...今は感じております。

前の教則本でもビバップのフレーズを覚えられたという点では、
何度も繰り返し練習してよかったかなと。
ただ、このフレーズを実践で弾こうと思ったら、
現段階では難しいかな...

今回の教則本で改めて重要だなと思ったことは、
フレーズの構成音の度数をしっかり認識していることです。
今練習しているフレーズも
コードトーンとアプローチノートがどれかを認識しながら練習してます。
現在、ちょうどコードトーンの練習をしていたので、
理解するのも少し簡単で良かったです。

ゆっくり考えれば、
ルートから見た5度の位置はどこか?
3度の位置は?b3度の位置は?
というのは分かるのですが、
やはりルートを見ると瞬時に度数が見えていることが理想かな。
上級者はやはりそれが見えているのでしょうかね。

私はまだ、ルートから追っかけている感じですが、
上級者はルート以外の音の位置関係も把握しているのでしょうかね?
3度と7度の位置とか...

私はまずコードトーンの度数をすぐに把握できるように
まずはコツコツと覚えていきたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


スポンサーサイト

救世主あわらる?!

入門・目からウロコのジャズ・ギターですが、
少しづつですが進めております。

この教則本を前教則本(ジャズギターアドリブ・シンプルマスター)に比べると
結構、説明が充実している感がありますね。
前教則本もまえがき等は読者を鼓舞する感じで良かったのですが、
実際の練習に入っていくと、ちょっと言葉足らずな印象です。
まあ、タイトルどおりシンプルと言えばシンプルなのですが...

現在は、第3章フレーズを弾いてみように突入しております。
こちらの本では、アドリブをする為の準備として
下記6種類のフレーズを練習する形になります。
①メジャー・フレーズ
②マイナー・フレーズ
③メジャーに向かうフレーズ(ドミナント・フレーズ)
④マイナーに向かうフレーズ(ドミナント・フレーズ)
⑤リディアン7th・コードでのフレーズ
⑥ディミニッシュ・コードでのフレーズ


ギター道場なんかでも⑤リディアン7thは頻繁に出没するワードです。
分からないでいつも聞き流しておりますが、
今回は理解できるでしょうか。

このように書くと、前教則本と同じ
コード進行にフレーズを当てはめるアドリブ
ではないか?と皆さん思われるかもしれません...私も思いました。
でも、この章を練習している感じではちょっと違いますね。

前の教則本では、
Cメジャースケールの指板上の音はこうなります...
ここで使われるコードはこんなコードです...
ではフレーズを練習しましょう...

という感じで進んでいき、結局、スケールもコードも意識しないまま
フレーズのみをひたすら練習する感じ...
(私のやり方に問題がありそうですが)

今回の教則本では、フレーズを作っていく過程についても説明されており、
特にアプローチノートの仕組みについて理解が深まりました。
何冊か教則本をやってますが、これまでは
「スケール上にない音がありますが、これをアプローチノートと言います」
くらいの説明で「ああ、そうですか」くらいの理解でした。(笑)

初心者が苦手な度数を意識してフレーズ練習できるのもいいですね。
現在は①メジャーフレーズを練習中です。
第3章では④までを練習するようです。
ちょっと今月、来月で3章を集中的に練習して、
指板上の度数の感覚も身につけたいなと思っております。

今のところ、この本は私の救世主となってくれそうな予感です(笑)

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


偶然の産物ではありますが...

現在、Mack the Knifeを練習しながら、
目からウロコの練習も平行して実施してます。

Mack the Knifeですが、少しづつフレーズを変えて
アドリブの練習を実施しているのですが、
昨日からオルタードの部分も他のフレーズにしてみようと思い、
練習をしていたときにふと気づきました。

あれ?これKey違うんじゃね?

これまで練習していたのはGのオルタードでした。
今回はKeyがBbであったので、
何も考えず2フレットずらして弾いていたのですが、
今回Gm7にドミナントモーションするために
部分転調してD7のコードおかれており、
模範演奏はここでDのオルタードを弾いていたのですね。

それに全く気付かない自分は、
自分でフレーズを組み立ててソロを考えた際に、
2フレット下のFオルタードを弾いていたんですよ。
しかも、何の違和感もなく...(^^;

なんか最初はちょっとアウト感があるな...
と思いながら弾いていたのですが、
なんかこのアウト感が絶妙な雰囲気を醸し出しており、
むしろ気持ちよさを感じていたりして...

あらためて、Dオルタードを弾いたら、
こちらの方が音がズレているような印象がしていまいます!(笑)
でも、どうしてあまり違和感なかったのかなと、
ちょっと構成音を調べてみました。

Fオルタード
F F#(G♭) G#(A♭) A B C#(D♭) D#(E♭)
Dオルタード
D D#(E♭) F F#(G♭) G#(A♭) A#(B♭) C

7つの音のうち4つは同じなんですね。
私の弾いていたフレーズで調べてみたら違う音は2音だけでした。
ですので、アプローチノートのような感じになったのですかね。

なんかFオルタード練習を重ねてしまったので、
こちらの方がむしろしっくりきている...
しかもフレーズの最後の音がDなので、
Gmスケールの5度となりおさまった感があるんですよね。

ちなみに同じフレーズをDオルタードで弾くと、
最後の音はBになってしまって、
Gmの3度はBbなのでアウト感でてしまうのですよね。
ですので、最後はBbに変更してますが、
ちょっと違和感あり...(^^:

まあ、偶然の産物で気持ちいいフレーズを見つけたのですが、
DオルタードにFオルタードを弾くってありなんでしょうか?

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


意外と活用すると便利なもの

先日、ふと思いつきました...

そう言えば、以前他の町に住んでいたとき、
市の図書館から音楽系の本を借りたことがあったなぁ...
あれ?この町はどうなんだろうと。

早速、ネットで調べてみると、
HPに見つかりました。

皆さん、図書館ってどの程度利用されてます?
実は、使い方によってはとても重宝するんですよ。

私の市の図書館は、市内にある図書館すべての情報がリンクしており、
もちろん、ネット上でどんな本があるか検索できます。
会員登録をしていれば、本の予約や
遠い図書館に本があった場合は、
近くの図書館に配達してもらったりもできます。
図書館によってはCDなんかもレンタルできますしね。

で、早速HPから蔵書検索をしてみました。
もちろん「ジャズギター」で!
すると、結構検索数がヒットしましたよ。
よく見るとCDも含まれておりますね。

じっくり見てみると、有名どころのアルバムは結構あるようです。
こりゃ、TSUTAYA必要ないですな!(笑)

あと、ジャズギターの教則本も数冊ありましたよ。

アドリブ演奏に役立つ! ビバップから学ぶジャズギター

なんちゃってジャズ・ブルース・ギター

ビバップから学ぶジャズギターはレンタル中になってましたね。
こんなニッチな本を借りている人がいるとは!
きっと誰も借りないと思って延長しているだろうなとおもったので、
予約ボタンをポチ!っとしてみました。(笑)
残念ながらあなたが読んでいるその本は
あと数日で返却しないといけませんよ!

あと、目からウロコのジャズギターシリーズも2冊ありましたね。
こんなの誰が頼むのかな...

あと、以前すんでいた市にはなかったのですが、
本のリクエストができます。

リクエスト自体は以前の市でもできたのですが、
必ず購入してくれるわけではなく、
人気の多いものを購入するという制度だったのですが、
今住んでいる市では、年間で冊数、金額の上限がありますが、
欲しい本を購入していただけるようです。
もしくは他の県の図書館と連携しているので、
そちらから準備いただけるようです。

今回のこのようなジャズ系の教則本もリクエストされた本ではないかなぁ...

ぜひ、皆さんも地元の図書館を調べてみるといいですよ。
結構、音楽以外にも雑誌、CD等充実しているケースもありますしね。
今後は私もドンドン活用してみたいと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


入門・目からウロコのジャズ・ギターも始めました

日曜日は2か月ぶりのギター道場でした。
今回はISFAHANという曲のボイシングの勉強でした。
このISFAHANという曲は知らなかったのですが、
Jesse Van Rullerがライブで演奏していることもあり、
若手ギタリストが演奏することが多いようです。

矢堀先生は、どんな曲でもいいので、
メロディにあったヴォイッシングを考えること
とてもジャズにもギターにもよい練習だと勧めております。

実際に、メロディとコードをみて、
どのようなヴォイッシングが可能かを解説してくれます。
自分にはちょっと難しいないようですが、
分からないなりに考えながらヴォイッシングすること
とても勉強になるようです。

Mack the Knifeも単音しか練習してないので、
休みの日にヴォイッシングとか研究してみたいと思います。

その練習しているMack the Knifeですが、
今回はセッションで演奏しませんでした...
しかし自ら進んで演奏するべきであったと反省...
来月は少しバージョンアップして
必ず演奏したいと思います。

Mack the Knifeのフレーズ当てはめソロにも
ちょっと閉塞感がでてきており、
練習も苦痛になってきたこともあるので、
入門・目からウロコのジャズ・ギターの練習も開始しました。

とりあえず、昨日はコードを練習しました。
やはり入門編ということもあって最初は3Voiceになりますね。
でも、ちょっと違うのは、CM7ではなくてC6を弾いたり、
ディミニッシュも取り入れていますね。

コードを押させているギタリスト目線の写真が掲載されていて結構便利です。
初心者には指板表だけで押えるのは結構難しいものです。
どの指でミュートをするか、親指の位置はどこに置くとよいかも説明があり
とてもいいですね。

例えば5弦ルートのC6は、
人差指で3弦2フレット、中指で5弦3フレット、小指で2弦5フレット
指を開いて押えないといけないので、
親指がネックの中央部分にないと弾きにくくなります。

これ結構、ロック上りの人には盲点で、
どうしてもネックを握って押える癖があるので、
私もどうやってこんなコード押えんねん!と思っていたこともあります。

まずはC6、Dm7、G7の押え方の練習です。
これはⅡ-Ⅴ-Ⅰになってますので、
おそらく次章のフレーズ練習の為のバッキング練習ですかね。

あとは、コードだけでなく、
簡単な指板上の音の配置についても最低限の説明があります。
この最低限というのがミソですね。
初心者にはこれくらいの負荷が一番ですね。

私が最初にやった教則本では、
最初に指板上の度数の関係を覚えてしまいましょう!って
全部練習させられました。
まあ、今となっては徹底的に練習して
覚えてしまった方がよかったと思いますけど...

しばらくはこちらの教則本を30分、
Mack the Knifeの練習を30分程度を目途に
練習していきたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


ようやく聞き終わりました!

昨年の7月にTSUTAYA DISCASで実施していた
CD借り放題のイベントで
ジャズ系のCDを48枚レンタルしたのですが、
今日ようやくその48枚を聴き終わりました。
結構時間かかりましたね。

1枚づつじっくり聴こうと思っていたので、
各CD15回をノルマに聞き続けていたんですよ。
だから、1年くらい時間かかっちゃいましたね。

ジャズ系ギタリストを中心に
所謂ギタリストではないのですが名盤と言われるものも
片っ端から聴いてみました。

今回すべてのアルバムを聴いてみて、
個人的にいいなと思ったギタリストが2名おります。

Kurt Rosenwinkel
Jesse Van Ruller


の2名ですね。

KurtのアルバムはTSUTAYAでもたくさん所有しているので、
選択肢もありよかったのですが、Jesseは1枚しか借りれませんでした。
でも、その1枚が良かったです!

Remedy-Live at Village Vanguard

こちらは2枚組のライブアルバムになるのですが1曲目からすごいです。
最近のジャズギタリストはフュージョンぽくなるケースが多いのですが、
このアルバムはジャズアルバムとしてとてもサウンドが心地よいです。
ギターのサウンドもかっこいいですね~。

trio

Jesseのアルバムはこちらです。
こちらも完全なジャズアルバムと言っていいかなと。
なんかスタジオアルバムと言えど、
ライブ感がありますよね~。

やっぱ、こんなギターの音を出すためには、
箱物のギターではないといけないのですかね...
箱物のギターは音が太いので、
単音でゆっくり弾いても管楽器のように存在感がありますよね。

ですので、ソリッドギター系の方は、
速弾きのテクニック系の方が多くなるので、
サウンドがフュージョン風になるのかな...

とりあえず、1年前に聞いたアルバムとかもう忘れているので(^^;
再度繰り返し聞いてみたいと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


コードを決め打ちしてアドリブをしてみる!

しばらくご無沙汰しておりました~♪
皆さん、夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。
私は11日から1週間お休みをいただきまして、
本日が連休最終日です。

私はお墓参りでちょっと遠出をしましたが、
基本、家にずっとおりましたので、
いつもどおり、リラックスしたお休みを過ごすことができました。

いつもならギターも猛烈に練習してたりしたのですが、
ギターの練習もゆったりな感じですね。
最近思ったのですが、1日2時間以上の練習は難しいなと!

これまでは休みは可能な限り練習すればよい!と思っていたのですが、
人間の集中力には限界があるなと。
逆に、1日2時間以上は練習しないと決めると、
その2時間の中でどの練習をしようかと考えるようになり、
練習の内容も濃くなったような気がします。
ま、今回の夏休みでは1時間30分くらいしか練習してませんけど。

さて、課題曲のMack the Knifeですが、
よく考えると次の日曜日がギター道場なので、
そこで弾こうと考えるとあまり余裕かましている場合ではないと...

とりあえず、ソロ2コーラスは弾きたいなと思ったので、
学んだフレーズで2コーラス目のソロを組み立てて、
なんとか2コーラスは暗譜しました。

ただ、これだとアドリブにはならないなと思ったので、
まずはこの2コーラスのギターソロを弾けるようになった後、
あるコードの部分だけ、違うフレーズを入れながら弾いてます。

例えば、Mack the KnifeにはCm7-F7という2小節が3回登場します。
このCm7-F7を決め打ちして、その部分だけ違うフレーズを弾いてます。
これがなれてきたら、F7-BbM7のドミナントモーションで、
オルタードを弾いたりしてます。

最初は一気にいろんなフレーズを覚えて、
それを組み合わせて弾けばよいなと思ったのですが、
今回のようにとりあえず1コーラスのソロのうち、
あるコードを決め打ちしてアドリブをする方が効率がよいかなと。

さ、連休最終日もギター練習したいと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


おっと!こんな教則本が!!

教則本オタクになりつつある私は(笑)
時々、amazonのサイトでジャズギターで検索してみて、
何か新しい教則本はないだろうかと調べたりするのですが、
昨日何気に検索してみたところ気になる本が...

3年後、確実にジャズ・ギターが弾ける練習法

すぐに弾ける!とか、誰でも弾ける!とか、
...ではない所に筆者の想いがあるのかなと。(笑)
3年かかりますが確実のようです。
これは欲しい。

実はなぜこの本が気になったかと言うと、
筆者が宇田大志さんなんです。
宇田さんは、Youtubeでも動画あげておりますし、
私もコードトーンの練習方法なんかは
宇田さんの動画をとても参考にさせていただきました。
ですので、いつか教則本が出るといいなと思っていたのですよ。

よく見るとこちらの本まだ発売にはなってなく、
9/25発売なので、1か月以上も先の話です。
なのに、本日付でベストセラーになってます。
予約が殺到しているのでしょうかね。

当然、発売前なので内容はわかりませんが、
目次を確認しただけで、初心者には欲しくなる内容です。

...おっと、私は教則本を購入したばかりであった!(^^;
でも、いつか買うでしょうね。

おそらく、近日中に宇田さんのYoutube
紹介があるのではないでしょうかね?

もし、教則本を探している方がおりましたら、
Youtube宇田さんの動画をチェックしてみて下さい。
初心者にもとても分かりやすく説明してくれますよ。

この本は期待大!ですね。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


ちょっと埒が明かないので

皆さんのお住まいの場所では台風は大丈夫でしたか。
私の住む北陸は、風はそれほどでもなかったのですが、
台風通過した現在でも雨はかなり降ってます。

さて、課題曲のMack the Knifeですが、
これ、どうしたものでしょうか...(^^;
やはり、何度弾いてみフレーズ覚えられないのですよね...

現在、1小節から6小節まで練習中です。
この中で下記フレーズを弾くことになります。
・M7系フレーズ(5種×2ポジション)
・m7系フレーズ(5種×2ポジション)
・7系フレーズ(5種×2ポジション)
・Ⅱ-Ⅴ-Ⅰフレーズ(5種×2ポジション)


これまでもブログで書いておりますが、
それぞれのフレーズが似ていたり、
使用するフレットが近かったり、
弾いているフレーズがM7系なのか、m7系なのか...
分からない状態なんですよね。

ですので、G7というコードを見ても、
7系のフレーズどんなんだっけなぁ...と思っているうちに
その小節は過ぎている...
終始こんな状態です。

ちょっと流石にこれでは埒が明かないので、
ちょっと方針転換しようかと。
とりあえず、各フレーズを5種×2ポジション覚えていたものを
2種×2ポジションくらいに減らそうかなと。

最初はフレーズを完璧に覚えた後、
そのフレーズを自由に弾きこなすことで、
アドリブっぽさを出したいなと思っていたのですが、
いきなり全部(5種類)覚えるのは無謀であったと。

まずは覚えるフレーズの数を減らして、
オケに合わせて自由に弾けるようになったら、
1個づつフレーズを追加していこうかと。

今月の道場では演奏したいと思いますので、
とりあえず、この方法で2コーラスのソロ練習をしたいと思います。
1コーラス目は模範演奏と同じとして、
2コーラス目をフレーズ組み合わせて弾きたいと思います。
そうじゃないと間に合わないですしね。

そうすれば、目からウロコシリーズの教則本も
同時並行で練習可能かな。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


なかなか先に進みませんなぁ

暑い!!

私が住む北陸も先日ようやく梅雨があけたようで...
...てか、8月入っているのに梅雨あけてなかったのですね...
でも、梅雨明け後はまさに真夏日の連続です。

先週、木金と福岡と鹿児島に出張に行ってました。
九州は食べ物がおいしいので、
出張の中でもテンションが上がる出張であるのですが、
暑さも半端なかった!

8月に入っていきないギターも弾けてない状態でしたが、
この週末は久しぶりに何も予定がないので、
昨日は結構充実したギター練習ができました。

しばらくギターが練習できてなかったので、
Mack the Knifeの復習など...
折角、何度も練習して覚えた最初の4小節のフレーズが、
いとも簡単に忘却の彼方へ...(^^;
なんか覚えるいい方法ないものですかね?

でも、昨日徹底的に練習したおかげで、
なんとか復活することができました。
で、ようやく次の4小節の練習に改めて取り掛かることができます。

早く16小節を自由に弾けるようになりたいもんですね。
でも、この手法だと、結局フレーズ忘れたら応用効かないような...
そうやって何度も繰り返しているうちに
身についてくるものなのですかね。

今日も暑くなりそうですが、
自宅でゆったりギター練習したいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR