FC2ブログ

Dmの曲をAmペンタ+αで視覚的に捉える方法

昨日はジャズギター道場でした。
講義の内容は個人的にはドンピシャなテーマであったので、
備忘録的にここで紹介させていただこうかと。

KeyがDmの曲の場合、6弦ルートだとDが10fになるので、
やはり5f~8fあたりで弾きたいよね?
...ってテーマでした。
Fの並行調がまさにDmなんで、最近私の悩みであった
Fメジャーの曲を5f~8fあたりで弾くという私の悩みとまさに一致!

私の場合は5弦ルートのFのメジャーペンタの形から
アドリブをしようと試みたのですが、
5弦ルートのフレーズネタのストックがなく、
なかなかアドリブできない...というものでした。

昨日の先生のアプローチはちょっと違って、
Dナチュラルマイナースケールを5f~8fでみてみると、
その中にAマイナーペンタの音がすべて含まれていると。
つまりペンタ+2音という概念で考えると、
AマイナーペンタにFとBbを追加したものと考えることができます。
20180723_Penta_2.jpg
これに3弦と4弦、5弦と6弦のFとBbを
Aマイナーペンタトニックに加えてみる

このようになります。
20180723_Penta_2_2.jpg
これでKeyがDmやFの際にも
6弦ルートのAマイナーペンタを視覚的に捉えながら
ABCスケールでも視覚的に捉えて弾くことが可能
です。

ただ、あとはどうやってフレーズを作るかという問題は残りますが...
ま、これを追々やっていきましょう...(^^;

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

フラットワウンドの太さをどうすべきか

前回の記事で次の弦はフラットワウンドにしてみようと書きました。
フラットワウンド弦についてはネットで検索すれば、
詳細に説明されたサイトがたくさんあるので割愛しますが、
その甘いサウンドからジャズギタリストの多くが愛用しているようです。
フルアコ、セミアコ弾いている方なんかは1弦を0.012や0.013等の
かなり太い弦を使用している方が多いですよね。

私はソリッドギターでジャズを弾きたい派なのですが、
ソリッドでジャズトーンを出す為にいろいろと苦労してますが、
弦をフラットワウンドに変更すれば劇的に変わると聞いたことがあります。
ですので、ちょっと試しに交換してみようかと。

フラットワウンド弦は結構高価です。
値段はエリクサーのコーティング弦以上になります。
安いのもあるようですが、評判はあまり良くないようです。
皆さんが使用している定番品は下記のようです。
D'Addario ダダリオ エレキギター弦 フラットワウンド

あとは弦の太さをどうするか...なんですよね。
いろいろな種類があるようですが、一番細いもので1048です。
今使っているエリクサーが1046ですので一番違和感ないかもしれません。
ただ3弦が巻弦になっているのが異なりますね。

もしくは1150を購入するか...ですね。
こちらの名称もJazz Lightとなっているので、
Jazzにはこちらの方が向いているかもしれません。
ただ、1150なんて張ったら、チョーキングする気しませんね。
今でも左指が悲鳴あげているくらいなので。

あと、3弦が巻弦になるとナットとかそのままで大丈夫かな?
近いうちにメンテナンスに出す予定なので、
その際に相談してみようかなと。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



ご無沙汰でした...

ちょっとご無沙汰しておりました。
仕事がバタバタしていてちと疲れ気味でして、
先週はギターの練習をゆる~く実施しておりましたが、
3連休で元気を取り戻しました!

来週はギター道場もあるので、
今週はきっちり練習してBags' Grooveを完成させたいと思います。
あと、まだ披露していないSummertimeも準備しておきたいと思います。

まあブログに書くようなネタが無く
ちょっと疎遠になっていたことも事実なのですがね。
最近毎回報告しております
トータル・ギター・メソッド~スケール編~ですが、
クロマチックスケールを終えて、
ペンタトニックスケールに突入しております。

まあ、こちらの本はジャズに特化した教則本でもないので、
ペンタトニックスケールの項目では、
普通にガンガン!チョーキングが出てきます。
久しぶりにチョーキングしたので左の薬指が崩壊中...

なんか久しぶりにチョーキングなんかしてみたけど、
15fあたりのチョーキングは音が詰まる感じ。
おいらのテクニックがないのかもしれませんが、
相棒を購入して4年以上経過しているので、
一度、メンテナンスで確認してもらおうかな...

まだ、エリクサーを取り付けて2か月なので、
あと1か月くらいは使わないと...(笑)
ちなみに、次はフラットワウンドを買ってみようかなと画策中...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



クロマチックスケールを練習

7月に入って順調に練習を重ねているわけですが、
現在の練習内容がルーチーンになっているので、
ブログになるようなネタがないのも事実。(笑)

ブログのネタの為ではないが、
現在やっている教則本を進めてみようかと。(笑)
トータル・ギター・メソッド~スケール編~

これまでは第1章と第2章のダイアトニックコードを
徹底的に練習しておりました。
だいたいダイアトニックスケールの形は覚えてきたかな。
まだ、曖昧な部分はあるのですが、
こちらのスケールは毎日の8分音符を弾く練習で使用するので、
今後も毎日練習していきたいと思います。

で、今朝から第3章に突入しました。
第3章はクロマチックスケールです。
クロマチックって半音ずつ弾くあれですよね。
一応スケールなんですね。

ドから始まり1オクターブ高いドまで順番に弾くので、
キーといった概念はありません。
よってダイアトニックのポジション的なスケールと、
1弦に4音づつ弾くポジションの2つを学びます。

応用フレーズとしては、
Dm7のアルペジオを絡めたフレーズが掲載されてました。
やはり、アルペジオと組み合わせて
使用されるケースが多いのですかね...

今日はひたすら繰り返し練習をしておりましたが、
ま、簡単なので覚えたと言えば覚えたのですが、
これでクロマチックは完璧!という感じではなく
なんとなくモヤモヤ感がありますかね。
これをどうやって使っていったらよいのか?と。

やはりコードトーンとの相性がよいのですかね?
コードトーンを弾いて次のコードのコードトーンまで
クロマチックで繋ぐとか?

今後フレーズを考えたり、
コピーしたフレーズをアレンジする際は、
意識的にクロマチックスケールを取り入れてみたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



Bags' Grooveの練習状況

今月から心を入れ替えたように練習しております。(笑)
今月の課題曲であるBags' Grooveのアドリブ練習も開始しております。

まずはiReal Proのオケに合わせて、
Fメジャーペンタ、Fマイナーペンタ+b5(マイナーブルース)を利用して
適当にパラパラと弾いております。

この曲はKeyがFですが、どちらかと言うと暗めな印象。
メジャーペンタとマイナーペンタを交互に弾いていると、
やはりマイナーペンタの方がフィットするなという印象がありますね。
以前、メジャーキーの曲はマイナーペンタでも代用可能と聞きましたが、
この曲はまさにそんな感じですね。

5弦8fのFを基準にメジャーペンタとマイナーペンタを弾いておりますが、
メジャーペンタとマイナーペンタを切り替える際に、
まだ、頭が追い付いていない状況です。
視覚が追い付いてないという感じかな。

メジャーペンタのフレーズを弾いている時は
当然メジャーペンタの指板の位置が見えて弾いておりますが、
それを急にマイナーペンタに変更した際に、
すぐにマイナーペンタの指板の音に視覚が切り替わらないです。

ですので、現段階では、以前作成した
こちらの指板図を見ながら弾いている状況です。
20180625_Fpenta.jpg
20180625_Fpenta2.jpg
まだまだ、5弦ルートのペンタフレーズがしっくりきてませんが、
それでも、少しづつこんなフレーズもいいなというのも出て来てますので、
今月のセッションまでには弾けるようにしたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



スケール練習中にふと思う...

サッカーワールドカップ、日本惜しかったですね!
私はさすがに観てませんでしたが(^^;
後半で2点とって、3点取られるというのは、
やはりレベルの差が点差以上にあるということですかね。
でも、日本は点が取れないかなと思ってましたので、
今回の大会は日本代表にとっても実りのある結果だったのでは?

私のギタートレーニングについても
今月に入ってからは順調にこなしている状況です。
朝練もちゃんと実施しております。

毎朝の練習はスケール練習を実施してます。
こちらでご紹介したトータルギターメソッドを利用してます。

最近、スケール練習をしながらふと思ったのですが、
スケールって半音と全音との組合せなんだなと。
当たりまえですけど...(^^;

メジャースケールをギターで弾こうとすると、
各弦の構成音の配置は、ABCスケール理論でいうところの下記になります。
A型(全音+半音)
B型(半音+全音)
C型(全音+全音)


ここで上下の弦2本を見てみると、上の弦がA型、下の弦もA型、
上の弦がC型、下の弦がB型...等、いろいろな組み合わせがありますが、
A型、B型の場合はこのようなフレーズがあるな...とか、
型の組み合わせに応じて、どのようにフレーズが作られているかを
考えながら練習しております。

実際、現在使用しているスケール教則本には、
応用フレーズが掲載されてますが、
上記のように分析すると理解が深まります。

例えば、最初の小節の2拍(♪×4)の音は、
C型、C型の組み合わせで、1個飛ばしで弾いているのだなとか。

当然、3弦にまたがって弾くケースも出てきますが...
その場合もどの音を使って弾いているか確認して弾いてますが、
まずは2弦の関係性を確認しながら弾くようにしたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



【ギター練習総括】2018年6月

さて、7月になりました。
関東ではすでに梅雨も明けたとか?
私の済む北陸はまだ梅雨明けしていないのですが、
そもそも雨がほとんど降っておりません。
そして、昨日も今日も真夏日です♪
それでは恒例のトレーニング総括です~!

先月の練習時間は

33時間6分(平均1時間47分/日)

となりました。

いやあ~...ひどい数値ですね(^^;
先月は発表会もあってそれまでは結構練習していたのですが、
発表会後は燃え尽き症候群ではないのですが、
朝練もほとんどやってませんし、
1日5分とか10分しかギター弾いてない日も多かったです。
練習時間も2時間以上練習した日(10日間)も今年最低です。

まあ、発表会の打ち上げで朝まで飲んで疲れたり、
サッカーワールドカップで夜更かししたというのもあるのですがね。
最後は練習しないとなと思いながら、
7月からがんばろう!って感じになってましたね(^^;

早速ですが、今日からしっかり練習も開始してますので、
今月は挽回したいですね!
今年も早いもので半分を終了!
心機一転がんばります!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか6年間継続することができました。(2017年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR