FC2ブログ

ピックを購入してみた!

先日スタジオで個人練習をした後に、
ふらふらと楽器屋をうろついておりまして、
ピックを数枚購入してみました。

私はティアドロップ型のピックを好むのですが、
ハードロックを演奏していた際は、
IbanezのPaul Gilbertモデルのものを愛用しておりました。
今も使っていないわけではないのですが...

その後、ジャズギターを弾くようになって、
結構、ピックによりサウンドが変わるものだなと気づきました。
ハードロックは歪みが中心なので、
音というよりは弾き易さを重視して選択してましたが、
ジャズはクリーントーンで弾くケースが多いので、
弾き易さだけでなく、サウンドも重視しております。

いろいろと試して弾いてみたところ、
現在は、Jim DunlopJazz Ⅲに落ち着いております。

こちらは、素材がナイロンタイプとト―テックスの2種類ありますが、
音的にはナイロンタイプの方が低音がしっかりでて
ジャズ向けかなと思います。

ト―テックスもナイロンタイプほど低音は出ないのですが、
ナイロンタイプより硬くなっており、
こちらの方が持った感じがよく弾きやすいかなと思います。
ただ、やや弦をすべるような感覚はありますが...

ナイロンタイプはちょっとピックを持っている部分が滑るので、
コードストロークなんかするときはピックが落ちそうになりますね。
ただ、コードストロークする機会はそんなにあるわけではありませんが。

いろいろなピックを持ちながら試していた時に、
ちょっと気になるピックがありました。
こちらの製品になります。
MASTER 8 JAPAN IFS-JZ100 INFINIX JAZZ III XL TYPE HARDGRIP

こちらの製品はいろいろなタイプのピックが用意されておりますが、
好みのティアドロップ型のものを選択してみました。
名称にもJAZZが含まれておりますしね。

通常、ピックの料金は100円程度であると思うのですが、
こちらは180円くらいしました。
ちょっと高価です...(^^;
レジの横には何千円もするピックもありましたが。

早速、家に帰って試したところ、
なかなかいい感じです!
サウンド的には、Jim Dunlopのナイロンタイプには及ばないものの
弦の引っ掛かりもよく、演奏性は高いと感じました。

実はピックに書かれている模様が、
滑り止めの効果もあり、もった時のグリップ感がよいです。
サイズは多少大きめではありますが、
邪魔な感じはありません。

これいいかも!
料金高めですが、費用対効果を考えると充分な印象です。
持ち歩き用にもう1個購入してみようかな。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




スポンサーサイト

エフェクターの試奏

昨日通っているギター教室のスタジオで個人練習をしてきました。
先日の記事にも書きましたが、練習している環境と違うことが
うまく弾けない理由の一つではないか?と思ったので。
大きな音で練習できますしね。

教室の生徒は500円/時間利用可能でとてもお得!
しかも、ギターアンプはジャズギタリストには評判の高い
DV MARK JAZZ 12が利用可能です。

こちらは一緒に通っている生徒さんも多数利用しているアンプで、
ほぼ、イコライザーがフラットな状態でも独特な音がします。
Bass、Midが強調される感じです。
いろいろセッティングしてみましたが、
ギターのボリュームを少し絞るとバランスよく感じました。
でも、他の生徒さんのような音が出ないですね...
これは腕のせいなんでしょう(笑)

あと、こちらのギター教室は楽器屋が運営しているので、
楽器屋に売られている商品をスタジオで試奏することも可能なんです!
これって結構便利だなと思ったのですが、よくあるサービスでしょうか?!

折角の機会なので、ペダル類を試奏しようとおもい
クリーンブースターを2台試してみました。
一つ目は定番のXotic EP Boosterです。

これは確かに音が太くなった感あります。
気のせいかもしれませんが、
スイッチがONになってなくても音が太くなるような...
音域的にはMidあたりが強調される印象です。
和音を弾くと歪みますね...
アドリブ、テーマ弾くとき用って感じですかね。

もう1台クリーンブースターがあるので比較検討してみました。
L' PVというものです。

知らないメーカーでしたが国産のようです。
綺麗なデザインで高級感があります。
思わず音ではなくてデザイン的に選択したくなります。(笑)
弾いた印象は、EP Boosterとまったく異なりますね。
クリーンブースターって音色的にはあまり変化ないのかと思ってましたが、
こちらは高音が強調される印象です。
シャリーン~♪って感じですね。
高音が強調されるとジャズぽくないですね。

今回お店に置いてあったクリーンブースターが2台だったのですが、
他の製品も結構印象違うのでしょうね...

ということで、EP Boosterがやっぱり定番か!と感じて、
そのまま購入ではなくて、返却してきました。(^^;
ネットの方が安いですしね...
ポイントも溜まっているし。

でも、今後もスタジオ試奏は利用してみようと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




コードトーントレーニングのその後

久しぶりにコードトーンの練習の話ですが、
最近のアドリブ練習はコードトーンアプローチというよりは、
スケールによるトーナリティアプローチなわけですが、
今後はコードトーンを意識したアドリブもしないといけないなと思っているので、
基礎練習としてコードトーントレーニングは実施しております。

黒本の楽譜を用意して、そのコード進行に合わせて
コードトーンを順番に弾いていたりしていたのですが、
度数の感覚が身に付かないなと思い、
3度の音だけ弾いたり、7度の音だけ弾いたりしてます。

その延長で、じゃ、ルートも五度も全部弾いちゃえ!ってことで、
コード進行に合わせて、ルート、3度、5度、7度を
ワンコーラスずつ順番に弾いております。
この練習で、ルートを見ると3度、5度、7度の音が
指板上に浮かび上がるようにしたいなと思っております。

6弦、5弦から開始して2オクターブ分を実施しておりますので、
結構、時間もかかりますし、まだ、メトロノームにも合わせられない状態です。
特に、2オクターブ目になると2弦を弾くケースがでてきて、
コードをみて、瞬時に3度、5度を弾くのは難しいです。

曲は現在の課題曲であるSunnyに合わせて挑戦してますが、
徐々に色々な曲を弾きながら、身に着けていきたいと思います。

やはり、スケール重視のトーナリティでは、
私のような初心者はどのコードを弾いているか?を見失いがちです。
Sunnyでも途中、Fメジャーに転調しておりますが、
ここはBが♭になるだけで、あとは同じ音になりますので、
強引にAmスケールで弾ききることも可能です。

今後はコードトーンのアドリブを身に着けて、
このような転調にも対応できるようなアドリブスキル
身に着けていければと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




緊張しないで演奏する方法ないですかね?

あ~あ...ほんと弾けなねぇ...
なんか昔は緊張とかしなかったのですが、
最近、よく緊張するようになった感じがしますねぇ...
緊張感のないぬるま湯で生活しているからか?

実は、昨日はギター道場でした。
今回は来月発表会で演奏する曲の指導が中心でした。
先生とセッションして課題等をいただく。

私はSunnyを演奏しました。
前回のMack the Knifeでの二の舞は踏まない!(笑)
と強い決意で臨んだのですが、あえなく撃沈...
もう、身内だけのスクールでもこの状態なのに、
本番大丈夫なのだろうかと...とほほです。

前回のMack the Knifeでは、
覚えていたフレーズが飛んでしまって撃沈...
やはりフレーズを覚えても忘れてしまっては対応が無理と考え、
今回はフレーズを弾くというよりも、
指板を見てその場で演奏することを目標にしてました。
そうすれば、忘れても対応できるのかなと。
実際は、目からウロコシリーズのフレーズなんかも
途中に取り入れて演奏してます...

昨日の演奏中の心境はこんな感じ。
まずはテーマを無難に弾くぞ...
よし、アドリブだ!
あれ、出だしから音を外してしまった...
ここは無難にペンタを弾いて軌道修正だ...
あれ、なんかかっこ悪いフレーズだ...
ここは目からウロコのフレーズで起死回生を...
あれ、弾けてない(笑)
ところで今、何コーラス目だっけ?
あ、もうダメ~...終了~!

...合唱(チーン!)

もう、最初の失敗からどんどん緊張して、
いつも弾けているフレーズが弾けない
さらにどんどん悪循環で、
何を弾いてよいかわからず、
ちょっとしたパニックです...

これは何か対策をしないとまずいです。
いくら練習しても練習どおり弾けないのですから、
結構、気持ち的には重症です(笑)

原因は自分なりに分析してみました。
まず、練習している環境と異なることがあります。
具体的に言うと、使用しているアンプや音量が違います。

昨日は本番を想定して先生がペダル類を準備してくれました。
ペダルはブースター、ディレイ、歪みくらいのものです。
練習スタジオでは、当然自宅より大きな音で演奏します。
また、普段使用していないペダル等も使用するので、
なんか出てくる音がいつもと異なり、
ちょっとしたミスでもはっきり聞こえるので、
なんか、より緊張してしまったような...
大音量には慣れておかないといけないかなと感じました。

あとは、緊張感をどうなくすか...ですね。
緊張感を無くすことは不可能なので、
いかにその緊張感を許容するか?が重要ですね。
こればっかりは人前で演奏して慣れるしかないですかね?
動画撮影とかも効果的かな。

あと、緊張しても間違えないようにするために
手癖になるまで練習をしないといけないかなと思います。
おそらく、300回くらい弾いているフレーズですが、
まだまだ手癖にはなってないようです。

先は長いな...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




今年のクリスマスプレゼントどうしたものか?

徐々に寒さが増してきましたね。
ハロウィンも終わりTVのCMもクリスマスのものが増えてきました。
年の瀬が迫ってきておりますね...
私の住んでいる町も週末には雪になるとか。

さて、クリスマスの話題が出ましたので、
今年のクリスマスプレゼントをどうしようかなと。
子供向けじゃなくて自分むけね。(笑)
ただ、小遣いで購入するだけなんですけどね。

2年前はYAMAHAのギターアンプTHR10を購入しました。

こちらはリビング用の練習用アンプとして購入したのですが、
現在は書斎のパソコンにもつなげて
メインアンプとして日々使用しております。

また、昨年はZoomのマルチエフェクターMS-50Gを購入!

こちらはこのコンパクトエフェクターサイズでありながら、
47種のエフェクトと8種のアンプモデリングを搭載し、
しかも料金が8000円程度という驚異の製品!
セッション等で利用するのに持ち運びも便利かなと思いましたが、
まったく使用してません...セッションに参加していないので。(笑)
来月の発表会時には利用しようかなと思います。

MS-50Gは部屋で使用してもよいですが、
THR10にもリバーブ、ディレイ、コーラス等
基本的なエフェクターがついてますので
練習はこれで充分だったりします。

でも、セッションなんてそんなに参加するわけではないので、
今後は利用していこうかなと思います。
もったいないですしね。

さて、今年のプレゼントどうしよかな...
最近、ようやギターの音作りに興味がでてきたので、
今年もエフェクターにしようかな...

以前は、あまり音作りに興味がなく、
マルチエフェクターから好みの音を選択して、
ちょっと設定変えるくらいだったのですがね。

私の場合ストラトでジャズギターを弾いているので、
ホロウボディーに比べて音の厚みがありません。
今年はフロントのピックアップをハムに変えたりしましたが...
それを補う為にクリーンブースターとかもいいかも。

一気にエフェクターを揃えるとお金もかかるので、
MS-50Gを利用しつつ、徐々にエフェクターを購入して、
数年後にボードを組めるといいなと考えております。

1か月くらい熟考してみます。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




ドレミファソラシドを弾いてペンタに逃げるw

最近Sunnyを練習しておりますが、
ちょっと思うことがあり書いてみたいと思います。

先日お伝えしたとおりペンタトニック+αという感じで、
アドリブソロを練習しております。
具体的には、5f~8fあたりのAmペンタトニックの音をメインに、
その音の周辺にある音なんかも弾いてます。

それとは異なるアプローチで、
入門・目からウロコのジャズ・ギターのフレーズも
取り入れて練習をしております。

この教則本ではメジャー、マイナーにそれぞれに向かう
Ⅱ-Ⅴ-Ⅰフレーズがいくつか掲載されているのですが、
これらのフレーズがCメジャーでAmの並行調だからかもしれませんが、
コード進行を意識することなく、
どこで弾いてもなんとなく収まりよく聞こえるのですよね...
ちょっとアウトする感じもありますが、
結構、それがいい感じのアウト感が出ているのような...(^^;

Sunnyは1コーラス16小節ですが、
最初の8小節は下記4小節の繰り返しになります。
Am7 / Gm7 C7 / FM7 / Bm7 E7 /
Gm7 C7 FM7の部分はメジャーに向かうⅡ-Ⅴ-Ⅰ
Bm7 E7 Am7の部分はマイナーに向かうⅡ-Ⅴ-Ⅰ
と最初は意識しながらフレーズを弾いていたのですが、
ある時、コード進行を無視してフレーズを弾いてみたけど、
そんなに違和感なかったのです。
Gm7 C7 FM7の部分は部分転調されているのに...

もし、アウトが続いているな...と感じたら、
ペンタの音に逃げて収束させるという姑息な事もやってますが。

これが成り立つのはどうしてだろうか?と考えたのですが、
この曲に転調がないからでしょうか?
確かにGm7 C7 FM7はFM7に部分転調しておりますが、
FメジャーってBが♭するだけだから、
もし、Bを弾いていないフレーズだったりすると、
そのまま違和感なく弾けたりします。
例え、Bを弾いても経過音的に違和感がないとか。

個人的にはコード進行を身体で感じながら、
このコードなのでこのフレーズを...
ということができるようにならないといけないと思うのですが。

現状、私のSunnyのアドリブは
ドレミファソラシドでフレーズを弾いて、
アウト感がある音を弾いたらペンタに逃げる

てな感じになってます。
とても乱暴な解釈だ。(笑)

ここで終わったらダメだと思いますので、
コード進行を意識してフレージングする練習も
今後は実施していきたいと思いますが...
ただ、こういう解釈もありかなと。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




8分、3連、16分音符をしっかり弾く練習

現在、基礎練習としてハイブリッド・ジャズ・ギター完全マニュアルを実施してます。
この本に掲載されているシーケンスフレーズ等は、
手癖にしておくととても重宝しそうな感じがしています。

レベル的には初心者から上級者までカバーしている本です。
書かれている理屈(理論)はそんなに難しくありません。
まだ途中までしか読んでませんが...
個人的にはむしろ初心者にはお勧めの理論です。

ただ掲載されているフレーズを完璧に弾こうと思うと、
140bpmくらいのテンポで16分音符をひかないといけないので、
ハンマリング、プリングオフを駆使する等、
かなり高度なテクニックが必要です。

私は当然そのようなギターテクニックがないので、
まずは弾ける範囲のテンポで8分、3連、16分音符をしっかり弾く練習をしてます。
苦手なプリングオフの練習も少しはしますが、
まずはオルタネイトでしっかり弾けるように練習してます。

今やっている練習はABCスケール理論に基づいたメジャースケールを
60bpmのテンポで8分音符、3連符、16分音符で弾く練習をしております。
DVDでは最初はオルタネイト、次はハンマリング・プリングで弾いてますが、
まずはオルタネイトで練習をしております。

これが結構難しいです...
特に8分音符から3連符に切り替わる部分。
メトロノームでリズムをとりながら弾くわけですが、
8分音符は弾けるのですが、
続けて3連を弾こうとするとリズムが崩れます。

基本的には同じフレーズを弾いてますので、
8分音符と3連符では拍の頭に弾く音がかわります。
これもリズム感のない自分には結構難しくしている要因です。

もちろん何度も弾いていると段々と合ってくるのですが、
16分音符に変えた途端リズムが崩れたり...そんな状況です。
現在は60bpmですらこの状態なのですが、
今後は100bpmで16分音符を弾けるようにはしたいですね。

このリズム練習はギターがなくても練習できます。
スマホのメトロノームを鳴らして、
8分、3連、16分音符のリズムを口ずさむのも良さげです。

ただ、ギターの練習も必要ですがね...
あるフレーズで弾けるようになっても、
フレーズが変わるとまた弾けなくなったりしますので。

最近の朝練はこの基礎練習がメインとなっております。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




目からウロコのジャズ・ギターは使えるフレーズが多い!

今月も練習は充実しております♪
2時間練習したら、さっさとお酒飲んでリラックス。
時間を決めた方がその中で効率的に練習しようと考えるのでよいですね。

あと、教則本の練習に時間を割かないようにしたこともよいかも。
黒本でメロディ弾いたり、コードトーン弾いたりする練習の方がすごい充実感があります。

教則本を2冊もやっていてどの口が言う~wって感じでしょうが、
実は以前より時間は割いてません。

ハイブリッド・ジャズ・ギター完全マニュアルはどちらかというと基礎練習に使用してます。
8分音符をちゃんとレガートに弾く練習の為に毎日少しづつ進めてます。

入門・目からウロコのジャズ・ギターは現在は先に進めることを止めており、
ここで練習したフレーズをSunnyのアドリブに応用したりしてます。
よって1日の練習時間の半分以上はSunnyの練習に充てております。

昨日も入門・目からウロコのジャズ・ギターのフレーズを当てはめて練習していたのですが、
こちらのフレーズはCメジャーのⅡ-Ⅴ-Ⅰフレーズになっており、
SunnyKeyはAm(Cメジャーの並行調)であるので構成音は同じなんですね。

使っている音もペンタの音もたくさん利用されているので、
あまりⅡ-Ⅴ-Ⅰのコード進行を意識しなくても、
そんなに違和感なく収まります。
こんな使い方でよいのでしょうか...

あと、入門・目からウロコのジャズ・ギターは結構使えるフレーズが多いと思います。
手癖にしておいた方がよいフレーズと言いましょうか...
以前やっていた教則本もフレーズを覚えて、
コード進行に当てはめるというコンセプトでしたが、
今考えると、フレーズが自分には合わなかった(つまらない)かなと思います。

そういう意味では入門・目からウロコのジャズ・ギターは、
同じコンセプトにも関わらずやっていて楽しいですよ。
まだ、途中までしかやってませんが、初心者にはいいのではないでしょうか。

次の道場まで10日間なので、なんとかそこまでにSunnyを形にできるように
頑張って練習したいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



練習時間管理アプリ Toggl

閑話休題

私はギターのトレーニング時間を2014年から計測してます。
毎日ギターを弾くとどれくらい上手くなるか?
を検証してみたいと思って、練習時間を計測するようにしました。
人によると思いますが、私にはこの方法がモチベーションアップに寄与しまして、
昔は週末に30分とかしか練習しなかったのが、
今では1日平均で1時間以上練習するようになりました。

もう時間に縛られるのもな...と考えた時期もあったのですが、
最近は平日2時間練習を目標にしているので、
引き続き計測を継続してます。

これまではスマホのアプリで毎日の時間を計測しておりましたが、
無料アプリのせいか、昨年からバージョンアップが実施されないようになり、
新しいOSに対応せず、一部表示ができない部分等が発生しておりました。
まあ、大勢に影響はないのでそのまま使用してきていたのですが、
ある日突然データがなくなってもな...と思い
エクセルでも記録するようになりました。

ただ、近々スマホを更新する計画もあり、
そうなると、完全にアプリが使用できなくなる可能性もあるな...と思い
他の同様のアプリを探したのですが、
イマイチ、よいものが見つかりません。
ただ、ストップウォッチで計測して、日、月、年とかで
表示できればよいだけなんですけどね。

しつこく探しておりましたらあるアプリに辿りつきました。
それはTogglというアプリ(サイト)です。
これは時間管理ツールで、ビジネスで開発時間を計測したりする為のものらしく、
スマホのアプリでも、PCのウェブでも利用できる点が便利です。

Projectを作成(私の場合Guitar Training)して、
ストップウォッチで計測するだけです。
もっと拘ればどんな練習をしたか?まで区別して計測可能ですが、
あまり複雑にしてもね...これまでも計測してなかったし。

また、過去のデータもCSV形式で取り込むことができました。
エクセルで管理しておいてよかった(笑)

レポートという項目をクリックすると、
このようにその週の作業時間の記録が確認できます。
もちろん、先週、先月、今年、昨年等いろいろ確認できます。
toggl_20171106.jpg
個人的にはウェブから記録できるのもいいですね。
スマホはiReal Proを利用したりするので、
練習時にいろいろなアプリを起動させないといけないのですが、
時間計測がPCでできると便利です。
私はギターを弾く際は、PCの前で弾くことも多いので。

ただ、日本語版がないのでちょっと残念ですが、
直観的に利用できるので問題ないと思います。

ギターに限らず、何か時間管理をしたいと考えている人には
便利なアプリになりますので、ぜひ利用してみて下さい。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




目からウロコのフレーズを利用してみる

さて、また3連休ですね。
今年は休みが少ない年だと聞きましたが、
なんか3連休は多いような...

今回の3連休もギター三昧としたいと思ってます。
今回の3連休の課題は、
Sunnyのアドリブの引き出しを増やす!
ことに取り組んでおります。

今、Sunnyは毎日コードトーンやら、
ペンタトニックの音を拾いながら練習しているのですが、
ちょっと、ワンパターンな感じになってきました。

誰かのフレーズをコピーしようかなと思ったのですが、
そういえば、今実施している入門目からウロコのジャズギターでも、
繰り返しフレーズの練習をしているんですよね。
特に、マイナー、メジャーに向かうドミナントフレーズを中心に。

Sunnyのコード進行を確認したところ、
2小節目がGm7-C7-FM7というFメジャーのⅡ-Ⅴ-Ⅰ
4小節目がBm7-E7-Am7というAマイナーのⅡ-Ⅴ-Ⅰ

となっております。

折角練習しているフレーズなので、
Sunnyにも応用してもみようと考えました。
教則本はKeyがCのフレーズになっておりますので、
それぞれ転調する必要があります。

メジャードミナントフレーズでは、Fメジャーにする必要がありますので、
フレットを5つずらす必要があります。
実際には7f付近の音を使用しておりましたフレーズが
12fまでずれてしまうことになります。

まあ、このまま弾いてもいいのですが、
折角Amペンタを多用していることもあるので、
5f~7f付近で弾きたいなと考えました。

そう言えば、6弦C音の下がFだよな...と思い出し、
一つ弦を下げれば5f、7f付近で弾けるのではないか?と考えて、
弾いてみたところ、おお!なんとかいけそう♪。
当然、2弦が入ってくるので、その音をずらす必要があるですが、
なんとか音を探しながらフレーズを確認。

iReal Proで4小節をリピート演奏して、
このフレーズを弾いてみます。
おお!行けんじゃ!☚当たりまえ...(^^;

ただ、同じフレーズを弾いていても忘れたらおしまいなので、
どの音を使っているかを確認して、
リズムを変えたり、ペンタの音もつなげてみたりしながら、
いろいろなフレーズを弾いてみました。

今のところ3種類くらいのフレーズを取り込んでみました。
10個くらいフレーズがあるので、
連休中にそれを利用しながら、
自分なりのアドリブを挑戦したいと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか6年間継続することができました。(2017年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR