My Buddy "Fender Japan ST-43HM"

台風ですね...

私の住んでいる街も例外に漏れず,電車は動く気配すらないです。
こんな日は電車が動くまで,大人しく自宅でギターでも弾いているのが一番ですね。(^^)/

今日は私の相棒(Buddy)をご紹介したいと思います。

Guitar.jpg
【詳 細】
メーカー:Fender Japan ST-43HM
     J-Craftシリーズ
ボディ:バスウッド
ネック:メイプル、オーバルタイプ、
     314スケール
ナット幅:40mm
指板:ローズウッド、250R、21F
ピックアップ:ドラッグスターJ x 2
ブリッジ:ダイキャストブロックS88
(11.0mmピッチ)
コントロール:1ボリューム、2トーン
スイッチ:5ウェイ
カラー:BLK(ブラック)




ご覧いただいておわかりのとおり,Fenderのストラトです。
ただ,一番の特徴はまずミディアムスケールであるということ。

昨日の自己紹介の記事でも触れましたが,私,指が短いんですね。
これまでもギターの挫折を繰り返した理由をこの指のせいにしておりました。(笑)
ならば,言い訳できないようにミディアムスケールのギターを購入して,
これでも挫折するようならば,もう諦めようと最後の手段でした。
まあ,実際6ヶ月で挫折するんですけどね。(^^;

このギターを購入したのは2003年くらいだと記憶しております。
だから購入して10年くらい経っているんですよね。
(途中,8年くらいは部屋のインテリアになってましたけど)

値段も3万円台だったと思います。
当時,田舎に住んでいたので,イシバシ楽器のネットで購入しました。
これも正直,挫折するんではないかと思い,
あまり高いものは購入しないでおこうという判断でしたね。

あと,もう1つ特徴があるとすると,
2ハムバッカー仕様なんです。
もちろん,シングルコイル仕様も売られていたのですが,
そんなに根拠もなく購入。

正直,ギターの説明は何がなんだか,未だによくわからん。(笑)
このギターを購入したのも,IT BITESのGt.&Vo.のFrancis Dunnary
黒のストラトを仕様しており,リアPUがハムバッカーだったからです。
正直,シングルコイルとハムの違いを知ったもつい最近です。
(まだ,音的な違いはよくわからん。)

実際,この相棒を使用して2年くらいですけど,
どうなんでしょう,弾き易いのでしょうか...(^^;
他のギター触ったことないので,正直わからないです。

もう,ちょっとネックが薄ければ...と思うのですが,
正直,ギターをあれこれ言うレベルでないことも確かなので,
しばらくはこの相棒と練習していこうと思います!


モチベーションアップになりますので,
右にあるブログランキングのバナーをポチッとしていただければ幸いです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR