FC2ブログ

メジャー7thのコードトーンでマイナー7thを?

先日ギター道場ではコードトーンアドリブがテーマだったのですが、
その時にいくつかのコードトーンパターンを習ったのですが、
その内の1つが5弦EbをルートにしたEb△7thのコードトーンです。
EbMCORDTONE.jpg
コードトーンについては、過去に挑戦したことあったのですがね...
最近は練習していないのですっかり忘れてしまったなぁ...
とりあえず、ダイアトニックコードである
△7、m7、7、m7(b5)を覚えようとしたのですが
種類が多いとやる気がなくなっちゃうのですよね...
4種類しかないけどww

今回道場ではこちらのコードトーンと9th等のテンションを組み合わせて
フレージングしていく方法等を習った
のですが、
その際に興味深い話がありまして...

こちらのEb△7のコードトーンですがCm7でも使える!との話です。
EbとCmと言えば並行調ですので、
そっか並行調だから使えるか...
メジャー7thのコードトーンでm7も対応できたら一石二鳥だな

なんて考えていたのですが、
よくよく考えてみたところ、
Eb△7構成音はbミ・ソ・bシ・レに対して、
Cm7の構成音はド・bミ・ソ・bシになるので、
完全一致してないけど大丈夫かい?と思い始めました。

念のため先ほどのEb△7のコードトーンの度数を
Cmに置き換えてみたらこんな感じでした。
CmCORDTONE.jpg
メジャー7thの1・3・5・7がm3・5・m7・9になるので、
Am7(9)のルートなしのコードトーンと言えそうですね。
この配置上でフレーズを考えれば、
メジャー7thとマイナー7thには対応できるので便利ですね。

あと、7thコードでも対応できればと思いましたが、
さすがに短7度に長7度を弾くのは難しいそうですね...
ただ、先ほどのEb△7のコードトーンの内、
長7度を短7度にするのは比較的簡単ですので、
まずはこちらのコードトーンを弾けるようにすると便利そうですね。

あとは、6弦ルートにした場合の配置を覚えたら結構使えそう。
現在の私のアドリブはどちらかと言うと、
コードトーンよりはトーナリティを重視したスケールによるアドリブ
を目指してしているので、そんなにコードトーンを意識してないのですが、
ただ、Giant StepsみたいにKeyの概念がない曲では、
コードトーンも覚えていないと太刀打ちできないかなと。

まずはコードトーンの位置を覚えて、
そしてコードトーンを利用したフレーズを2、3個作って、
いざ!という時に弾けるようにしたいですね。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

マイナースケールの代理コードについて

久しぶりに音楽理論の話など...
前回の記事でI'll Close My Eyesのコード分析アナライズをした際に、
bⅦ7はサブドミナントマイナーの代理であることが判明しました。

ただ、サブドミナントマイナーってなんだっけ?ってな感じでしたので、
改めてこちらの本で音楽理論書を確認してみました。
ギタリストのための楽典

代理コードに関しての私の基本的に知識としては、
トニック(Ⅰ△7)…Ⅲ△7、Ⅵm7
サブドミナント(Ⅳ△7)…Ⅱ△7
ドミナント(V7)…Ⅵm7(b5)

というもの。

勘違いしていたのですが、これはメジャースケールの場合だったのですね。
マイナースケールの場合もトニック(Ⅰ)に対しては、
Ⅲ、Ⅵが代理になると思っていました。

改めてナチュラルマイナースケールのダイアトニックコードを確認しますと、
メジャースケールのⅢ、Ⅵ、Ⅶがフラットしますので、
Ⅰm7 Ⅱm7(b5) bⅢ△7 Ⅳm7 Ⅴm7 bⅥ△ bⅦ7
このようになります。
トニック(Ⅰm7)の代理としては構成音がにているbⅢ△7
サブドミナント(Ⅳm7)の代理としてⅡm7(b5)、bⅥ△7、bⅦ7
ドミナントの代理コードはなし!

となっているのですよね。

ただ、前回も記事にさせていただきましたが、
KeyがFメジャーとした場合のⅣm7であるBbm7の構成音は
Bb、Db、F、Abとなります。
一方でbⅦ7であるEb7の構成音は、Eb、G、Bb、Dbと
音が2音しか一致していないのですよね...

理論書によりますと、サブドミナントマイナーの特徴は、
4度からみた短3度(トニックから見ると短6度)をもっていることであり、
結局、構成音に短6度をもっているコードはすべて代理コードになるようです。
結局、今回の場合は短6度に相当するDbがEb7にも含まれているので、
サブドミナントの代理コードとして使えるようです。

なんか、まだスッキリと腹落ちしない部分もありますが、
とりあえず、マイナースケールの代理コードは
トニック(Ⅰm7)…bⅢ△7
サブドミナント(Ⅳm7)…Ⅱm7(b5)、bⅥ△7、bⅦ7

と覚えておこう♪

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



I'll Close My Eyesのコード分析 ~つづき~

今月の課題曲であるI'll Close My Eyesですが、
残っていたBメロ、Cメロのコード進行分析を実施したいと思います。

Bメロ、Cメロはそれぞれ8小節になってます。
9~12小節目ですが、
|Bb△7 |Eb7 |F△7 |F△7 |
ここは10小節目のEb7がノンダイアトニックコードになってます。
Eb7はbⅦ7ですね...なんでしょうかね、これ?w

もうお手上げ状態ですので、bⅦ7でネット検索してみました!
そうすると、結構検索が引っ掛かって、
サブドミナントマイナーの代理コードらしいです。

サブドミナントマイナーってⅣ△7をⅣm7にするやつですよね?
KeyがFなので、サブドミナントマイナーはBbm7になります。
構成音はBb、Db、F、Abとなります。
一方でEb7の構成音は、Eb、G、Bb、Dbです。

う~ん...2つしか音一致していないけど、
大丈夫なのだろうか...
ちょっと、サブドミナントマイナーを勉強してみようかな。

13~16小節ですが、
|Bm7(b5) |E7(b9) |Am7 Ab7|Gm7 C7|
最初の2小節はノンダイアトニックコードですが、
3小節目にAm7(Ⅲm7)が来てますので、
Am7へのⅡ-Ⅴ-Ⅰと考えて間違いないでしょう。

次の14~15小節ですが、C7の後は頭のF△7に戻るので、
Gm7-C7-F△7のメジャーのⅡ-Ⅴ-Ⅰになります。
Gm7の前のAb7ですが、これは当然ノンダイアトニックコードですが、
前後のコードのルートがA、Ab、Gと来ていることを考えると
半音ずつ下がってくる為にAb7を入れたと考えて良さそう。

また、この半音ずつ下げのコード進行はOne Note Sambaでもでてきましたが、
Ab7はD7の裏コードであるので、Am7-D7-Gm7のⅡ-Ⅴ-Ⅰと考えてよいですかね?

さて、Cメロですが、最初の4小節は下記となります。
|Bb△7 |Eb7 |Am7(b5) |D7(b9) |
最初の2小節はBメロと同じです。
次のAm7(b5)-D7(b9)は次のコードGm7へのⅡ-Ⅴ-Ⅰですね。

最後の4小節ですが、
|Gm7 |C7 |F6 |Gm7 C7|
ここもFへのⅡ-Ⅴ-Ⅰの連続ですね。

一応、こちらでコード分析は終わったのですが、
今回はサブドミナントマイナーの代理コードに苦しみました。
ちょっと勉強してみようと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



I'll Close My Eyesのコード分析に大苦戦!

さて、今月の課題曲に決定したI'll Close My Eyesですが、
早速、コード進行アナライズを実施しているのですが、
これが大苦戦してます...

この曲は♭が1個ですので、KeyはFかDmとなります。
最初と最後のコードがF△7ですので、KeyはFですかね?

Aメロは8小節の構成となっております。
1~4小節までのコードは下記となっております。
|F△7 |F△7 |Em7(b5) |A7 |
最初の2小節はダイアトニックコードのトニックですね。
3小節目のEm7(b5)、4小節目のA7は、
5小節目のDm7へのⅡ-Ⅴ-Ⅰでよいですね。
ここはDの導音となるようにCを半音上げて、
Dハーモニックマイナーでいけそうです。

5~8小節目ですが、
|Dm7 |G7 |Cm7 |F7 |
おお7thコードの嵐ですね...
しかも、Dm7以外にダイアトニックコードもないし...
5小節目のDm7、6小節目のG7とくると
C△7にドミナントモーションしたくなりますが、
7小節目はCm7
になってます...
ということは、Dm7(b5)がDmに変わったと考えた方が普通かな。

7小節目のCm7、8小節目のF7ですが、
次のコードがダイアトニックコードのBb△7になっているので、
Bb△7へのⅡ-Ⅴ-Ⅰと考えるとBbメジャースケールでよいかな。
なんか転調多くて忙しそうな曲ですね。
ちょっと舐めてましたね...

で、問題は次のBメロなんですよぉ...
これについては次回書かせていただきますね。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



次の課題曲は...

今月はギター教室の発表会という名のセッション大会があります。
先日お伝えしたとおりOne Note Sambaをやろうと思っており、
本来であればその練習に集中したいところ...

ただ、One Note Sambaだけ練習するのもどうかな...と思っております。
今月の課題曲はSummertimeだったのですが、
Summertime以外にも過去に挑戦した
One Note Samba、St.Thomas、Blue Bossa等も練習してました。
SummertimeのフレーズをBule Bossaで弾いてみたりすることで、
手持ちのフレーズとしてストックされてきたように思います。

...ということで今月も過去の曲を練習しつつ、
新しい曲にも挑戦していきたいと思います。
まあ、1か月に1曲挑戦という目標を立てたからでもあるのですが...

そんで今月の課題曲をどうしようかな...と思ったのですが、
今月はI'll Close My Eyesにしようかと思います。

この曲はそんなに詳しい分けではないのですが、
ギター道場の生徒の方が今月の発表会で演奏される曲です。
発表会では、自分の曲と他の人の曲にも参加して、
最低2曲を演奏するように言われております。

自分の曲はOne Note Sambaですので、
2曲目をどうしようかと考えていたのですが、
他の生徒さんの曲でいい曲だなと思ったのがこの曲でした。

実はSummertimeを演奏される方もいるのですが、
この方も私同様に初心者の方であるので、
初心者2名で演奏すると、相手にも迷惑がかかるかもしれませんしね...
まあ、弾けと言われたら演奏する準備だけはしておこうかなと。

見た感じではそんなに難しいコードもなさそうですしね。
また、改めてコード進行アナライズしたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



コードトーンからのフレージング方法を学ぶ

ちょいとご無沙汰しておりました。
先週は出張等もありちょっと忙しくしておりました。
今週も出張があり、疲れからか体調を崩しております。
気を付けないといけませんね。

昨日はギター道場でした。
昨日のテーマはコードトーンでのアドリブ方法についてでした。
最近はトーナリティを重要視したアドリブ法がメインでしたので、
コードトーンについて話を聞くのは初めてかも。

概略としては、5弦ルートの△7のコードトーンを
ルートを人差指、中指、小指から弾きはじめる3パターンを覚え、
そのコードトーンからどうやってフレージングしていくか?を学びました。

今回は本当に勉強になった。
フレージングについては悩んでいたところでしたので。
でも、やはりコードトーンの指板図が見えてないと弾けないので、
まずはコードトーンを弾けるようにならないと話になりませんね。
しかし、コードトーンは弾きにくいですよね...

コードトーンについては今回3パターンを学びましたが、
当然、ルートを薬指から弾くパターンもあります。
ただ、先生もあまり使わないということで省略しました。
初心者はまず中指から弾きはじめるパターンを練習するとよいようです。

あと、後半は来月の発表会の曲の練習でした。
私はOne Note Sambaを演奏することにしました。
ということで、今月の課題曲であったSummertimeはまだ演奏してません。
しばらく継続しながら練習して、
次回の道場の時にでもセッションしたいと思います。

さて、また新しい課題曲練習しないとな。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



マイナーペンタ+ブルーノート(b5)

ちょっとご無沙汰しておりました。
こちらは順調にギターの練習を進めております。

さて、ペンタ+αでジャズ・ギター・フレーズを徹底攻略ですが、
次の章に突入しました!

次の章はCHAPTER4 マイナー・ペンタトニック+ブルーノートです。
メジャーペンタではb3とb7のブルーノートを使用しておりましたが、
マイナーペンタではb5を使用します。
というのも、b3もb7もマイナーペンタの構成音なんですよね。
だから、b5だけ追加すればOKです。
しかも、マイナーペンタでのb5はメジャーペンタでのb3と同じ配置になるので、
覚えやすいですね。

この章はボリューム自体少ないので早く終わりそうです。
しかも、ここで習ったことはSummertimeのアドリブにも利用できそうですしね。
早く課題曲にも挑戦できるように練習したいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



ちょこちょこと音作りなんぞ...

たまには機材の話など...
現在、家でギターを練習している時には、
ギターアンプはYAMAHAのTHR10を利用してます。
これはPCのスピーカーとしても同時利用してます。

これにクリーンブースターであるXoticのEP Booster

マルチエフェクターであるZoomのMS-50Gを繋いでおります。

基本はクリーンで弾いていることが多いので、
MS-50Gは空間系を中心に利用してます。
ちょっと、歪みとかも触ってみたのですが、
どうなんでしょうね...あまり使えないような印象。
使いこなしているわけではないので断定はできませんが...
でも空間系はそれなりに使えるかなと。

昔、BOSSのME-25を利用していた時なんかは、
プリセットをちょっと変える程度で、
そんなに音作りには力を入れていなかったのですが、
最近はちょこちょこっと音作りなんかに挑戦してます。

練習していて、もう少し揺れ(コーラス系)が欲しいなと思ったら、
ちょっとコーラスの設定を変えたり、
違いコーラスのエフェクターを選択したり
最近はコーラス+ディレイの組み合わせに凝っており、
いろいろなセッティングを試しております。

あと、揺れ系ではコーラスを中心に音作りしていたのですが、
Vibratoというエフェクターがあり、これが結構いい感じです。

MS-50Gですが、最近バージョン3.0にアップデートされ、
これまでも100のエフェクトがあったのですが、
さらに72種類も追加されております。

容量の関係で、すべてのエフェクトをMS-50Gに
ダウンロードできないのですが充分ですね。
しかも小型サイズであるのに液晶画面が大きく、
他のエフェクターと同じ感覚的に音作りができるのがいいですね。
これで料金が8000円程度なのですから驚きです。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



ジャズライブ鑑賞!

GW中に久しぶりに地元のジャズバーに
ジャズライブを聴きに行ってきました。
たまにはインプットも必要ですからね~♪

観に行ったライブはこちら
福田重男(p)/布川俊樹(g)DUOです。
チラシ
ギターとピアノのDuoライブでした。
昨年秋に下記アルバムをリリースされており、
そのSpring Tour 2018と銘うって大阪から北陸を回っておりました。

布川さんは有名なジャズギタリストで矢堀先生の師匠でもあり、
過去に発表会にも参加いただいので面識もあります。
いろいろとアドバイスを頂きとてもお世話になっております。

セッションでギターを弾いているのは観たのですが、
ご自身の正式なライブを見るのは初めてです。
とても楽しみにしておりました。

曲はアルバムからナンバーが中心です。
アルバム自体はバンド形式で演奏されている曲も多く、
それを見事Duoで再現されたことはとても驚きました。
ピアノとギターのDuoと言うとJim Hallをイメージしたくなるのですが、
結構、Fusionのグルーヴでノリノリの演奏でした♪

約45分くらいのステージを2セット。
アンコールは酒バラをしっとりと演奏して、
お酒の力もあり、なんともいい気分でした。
その後の打ち上げもご一緒させていただき、
いろいろとお話しができて良かったです。

機材はフルアコとストラトの2本を使用し、
アンプはお店にあったFenderのTwin Reverbです。
意外だったのがエフェクターがBOSSのマルチであったこと。
でも、いい音していたな...

矢堀先生も布川さんも音楽の半分は音色で決まる!と断言しており、
それくらい音作りに拘りをもっている方です。
でも、プロのレベルになると、どんな機材を使っても
自分の音が出せるのだな...
とただ感心してしまいました。

ご自身の曲とは言え、すべて暗譜で弾いておりました。
よくあんな複雑な曲を暗譜して、アドリブできるものだなと。
プロだからと言えばそれまでですが本当に圧倒されました。

こんな演奏を聴かせると「俺には無理~」
逆にモチベーションが落ちてしまいそうになりましたが、
ま、自分のできることを少しずつ練習しようと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



メジャー・ペンタトニック+ブルーノートの纏め

こちらの教則本ですが、早々にCHAPTER3の纏めに入っております。
ペンタ+αでジャズ・ギター・フレーズを徹底攻略

CHAPTER3ではメジャー・ペンタトニック+ブルーノートというテーマで、
主にb3とb7を利用してフレーズを練習してきます。

この手の教材ではKeyをCやAmにして説明することが多いと思います。
実際この本でもこれまではCとAmで説明されておりました。
ただ、このCHAPTERからなぜかAメジャーなんですよね。
例えばペンタで有名な指板と言えば、
Cメジャーの5f~8fあたりになりますが、
これがAメジャーだと2f~5fになります。

慣れているCメジャーペンタだと、
弾いている音がスケール上の音かどうか
容易に判断できる
のですが、
これが慣れていないKeyだとすぐに判断できないのですよね。
しかもペンタ以外のブルーノートを弾いているので。

できれば、このフレーズのこの音がb3だな...とか、
分かると良いのですが、まだそこまで言っていない状況です。
とりあえず、課題曲を何度も弾いて指に馴染ませている状況ですね。

フレーズが馴染んできたら、
スケールのどの音を弾いているのかを確認しながら
弾きたいと思います。

あといい機会なので、CHAPTER1と2の課題曲も復習してます。
やはり、忘れているな...
でも、忘れた頃に再度練習するのもよいと思いますので、
今後も纏めの課題曲の際には復習をしたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか6年間継続することができました。(2017年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR