【レビュー】入門・目からウロコのジャズギター

入門・目からウロコのジャズギター

こちらの教材は超有名の教則本であり、
ベストセラーですのでレビューの必要性はないかもしれません。
ジャズギタリストの菅野義孝さんの教則本です。

目からウロコシリーズはいろいろな本が出版されてますが、
こちらはタイトルどおり初心者向けの本になります。
ギターは経験があるが、ジャズはまったくの初心者、
アドリブの仕方がわからないという方向けの本ですね。

教則本のタイプとしては、所謂Ⅱ-Ⅴ-Ⅰのフレーズ等を覚えて、
コード進行に当てはめてみましょう
というありがちなものです。
以前、利用していたジャズギタ-アドリブ・シンプルマスタ-と同じです。
ただ、私には目からウロコの方があっていました。

その理由としては、掲載されているフレーズが良かったことがあります。
フレーズの好みは人それぞれですが、自分にはあってましたね。
実際、この本を終えればFly Me to the Moonのアドリブや
Take the A Trainアドリブはそれなりに弾けるようになると思います。

こちらの教則本はとても薄いのも初心者には好印象ですね。
最後までやり切れそうな気持ちになります。
ただ、私はかなりじっくり取り組みました。
掲載されているドミナントフレーズはそれぞれ1000回は弾いたと思います。
そのおかげで、現在も私のアドリブの手癖フレーズになりつつあります。

この手癖フレーズがあるだけで、
アドリブをやる上で随分と気持ちが楽になった事は確かです。
そればっかり弾いているのもどうかと思いますが、
それは今後の課題ですね。

少し残念な点を挙げると、
教則本に掲載されているフレーズがすべてDVDに入っていない事、
DVDよりCDの方が使い勝手がよいのではないか?
ということですかね。

特にアドリブをしてみよう2の部分では、
アドリブをしてみよう1同様に、何か実際の曲のコード進行に合わせて、
実際に使って練習するような試み
は正直欲しかったです。
ま、iReal Proを使って自らやればよいのかもしれませんが、
教則本としてはそこまでやって欲しかったですね。

ただ、ジャズギターを開始して約2年間
ジャズギターのアドリブのやり方が分からず、
黒本の曲を練習しても何を弾いたらわからず

悶々としていたのですが、
こちらの本を終えて、小さなハードルを越えられたことは、
とても自分には大きかったです。

現在は、毎月1曲あたらしい曲に挑戦できるようになり、
日々こんなフレーズはどうか?とか考えながらアドリブできるようになりました。
まだ、手癖のフレーズを組み合わせているだけと言えばそれまでですが、
今後は、このような課題もクリアできるように
練習をしていきたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

どうやってインプットを増やそうか...

先日、入門・目からウロコのジャズギターの終了を連絡しましたが、
よい機会であるので練習メニューの変更も検討中です。
教則本としてはペンタ+αでジャズ・ギター・フレーズを徹底攻略を練習し、
あとは課題曲の練習と、ドレミでアドリブを細々とやっている感じです。

ペンタ+αは毎日30分くらいやってますが、
進捗が思わしくないので、少し時間を多めに割いて
ペースアップしていきたいと思います。

ただ、課題曲の練習については、
目からウロコのフレーズが中心でしす、
ドレミでアドリブに関しても
自分でフレーズを作るのも限界を感じており、
やはり継続的にインプットをしていく必要性を感じてます。

そこでインプットの為に何かよいアイデアはないかと熟考した結果、
自分の机の本棚に未使用の教則本が1冊...(^^;
ギター無窮動トレーニング 効果絶大のノンストップ練習

こちらの本は実は1年くらい前に購入したのではないでしょうか。
アドリブの方法についていろいろと調べていた際に、
とても評価が高かったので購入してみたのですが...
圧倒的なボリュームに怖気付いて本棚にしまっていたのですよね。

こちらの本は有名ですので説明が不要かもしれませんが、
ジャズの定番のコード進行に合わせて、
ひたすら8分音符を弾き続ける
というストイックな内容...

一番怖気付いた理由がその楽譜が長いこと!
途中でページをめくらないと弾けないボリュームで、
これは暗譜も不可能だなと諦めておりました。
また、このボリュームを練習したところで、
そのコード進行でしか使うことができないのではないか?
と考えたので進めることに躊躇していました。

この本に使い方に関しては著者もHPで述べてますが、
フレーズの辞書的な役割もあるので、
2小節、4小節切り取って集中的に練習することも可とのこと。
ページ数もかなりあるので、これをすべて弾ける人いるのかな...
どうやって皆さん練習しているのだろう。

今回はビバップ的なフレーズを8分音符で弾き続ける練習
も兼ねたいと考えておりますので、
とりあえず、1日30分程度練習を継続してみて、
その効果を体感してみたいと思います。
しかし、最後までたどり着ける気がしない...(笑)

この本シリーズ化されておりまして、
基礎編なんてもあるようです。
こちらは4分音符で弾く練習のようです。


↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



そもそも譜面を読み間違って演奏していた様子...

昨日はギター道場でした。
テーマはスケールを早いテンポで弾くというもの。
先日ブログでも取り上げさせていただきましたが、
より詳細について解説いただきました。

目標としてはテンポ240くらいで
8分音符を正確に弾けるようになること。
先生曰く、早いテンポで8分音符を正確に弾けないと、
スイングもしないし、グルーブも出ない。

まずは、スケールの上下だけでも
このテンポで弾けるようにすることが大切と。

メトロノームで240を鳴らすと
ちょっとせわしないので、半分のテンポ120を
2拍4拍でならして8分音符を弾くことが目標
です。

一人づつメトロノームに合わせて弾くのですが、
結構、経験豊富な方でも苦戦しているのが意外でした。
私はもちろん大苦戦でしたが。
私は75くらいまで落として弾きましたが、
ちょっと覚束ない感じです。
1日1テンポアップを目指して120を目指したいと思います。

セッションは予定どおりOne Note Sambaを演奏。
予定外だったのが、まさかの隣の人も同じ曲だったこと。
演奏は相変わらずだったのですが、
そもそも譜面を読み間違って演奏していたようです。

最初、1拍食って演奏するのですが、
小節の頭で弾いておりました。
どうりで皆さんと合わない訳だ...(^^;
しかし、iRealではなんの違和感もなく
演奏していたのはどうしてだろう。

6月の発表会には隣の方と一緒に演奏する可能性もなるので、
こちらはしばらく練習を継続したいと思います。
日々精進ですな。

さて、来月の課題曲はどうしようかな...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



とりあえず終了~♪

突然ですが、入門・目からウロコのジャズ・ギターを終了します!

現在はアドリブしてみよう2という章で
リディアン7thやディミニッシュのスケールを学んでいるのですが、
どちらかと言うと、フレーズの紹介とどのコードで使用するかの説明がメイン
実際の練習することが少ないのが理由です。

ディミニッシュに関しては簡単な練習用のトラックも収録されてますが、
例え、今何百回と弾いても、実際にディミニッシュを弾く機会がないと、
あまりその効果は得られないだろうと判断しました。

ただ、この章がダメだ(やる必要がない)と言うわけでなく、
今後実施する課題曲でリディアン7thやディミニッシュを弾く機会があれば、
その際は、この本を参考にさせてもらうのがよいかなと思いました。
いずれ正式にレビュー投稿をさせていただきたいと思いますが、
この本でおかげで少しハードルを越えることができたかなと。

こちらに収録されているフレーズ、
特にドミナントフレーズに関しては1000回以上弾いてます。
そして、手癖になりつつありますし、
今練習しているOne Note Sambaも基本はこの本のフレーズで弾いてます。
いずれは、このフレーズしか弾けないということで壁を感じると思うのですが、
この本を実施したおかげで、いろいろな曲に挑戦できるようになりました。
そう言う意味ではとても感謝してますね。

ただ、この本ベストセラーですからね...
この本挑戦している人が私の演奏を聴くと、
あ、目からウロコシリーズやっているな!とすぐばれちゃうんですよね...
使用はほどほどにしないと。

さて、今日はギター道場なので、
頑張ってOne Note Sambaを演奏してきます!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



音感を鍛えるトレーニング

最近新しい取組みを実施しております。
それは何かと言うと耳コピです。

リズム感、音感がない自分にとっては、
とても苦手な分野です。
昔、キーボードやっていた時も毎回先輩に、
「音違うぞ!」って怒られてましたし...

ギターに再挑戦しようと決めた際にも、
あまり苦手な事には手を出さないでおこう
と心に決めておりました。(笑)
そうじゃないと、すぐに挫折すると思っていたので。

ただ、6年間もギターが継続した今となっては、
つまらない基礎練習、苦行の耳コピなんかにも
挑戦したいという気持ちが出てきたのも確かです。

最初はあまりハードルを高くすると良くないので、
とりあえず、1日1個ワンフレーズを目標に実施してます。
これでも結構時間がかかるのですがね...

最近のデジタル機器は、スピードを自由に遅くできる
再生ソフトなんかもあるので、ほんと便利になりました。
あと、少し音楽理論的なものも身に付いているので、
それを利用して想像しながら実施してます。

耳コピを始めた理由としては、
音感を鍛えたいということが1番の理由です。
耳コピで音を拾っていると、
だんだんと度数の音感なんかも身に付いてくるかなと。
そうすれば自分が思いついたメロディを
ギターで表現できるようになるのでは?
と考えたからです。

現在はOne Note Sambaのプロの動画から、
ワンフレーズを耳コピして、
アドリブのネタにしております。

音楽理論を知って耳コピすると、
ただそのフレーズを覚えるだけではなく、
フレーズの作り方のコツなんかも見えてきますので、
とても勉強になりますね。
ああ、こういう音使いでフレーズ作っているんだぁ...なんて。

音感も身について、ネタも増えれば
一石二鳥ですね。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



物欲が沸々と...

最近、ギター関係の物欲が沸々と湧き上がっており、
それを押えるのに必死なのですが(笑)
ちょっと、小銭をもっているので、
お金がなくならないうちに今のタイミングで
購入してしまった方がよいかな
...と、心の悪魔が耳元で囁いて困ります。(^^;

まあ、何があっても年内(恒例のクリスマスプレゼント)には
購入しようとは思っているのですがね。

今、一番欲しいのはこれ。
DV MARK JAZZ 12(DVM-J12)

とてもシンプルにコントロールができて、
つまみはMaster/3-Band EQ(Bass / Mid / High)/Reverbのみ。
イコライザーもほぼフラットでよい音が出せます。

あと驚きなのがその重量です。
そのサイズから想像して気合いを入れて持ち上げると、
軽く持ちあがるのでとても持ち運びに便利です。

同じシリーズでLITTLE JAZZという小型のものもありますが、
室内ではこちらでも充分らしいのですが、
こちらを購入した方は、
結局、DVM-J12を購入した方が良かったと思う方がとても多いようです。
まあ、田舎住まいなので、そこそこ大きい音出せる環境なので、
私はDVM-J12が良いかなと思っております。

なぜか最近、サウンドハウス等でも値下げされております。
なぜでしょう...?為替の影響でもなさそうですし...
本日時点でもamazonでもLITTLE JAZZの方が値段が高くなっております。

こちらは限定色の黒もあるようですが、
個人的には白の方が好みですね。
地元の楽器屋さんで箱がつぶれたという理由で、
破格値で売り出していたのですが、
白なら即買いだったのですがね。
もう売れたかな。

しばらく価格ウォッチしながら、
最安値で購入できればなと思っております。


↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



ペンタ+αでジャズ・ギター・フレーズを徹底攻略の進捗

現在少しずつですが実施しておりますこちらの教則本ですが、
amazonでもレビューがなく、ネットにもあまり情報がないようですので、
現状の感想なんかを書いてみたいと思います。
ペンタ+αでジャズ・ギター・フレーズを徹底攻略

現在はChapter2を実施しておりまして、
メジャーペンタ、マイナーペンタを練習しております。
一応、ジャズに特化したペンタの教則本ですが、
今のところジャズっぽさはあまりないかな...
少なくともビバップ感のあるフレーズはない。

まあ、個人的にはビバップに固執しているわけではありませんので、
全く気にしてはないのですが、
所謂、フュージョン系を意識した本になっているようです。

ロックとジャズフュージョンを比較した場合、
ペンタのスケールを音1つ飛ばしで弾くケースが多いのが、
ジャズフュージョンの特徴のようです。
よって、その為の基礎練習のようなフレーズが多いです。

想像できると思うのですが、
ペンタトニックを5つに分けて指板を考えた場合、
各弦に配置される音は2音であり、かつ、
上下の弦で同じフレットであるケースがとても多いです。
つまり、音を1つ飛ばすということは、
同じ指で違う弦を続けて弾く
ジョイントというテクニックが必要になります。

このジョイントの基礎練習が結構難しいうえにつまらん...
以前も書きましたが小指で5弦、6弦ジョイントなんで
私には不可能に近い感じです。(笑)

まあ、あまりこのような練習をする機会もないでしょうから、
毎日少しづつ継続しております。

私はロックを演奏していた時も、
ペンタでアドリブをバリバリ弾けたわけではないので、
フレーズに作り方等は参考になるかな。

ただ、ロックを長年やっていて
ペンタでバリバリ弾いていたぜ!!って方には、
そんなに必要ないかもしれません。

その方はこちらの本の方が良さそうな...
私は利用してないのでわかりませんが...
ペンタトニック・コンセプト完全マニュアル

今後も状況を報告させていただきたいと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



フレーズの終わり方が難しい

すっかり春の陽気♪
今年は大雪だったので気持ちも安らぎますね~。
今月は出張も飲み会もなく(飲み会は断っているのですが...)
ギターの練習は充実しております。

苦戦していたOne Note Sambaもなんとか形になったかな。
...と言っても目からウロコのフレーズを弾いているのだけなので、
もう少し工夫してアドリブできるようにしたいと思います。

平行して取り組んでいる「ドレミでアドリブ」ですが、
こちらもOne Note Sambaに取り入れながら練習もしてます。
まずはそのKeyのダイアトニックコードだけでフレーズを考えて、
iReal Proのオケに合わせてそのフレーズを弾く
ということを地道にやっております。

ただ、ペンタ一発でもそうなのですが、
自分でフレーズを作る際に、
最後の音をどうするか?で結構悩んでしまいます。
なんか適当に弾いていると
しまりのないフレーズになってしまうのですよね...

本来であればバックで演奏されているコードトーンで
フレーズを終えると安定する
のだと思うのですが、
「ドレミでアドリブ」の場合、あまりコードを考えずに、
そのKeyの構成音でメロディを作る感じなので、
コードトーンという概念があまりないのですよね...

でも、プロの方が同じような事をやった場合、
しまりのないフレーズにはなりません。
それは譜面を見て、そのコードトーンで終わるように
瞬時に弾いているのかもしれません。

ただ、現状私には無理...

あとは、バックの演奏を聴いて、
頭に浮かんだメロディ(フレーズ)を弾いているので、
そうならないのかなと思います。

自分でも頭に浮かんだフレーズは、
それなりに終息している感じはありますもんね...
ただ、それを再現できないんですよ(^^;
やっぱソルフェージュやらないとダメなのかな...

とりあえず、自分でフレーズ作る時も
声を出すようにしてますので、
自然と相対音感が身に付くとよいのですが...
もう歳だから無理かな。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



まずはしっかりスケール練習を!

スケール練習をした方がいいよ

アドリブに対するアドバイスをいただいた時の先生の言葉です。
よく初心者の方(私も含め)から聞く言葉に
スケール練習しても順番にしか弾けるようにならず、
アドリブが弾けるようにならない!

というのがありますよね。

でも、先生はあえて私にスケール練習の課題を与えました。
それを自分なりに考えてみました。
確かにスケール練習だけをしても
アドリブができるようにはならないと思います。

でも、まずはスケールくらいきっちり弾けないとアドリブどころではない
という事かなと思います。

先生が最近よく言うのですが、
曲にはグルーブがあって、
そのグルーブはある程度のテンポで弾かないと
そのグルーブ感が出せない。


もちろん、バラードやテンポの遅い曲は
ゆっくりでもいいかもしれませんが、
私が挑戦していたBlue BossaSunnyなどは、
かなりテンポ早い曲なので、
それなりのテンポではないとグルーブ感が出しにくいです。

このような場合、初心者はスピードについていけないので、
テンポを落として練習をしようとします。
テンポを落とすと、グルーブ感も違いますので、
そこで生まれてきたアドリブもグルーブ感がないものになってしまいます。

では、グルーブ感を出すために、
ある程度のテンポでも弾けるように練習しなければなりません。
その為の基礎練習がスケール練習なのだと思ってます。

現状、2-4のリズムで60(120bpm)くらいから練習をはじめ、
目標としては100(200bpm)を目指しております。
これを8分音符、3連符、16分音符を適当に織り交ぜて、
時にはKeyも変更しながら練習をしております。

現状、85(170bpm)くらいになると、
3連符、16分音符は怪しい感じですね...(笑)
このあたりが私の現在の限界なのだと思います。

こちらの練習は毎朝15分程度練習してます。
まずは8分音符を100(200bpm)できっちり弾けるようにしたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



頭で考えたフレーズを耳コピする

前回の記事でOne Note Sambaのリズム(ノリ?グルーブ?)が
アドリブには大切なのではないか?と書きました。

でも、どうやったらリズムに合わせてアドリブできるかな?
と考えたのですが、とりあえず、口で歌ってみようと。
そして、それをギターで弾いてみようと考えました。

恐らくですが、口で歌って違和感がないのであれば、
その音程はスケール内の音を拾って歌っている可能性が高いので、
自分で口で歌いながらギターで音を探します。
そうです、自分の歌を耳コピです。

しかし、これが結構難しい...
口ずさんだフレーズをギターで弾くのですが、
ギターで間違った音を弾いてしまうと、
そのギターの音につられてしまって、
考えていたフレーズが飛んでしまうのですよね。

なんか、自分の考えたフレーズなので、
もっと簡単にギターで耳コピできるかなと思っていたのですが...

で、ギターで正しい音を探していると、
どんどん、違うフレーズになってきて、
収まりがつかないフレーズになってしまって...
こんなことを小一時間くらい奮闘してましたね、昨日は。(笑)

ブログを書いている今でも頭の中には結構明確に
アドリブソロ、フレーズが流れている
のですが、
それを再現できないのですよね。
もう、1回録音した方がよいかな?

リズム感もないけど、昔から音感もなかったしな...
耳コピとかとても苦手で、
ギターの練習を初めても耳コピは避けてましたしね。

でも、結構有名なプロの方なんかも
耳コピを勧める人が多いですよね。
この小一時間は無駄ではなかったかな?

確かに、音感を鍛える練習にもなるが、
スケールを覚える練習にもなるかなと思います。
探す時に、当てずっぽうで音を探すより、
まずはスケール上の音から探すので、
耳コピしたフレーズが、
スケールのどの音を弾いているのか?
スケール以外の音を弾いているのか?

等を認識しながらフレーズを弾けます。

だから、忘れても応用が効きやすいのかな?
スケールのこのあたりの音をこんな指使いで弾いていた
という感覚が残っていれば、ある程度のフレーズは弾けるので。

これがどのスケール上の音を弾いているかわからないと、
ただ、そのフレーズを覚えただけで、
転調してそのフレーズを使えなかったりするので。

実際、耳コピしながら、頭で考えたフレーズではないが、
こんなフレーズもいいなと思うリックを発見できたりしますね。

こんな感じで昨日はAメロだけを格闘しておりましたが、
なんとか1コーラスくらいはアドリブできるようにしたいですね。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか6年間継続することができました。(2017年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR