簡単にそうに見えて難しい

とうとうGW突入しましたね~♪
ギター三昧にしよっと。

現在の課題曲Summertimeですが、
こちらの教則本にも収録されております。
てか、掲載されているから選んだということもあるですがね...(笑)
はじめてのジャズギター カラオケCDでジャズセッションを体感

テーマの弾き方なんかは結構勉強になります。
ただ、難しいですね~。
ロックバリバリ弾いていたギター経験の長い方には
問題ないかもしれませんが
経験が少ない自分にはなかなかのやり応えです。

タイトルに「はじめての」とありますが、
間違ってもギター初心者が手にとってはいけません。(笑)
ま、いきなりジャズギターする人もいないかもしれませんが...

まずどの曲もテンポが速めです。
ですので、基本スピード落として練習してますが、
これが、なかなか苦手な運指のフレーズが多くて苦戦してます。

楽譜見るかぎりには、ほぼ8分音符のフレーズなのですが、
スピード落として、これだけ苦戦するとは思いませんでした。
St.Thomasもそうですが、1コーラスコピーするので精一杯でした。

ただ、演奏自体は結構、気持ちいいです。
普通にBGMとして聴いても心地よく素敵です。
完コピーは難しいので、所々気に入ったフレーズがあれば、
その部分を抜きだして練習しようかなと思っています。

この本は初級、中級、上級と区分されているのですが、
初級でこの難しさだと、上級になったらどうなってしまうのだろうか...
難易度は曲の話であって、模範演奏のレベルは同じだとよいのですが...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

フレーズのストック方法

現在、今月の課題であるSummertimeを中心に練習をしておりますが、
6月の発表会を見据えて、過去に挑戦した曲も練習してます。

たまに過去曲を練習するのもいいものですね~。
結構、どんなフレーズ弾いていたのか忘れているものも多いです。
過去の曲は「入門・目からウロコシリーズ」のフレーズを多用していたのですが、
あれだけ繰り返し弾いて練習したのに、
1か月くらい練習していないと、ろくに弾けなかったりします。

フレーズの中には完全に手癖になりつつあるフレーズもありますが、
まだ、そこまで到達していないフレーズも多く、
フレーズを覚えておくことが重要なわけではないと思うのですが、
やはり、ある程度ストックとして手癖フレーズがあると重宝するのかなと。

ある一定期間で集中的に記憶することもよいのですが、
数日置いた後に忘れたフレーズと出会うことで
記憶が定着することがありますよね。

「あれ~...どこかで会ったような...」
「そうだ!あの時に会った人だ!」

なんてことがあると、記憶に残りますよね。

ですので、1日に弾くフレーズはあまり数多く弾かないようにしてます。
なんとなく指に馴染んで、現時点で暗譜できていれば、
次のフレーズに取り掛かったっております。

で、当然、次の日弾こうとすると、
すっかり忘れているww
なので、再び暗譜するまで練習...

これを数日繰り返して完全に手癖になったな...と思った時点で
しばらく弾きません

そして、数か月後に弾いてみて、
「あれ?これ弾いたことあったかな...」
「あ!数か月前に何度も弾いたわ!」

と思い出せれば、記憶に定着するかな。

ま、全く思い出せないケースもあるんですがね...(^^;
こんな感じでフレーズのストックが増えていけばよいかなと。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



ペンタトニック+ブルーノート

先週までなかなか練習ができなかったのですが、
今週は週末からなんとか立て直しまして、
充実した練習生活を送っております♪

来週はGWですからね~。
GW中になんとかSummertimeを形にしたいものです。

さて、ペンタ+αでジャズ・ギター・フレーズを徹底攻略ですが、
現在Chapter3のメジャー・ペンタトニック+ブルーノートに突入しております。

ブルーノートもちろん名前はよく聞いてますが、
正確にどんな構成音?と聞かれると即答できなかったりします。
よく、マイナーペンタにはb5を加えると、
ブルージーになるなんて言われてますよね。

こちらの本では簡単にブルーノートの解説があり、
メジャースケールの内、3度、5度、7度をフラットさせたのが、
ブルーノートらしいです。

また、今回のテーマであるメジャーペンタには、
b3度とb7度を使うことが多く、
次の章のマイナーペンタにはb5を使うことが多いようです。
ということで、現在は、b3とb7をぞれぞれ追加した場合の練習をしてます。

音が1個増えただけなんですけどね。
それでもちょっと複雑になりますね。

特にメジャーペンタ+b7はそのKeyの7thコードの構成音をすべて含むので、
例えばC7の時はCメジャーペンタ+b7が有効に使えるようです。

しばらくは理屈抜きでフレーズを練習して、
b3、b7の位置を認識できるようにしたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



Summertimeのコード進行アナライズ

先週は出張やら飲み会やらでろくに練習ができませんでした。
今週からは気持ちを入れ替えて練習したいと思います。

さて、今月の課題曲であるSummertimeですが、
基本はAm一発で演奏できるようですが、
念のためコード進行アナライズを実施したいと思います。

Summertimeは16小節ワンコーラスとなってます。
メロディがほぼペンタトニックスケールでできています。
KeyはAmになりますね。

最初の4小節は下記となります。
|Am7  |Bm7(b5) E7|Am7  |Am7  |
2~3小節目はマイナーのⅡ-Ⅴ-Ⅰになってます。
ダイアトニックコードではEm7になりますが、
ドミナントモーションにする為にE7になってますね。

つまり、Gが半音上がってG#となってますので、
Aのハーモニックマイナースケールになりますね。
トニックであるAに導くのに終止感がない為、
Gを半音上げてAへのリーディングトーンとしている
...のだったかな?

基本Amスケールでアドリブは可能ですが、
Ⅱ-Ⅴ-ⅠではG#を意識した方が良さげですかね。

次の4小節はこんな感じ。
|Dm7  |(F7)  |Bm7(b5)  |E7  |
後半の2小節は次の小節のAmに続くⅡ-Ⅴ-Ⅰですね。
2小節目のF7はなんなんだろう...
Bm7へのドミナントモーションだとするとF#だし...
ちょっと後で調べてみようっと。

次の4小節は下記です。
|Am7  |Bm7(b5) E7|Am7  |Dm7 G7|
最初の3小節は1~3小節目と同じですね。
最後の4小節は、次のC△7に向かうⅡ-Ⅴ-Ⅰですね。

最後の4小節ですが、
|C△7 F△7|Bm7(b5) E7|Am7  |Bm7(b5) E7|
Bm7(b5)-E7-Am7は何度も出て来ているのでいいのですが、
F△7が登場してますね...
まあ、ダイアトニックコードなので登場して問題ないのですが、
なんか、さっきのF7といい何か理由がありそう...

大ざっぱに言うと、Aマイナースケール、
Aハーモニックマイナースケール等でアドリブすれば問題なさそう。
Aマイナーペンタでも大丈夫ですね。
ただ、Ⅱ-Ⅴ-Ⅰの部分はドミナントフレーズなんかも弾いて
ジャズっぽさも出してみたいところですね。

確か、下記教則本でSummertimeのコード進行分析を実施していたので、
ちょっと後でF7やF△7の部分の解説がないか確認してみよっと。
ギター・マガジン 最後まで読み通せるジャズ理論の本


↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



今月の課題曲を決定!

さて今月の課題曲ですが...
Summertimeにしようと思います!!

Summertimeはジャズ経験者であれば誰でも知っている
スタンダード中のスタンダードですよね。
いろいろなアーティストが様々なアレンジで演奏してます。
John ColtraneSummertimeなんて原型がないくらいですw

私も過去に少しだけ挑戦したことがあったのですが、
まだジャズは初めたばっかりであった為、
挫折してしまったのですよね...
そこ頃はペンタでアドリブもままならない状態であったので。

コード進行分析は今度改めて実施したいと思いますが、
たしか基本はペンタ1発でアドリブできたはず...
今やっているペンタの教則本のフレーズを取り入れたり、
これまでならったジャズ的なフレーズも取り入れて
アドリブをしたいと思います。

しかし、1か月に1曲なんて目標やめとけばよかったな...
結構、大変だわ。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



スピードについていけない!

現在取り組んでいる教則本ですが、
CHAPTER2 マイナー・ペンタトニック・スケールに取り組んでおります。
ペンタ+αでジャズ・ギター・フレーズを徹底攻略

こちらの本は各章の最後に
おさらいとして短い練習曲が収録されております。
この練習曲には結構使えそうなフレーズが集録されており、
何度も練習して手癖にしたいなと考えております。

でも結構難しいのですよね~。
CHAPTER2の練習曲は、テンポが速い上に、
ブリッジなんか頻繁に出てくるので
結構弾くのに苦労してます。
ここでも演奏技術不足を痛感しております。

現在スピードを85%くらいに落として繰り返し練習してますが、
なかなかオリジナルのスピードに到達しません。
かれこれ2週間くらい練習してるのではないかと思います。
だいたい30分/日くらいは練習しているので
合計で7時間くらい練習しているのですがね...

この各章の練習曲は今後も手癖にするまで
弾きこんで行こうと思いますので、
とりあえず、今回はこの程度にして、
次の章に進みたいと思います。

後で戻ってきた時に弾けるようになっているとよいのですが...

しかし、メジャーペンタとマイナーペンタ練習したけど、
構成音同じだし、正直どのような違いがあるのか
いまいちピンとこないのですがね。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



演奏技術不足が露呈

昨日はギター道場でした。
昨日はセッション方式による講義でした。
各自やりたい曲をセッションして、
課題について解説、アドバイスをいただく
感じです。
これが結構勉強になります。

他の人の演奏を聴くこともそうですが、
知らない曲を覚えることができるのもメリットですね。
私は当然St. Thomasをお願いしました。

ただ、こちらの講義が終わった後にも
セッションコーナーがあるので、
過去に練習した曲も準備しておかないとダメですね。
今度から最低2曲くらい練習しておかないと。

St.Thomasは相変わらずな仕上がりですが、
やはり演奏技術が劣っていることが課題であると
改めて再認識しました。

これまでは自宅では弾けるのに、
セッションになると緊張して弾けない!と思っていたのですが、
そもそも演奏技術が未熟である為に
このような結果を招いているのだと。

他の生徒さんの演奏聞いていたのですが、
やはり、演奏が上手な方は技術力も高いですよね。
まあ、当然ですけど...(^^;

昨日のSt.Thomasも自分でテーマを弾き始めて
後からベース等が乗っかってくる感じで始めたのですが、
自分がテンポ決めたのにもかかわらず、
早さについていけないという始末...

早さについていけないのは、
演奏技術が未熟なのだろうなと。

ここは以前先生からもらった課題である
しっかり8分音符で弾くことを練習していきたいと思います。

次回の課題曲も決めないとね。
あと、発表会が近づいてきたのでそちらの曲も決めないと...
最低2曲と言われております。

GWはギター三昧でがんばろうっと。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



無窮動トレーニングの状況報告

先日無窮動トレーニングを開始したことをお伝えしました。
ギター無窮動(むきゅうどう)トレーニング

やり方としては毎日30分程度を練習しております。
現在の進捗状況をお伝えすると...
まだ、ウォーミングアップすら弾けてません...(^^;

こちらの教則本ですが、
実際の無窮動トレーニングを開始する前に、
ウォーミングアップ用として、
1625進行の8小節のエクササイズが
コードトーン、スケール、アプローチノートというテーマに沿って
2つずつ(合計6個)掲載
されているのですが、
この内の半分しかできてません。

また、まだテンポに合わせて弾くという状態ではなく、
譜面を見ながらフリーテンポで弾いている状況です。
なんとなく暗譜はできているフレーズもあるのですが、
まだまだですね...

現在はコードトーン2つ、スケール1つを練習してますが、
やはりコードトーンは弾きにくい運指が多く苦戦しています。
スケールだと比較的パラパラと弾けるのですが、
スケールを1個飛びして弾くのがコードトーンですので、
左手をストレッチしたり、弾きにくい運指のオンパレードですね。
まずロックでは弾かないだろうな...

本当は1625進行のコード進行を意識して、
どの音を弾いているが意識した方がよいのでしょうが、
正直、それどころではありません...

まあ、左手の運指、右手のピッキングの練習にもなるでしょうから、
今後も継続していきたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



再び親指と人差指の屈伸を練習

以前こちらでも話題にした早いテンポで8分音符を弾く練習ですが、
毎朝15分くらい実施してますが、最近伸び悩んでおります。

2拍4拍のテンポ90ですので、実際は180くらいのテンポですが、
だんだんと速さについていけなくなります。

ネットで速弾きについて検索すると、
結構、いろいろな方法があるようですが、
必ず書いてあるのが力を抜いてピッキングするということ。

まあ、そのとおりだと思うのですがね...
私もテンポは80くらいまでは、
力を抜いてリラックスしながら弾けていると思いますが、
テンポ90くらいになると、力を抜こうと意識をしているのですが、
早さについていくためにどうしても力が入ってしまいます。
力を抜くとスピードについていけない感じなんですね。

で、どこに力が入っているかというと、
右肩なんですよ...
10分も弾いていたら結構肩こりのような症状がでてしまいます。

これ以上のスピードで弾けるようになる為には
何か抜本的な改革が必要って感じなんですよね...

ということで、以前ハードロックを演奏していた時に挑戦していた
親指と人差指の屈伸を練習しております。

こちらのピッキング方法は、
親指の第一関節を伸ばすことでダウンピッキング
逆に親指の第一関節を曲げることでアップピッキング

をする方法です。

要するに手首とかのスナップはあまり利用せずに、
親指と人差指の動きだけで弾く方法ですので、
あまり肩とか力まずに弾ける利点があります。

ただ、これは昔何年も練習していたのですが、
全く身に付けることができなかった苦い思い出があるんですよ。
まさか、ジャズギターを始めてまで、
速弾きの練習をすることになるとは...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



ご本人がTAB譜を書いてないのでは?

実は最近こちらの本を中古で購入しまして、
ギターマガジン はじめてのジャズギター カラオケCDでジャズセッションを体感 CD2枚付

こちらはもう新品で購入することは難しいのかな?
中古市場でも結構、高値で取引されております。

また、教則本を購入して~!と思われるかもしれませんが、
こちらはちょっと辞書的な目的で購入しました。
例えば、黒本とかで課題曲を決定しても
その原曲のCDをもっていないと
YouTubeとかで動画を探して曲を聴いていたのですが、
プロの方ってかなりフェイクして演奏しますよね?

例えば、Summertimeやろうと思って、
John ColtlaneのSummertimeを聴いたら
おそらくパニックになる
でしょう...(笑)

こちらの教則本は誰でも知っているスタンダード22曲について
解説と模範演奏が収録されてます。
解説はおまけみたいな感じですが、
結構、原曲に忠実に演奏されていると思われ、
とても便利です。

ですので、テーマの弾き方や
アドリブのフレーズアイデアなんかもを勉強させていただいております。
ただ、タイトルにはじめてのとありますがかなり難しいです。

1曲目はSt.Thomanなのですが、
テンポも速く、これを弾きこなすのは
かなりの腕が必要になりますね。
ただ、演奏はとても好きな演奏ですね。
普通にジャズとして聴いていて楽しい演奏です。

ただ、ちょっと気になる部分も少し、
下記、St.Thomasのアドリブの一部なのですが、
上段が本に掲載されている譜面です。
20180407_stthomas1.png
2小節目の最後なのですが、
TAB譜だと9f、10fで弾くようになっているのですが、
前の音の繋がりも考えると、
下段のように弾いたほうが個人的には弾きやすいのですが、
人によっては上段の方が弾きやすいのでしょうか...

まあ、これは人ぞれぞれだとおもうのですが、
下記譜面のアドリブですが、
20180407_stthomas2.jpg
なぜが譜面に×が掲載されているのですねよね...
これってコピー譜とかでは音が出てなかったりした場合に
このような表現をすることはあると思うのですが、
教則本でありえますかね...(^^;

少なくとも収録されているCDにはちゃんと音があるように聞こえるし、
本人も少なくとも弾こうとしていると思うのですよ。
であれば、楽譜とTAB譜に×を記載することはしないと思うのですよね...

なんか、これをみたらご本人がTAB譜を書いてないのでは?と思ってしまいます。
そうなると、TAB譜を過信してはいけないなと。

ま、個人的には楽譜読む練習にもなるしいいか!と割り切っておりますが...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか6年間継続することができました。(2017年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR