そこ、親指出せます?

今日はギタースクールのレッスンの日、
Whitesnake - Fool For Your Loving
のギターソロを徹底的に練習です。

例の16音符の速弾きの部分を練習していると、
「そこ、親指出せます?」
と突然言われました。

ん?親指?って思っておりましたら、
どうやら6弦の方から、親指出せますか?という意味らしい。
先生いわく、ロックの場合はチョーキングが多いので、
親指を出していた方が弾き易いとのこと。

こんな感じです。
IMG_1036.jpg
確かに、先生が弾いているのを見ると、
親指が出ているし、4弦、3弦の3fと5fを人差指と薬指で弾くのは同じですが、
2弦、1弦の3fと6fも人差指薬指で弾いてます。

ちなみに私はこんな感じです。
IMG_1037.jpg
2弦、1弦の3fと6fとは人差指小指で弾いてます。

...って言うか、指短いのか、指の硬いためか、
6弦から親指だしたら、4弦の5fの薬指が写真のとおり、
4fよりにしか行きません...(これ以上6fよりには開きません)

確かに、1弦の6fを弾いた後、すぐにチョーキングがあるので、
小指より、薬指で弾いた方がよいのですが、
なんとも違和感のある感じで弾き難いです。
なれると楽なんでしょうか?

確か以前トメスケさんからアドバイスをもらった際に、
全部薬指で弾いては?とアドバイスをいただいていたと思うのですが、
皆さんはこちらの弾き方の方が楽なのでしょうか?

今、スクールから帰ってきて、ちょっと練習しておりましたが、
左手の手のひらべったりとネックにくっつけるようにしたら、
少し弾き易くなりました。

う~ん...でも違和感あるなぁ...
今後、意識しながら練習してみようかな。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

HIROさん

なるほど、なるほど‼︎

私は先生のおっしゃる事良くわかります。

私も、ジャズ系の曲を練習する時は小指を多用するのと、チョーキングは使わないので、親指はネックの裏に有ります。

対して、ロックやブルースを練習する時は、チョーキングを多用するのと、6弦ボトム(ルート)を親指で押さえるんで、親指は6弦側のふちにかかってます。

で、なぜ、親指を6弦側に出すと、指が開かないのか!

それは、

手の甲が床に向いているからです。

仮に、ギターのネックを床と水平に構えていたとして、親指をネックの裏にまわすフォームの時は手の甲は床に向いているのが正解です。

でも、親指を6弦側に出すときは、手の甲は斜め45度と言うか、むしろ、ヘッド方向に強めに向く感じです。

フレミングの左手の法則の形を作ってみてください。で、薬指と小指は、曲げないで、中指に添えてください。
次に、人差し指をカギ型(ドロボーサインみたいに)に曲げてください。
人差し指の先と中指の先までは、当たり前ですが、指1本分の距離が出来ますよね。
この形のまま、親指と人差し指の間の水かきをネックの裏のアールに沿わせるようにして、親指を6弦側に出して、カギ型の人差し指で1弦3フレを押さえると、余裕で中指が1弦5フレに届くと思います。

フォークボールの握りのように指を開くのが、ジャズやクラシックのフォームだとすると。

F○CKシグナルみたいな型で、指を開く(距離を稼ぐ)のが、ブルースやロックのフォームです。

ちょー長くて、ホントすいません。

言葉で伝えるのが難しくて、わかりづらいようなら、わかろうとしないで、無視してくださいね。

トメスケさん

いつもコメントありがとうございます。今、書いてあることをそのまま順番にやっていったら、言っていることが理解できました。(その説明能力の高さにも驚いてます。)

確かに手の甲が向きが大切だったのですね。いつもアドバイスありがとうございます。まだ、慣れていない感じがあるので、いい機会なので、じっくり練習していきたいと思います。

今後もアドバイス宜しくお願いします。

HIROさん

お世話さまです。

少しは役に立てたみたいで、とても嬉しいです。

ちなみにマイケルシェンカーはこのロックフォームのままパワーコードを押さえます。(写真とか映像を見てください)
フレットに対して人差し指は水平にバレーする感じて押さえるのではなく、ロックフォームのように斜めに指がある感じです。薬指は海老反りで押さえます。

ロックフォームで運指をしたり、パワーコードを押さえるメリットは手首を指板側に突き出さなくていいので、腱鞘炎になりづらいです。

そして、

ギターを低く構えても大丈夫です。
(オススメしませんが…)

では、また^_^

トメスケさん

いつもありがとうございます。確かにこのロックフォームの場合、立って演奏する際には弾き易いですよね。ネックの下側に手首を突き出さなくてよいので。今度は、座って弾くとちょっと弾き難いですね。手のひらをべたっとネックにくっつける感じなので。先生は脇を締めるといいよってアドバイスしてくれたのは、このためだったのですね。(脇を締めると弾き易いです。)

ただ、弾き難いっす...(^^;慣れなんでしょうか?指も短い事も理由ですが、ちょっと憂鬱です。(笑)まあ、徐々に意識しながらロックフォームをマスターしていきたいと思います。

今後もアドバイス宜しくお願いします。
非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR