テーマ?メロディ?ワン・コーラス?

さて、今週より本格的にJAZZギターに挑戦してますが、
先日お伝えしたとおり、使用している教則本はこちら。

DVD&CDでよくわかる! はじめてのジャズ・ギター

こちらはブルースギターでもお世話になりました。
ブルースギターでは、本当にブルース初心者向けの本としては
とてもいい本だなと思いましたので、
JAZZギターでも購入してみました。

PART1 プレイを始める前に

ブルースギターの時と同様に、
まずはJAZZの歴史等についての説明があります。
これは、JAZZ自体が初心者の自分には、
とてもいいですね。
JAZZって結構、歴史の浅い音楽だったんですね~。

また、JAZZギターで使用されるギターの説明であったり、
音作りにも触れてます。

やはり、フルアコ、セミアコのあの甘い音っていうのでしょうか?
いい音ですね~。ソリッドギターでは難しいのでしょうかね?
まあ、とりあえずは、ソリッドギターで練習したいと思いますが。

PART2 ジャズ・ギターを弾こう♪

こちらもブルースギターの時と同様に、
まずは、JAZZナンバーの構成について説明があります。

ほほ~、JAZZにはテーマと呼ばれるメロディがあり、
そのテーマの長さのことをワン・コーラスって言うのですね。

確かに以前通っていた音楽スクールは、
JAZZを演奏している人が多かったので、
ワン・コーラス、ツー・コーラス!なんてよく聞きましたが、
メロディの長さのことを言っていたのですね。

後は、テーマのコード進行にそって、
ギター、ピアノ等がソロをまわして、
最後はエンディングとなるわけか。

このあたりの基本的なシステムはブルースギターと同じですね。
ただ、やっかいなのは、ブルースのように
スリーコードってわけにはいかないのですね...

C△7  Bm7(♭5)  Dm7(9)  

なかなか見慣れないコードがわんさか...(^^;
すでに心折れそう。
去年の俺なら、ここで教則本を本棚に戻していただろう...

しかし、今年は逃げないことに決めたのだ!
もし、わからなくても、いつかわかるだろうくらいの気持ちで、
ゆるりと取り組もうと思います。

がんばろっと!

↓クリックいただけるとモチベーションアップします。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

HIROさん

頑張って下さいね。

私は理論を勉強し始めてから(もちろん、まだいっぱいわからない事があるし、ジャズなんて上っ面なでてるだけですが)ようやく他人様にギターが趣味だと言える程度にはなったかなあと思ってます。

理論知らなくてもギター弾けるっていう人や理論は後から付いてくるとかいう人もいるけど、ほんとにギターが好きなら学ぶ必要があると私は思います。

私も、いい大人ですが子供が学習していくように、なんで〜?ど〜して?ってやってます。
難しく感じる事でも、ベーシックな理論に置き換えるとなるほどなぁ!とわかったりすると、一歩前進!て思えますよ。

アドバイスになるかどうかわかりませんが、スケールをバラバラに覚えたり、コードを押さえ方で覚えたりするととても大変でした(今でもですが)。覚えるきっかけは、まずは、6弦ルート、5弦ルートに対して何度の音がどの位置関係にあるのか最初に覚えました。

例えば、6弦ルートに対して同じフレットの音は、縦列に5弦は4度(11th)4弦は短7度(7th)3弦は短3度(♯9)2弦は5度、1弦はもちろんルートと同音という位置関係ですよね。
仮に5フレットで考えて6弦のAをルートとすると、5弦をミュートして、残りの縦一列の音をジャーンて弾けばAm7ですね。その縦列を基準に3弦を半音上げればA7になるし(5弦はミュートね)更に4弦も半音上げれば、A△7になります。3弦は半音上げたまま、4弦を縦列から半音下げればA6ですね(※このコードは6弦のルートを鳴らさず1弦の音を鳴らせば4弦ルートのG♭m7と全く同じコードです)色々作れますよ。試してみて下さい。例えば、もとのAm7に戻って2弦を半音下げればAm7(♭5)です。

次に、5弦をルートにすると同じフレットの縦列には6弦5度、4弦4度(11th)3弦短7度(7th)2弦は9th、1弦は6弦と同じだから5度ですね。
仮に5フレットだとして5弦のDをルートとすると、5弦から1弦(2弦まででもいい)まで、ジャーンて弾けば、D7sus4(9th)です。そこから、4弦を半音下げればD7(9th)さらに4弦を半音下げてあげればDm7(9th)です。ひとつまえのD7に戻って、2弦を半音下げればD7(♭9th)、逆に半音あげればD7(♯9th)です。

このようにルートに対して何度がどこにあるかわかればコードネームから自分でコードも作れますし、ソロを取るときもスケールが見えてきやすいと思います。少し気が楽になるでしょ?

※間違ってたらゴメンなさいね^_^

トメスケさん

いつもアドバイスありがとうございます。やはり、度数って重要なんですね~。今までは、そこから逃げていたのですが、今回はだがんばりたいと思います。

逃げていた理由は、「そんなの覚えられない~!」ってことだと思うのですが、覚えようするのではなく、何度も弾いて、体に染み込ませるようにして、結果的に覚えているって感じを目指したいと思います。

まだまだ若輩ものですが、今後ともアドバイスよろしくお願いします。
非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR