ジャズのアドリブは難しい...

先日初めてセッションしたBlue Bossaですが、
その後自宅でも練習しております。

練習は、テーマ、バッキング、ソロに分けて練習してますが、
主にテーマとバッキングを中心に練習。

テーマは楽譜どおり弾くと、
ちょっと寂しいですよね...なんか単純で...
味がないというか...ここで演奏者の個性を出さないといけないのかなと。

先日、先生の演奏を見る機会があったのですが、
もうテーマをソロ並みに弾きまくっておりまして、
楽譜の面影なし(笑)

簡単なのはスライドを入れたり、
コードと組み合わせてメロディを弾いたりってところでしょうか?
オクターブ奏法を取り入れるのもよくある手なのでしょうが、
オクターブ奏法がそもそも苦手...(^^;
あとは繋ぎの音を入れたりして、自分向けのメロディを考えてます。

バッキングについては、Blue Bossaはどちらかと言うと
コードストロークをしていくパターンが多いので、
楽譜のコードをまず弾く練習です。
これが、個人的には結構苦手だったりする。
ちゃんと音出てなかったり、ミュートが不十分だったりします。
とりあえず練習して、きちんと音が出るように練習してます。

問題はソロなんですよね~。
まあ、ペンタトニックで弾けばそれなりに収まるのですが、
本当にリック、フレーズの引き出しが少なくワンパターン...
ジャズギター練習する前に、もう少しブルースギターを極めた方がよかったかも。

ただ、折角ダイアトニックスケールの練習もしたので、
それを用いて適当にアドリブ弾いてみたのですが、
なんか、ペンタと全然違う...

ペンタだと、それなりにその曲のKeyに当てはまっている感じがあるのですが、
ダイアトニックスケールだとそうならない感じなんです。
極端な話、音をアウトしているような感じ。

理屈的には、例えばKeyがCメジャーであれば、
Cメジャースケールを弾いてさえすれば音は外さないはず。
理論書にもそのように書いてあった。

ただ、実際にはそんな印象ないです。
例えば、フレーズの最後の音を伸ばして演奏すると、
その音がスケール上の音であっても、
小節のコードと合わず、音を外しているような印象になるんです。
なんかペンタから2音増えただけなのに、
とても使い難い感じだ。

上級者は、小節毎のコードを見て、
そのコードトーンを使って演奏するのでしょうが、
まだ、そこまでの実力はない。

...っていうか、そういう演奏するにはどのように練習すればいいんだ?

やはり、最初は短いリックをいろいろと覚えて、
コードを見て、フレットの位置を変更して弾くって練習をするのかな?

まずは、Ⅱ-Ⅴ-Ⅰで使用するリックやフレーズを練習して、
曲の進行を確認し、Ⅱ-Ⅴ-Ⅰのところでそれを弾くとか、
そういう練習した方がよいのかな?

なんか、ダイアトニックスケールから自分でフレーズ作るのは、
今の時点ではとても難しい感じなので、
まずは使えるフレーズを貯めていこうかな?

なんかいい教則本探してみるか...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
最初こそまずコードトーンで練習した方がいいですよ!
5弦ルート6弦ルートのペンタは覚えてらっしゃるかと思いますが、
同じ感じでコードトーンをドミソシドミソシと2オクターブ上がっていく感じで暗記していきます。
M7、m7、7、m7♭5、の4つからですね。
コードトーンだけで歌うように弾いてみるのが第一歩ですね!

Mさん

コメントありがとうございます。また、アドバイスありがとうございました。

なるほど、まずはコードトーンを利用するようにすれば、確かに音は外れはしないですよね。

一気に覚えるのは大変そうなので、少しづつ練習してみたいと思います。

ありがとうございました!

そうですね!
コードトーンだと絶対音外れないですし、
単音でコード進行を表現するという、いかにもジャズっぽいフレーズになりやすいです。
引き続き更新楽しみにしてますー

Mさん

ありがとうございます。ちょっと考えながら練習してみます。

また、ブログにもアップできればと思ってます。

No title

このコードの時にこう弾くと違和感があるという感覚は大事です。
ダイアトニックスケールでアドリブを弾く練習はその感覚を研ぎ澄ます為のものだと言い切ってもいいぐらいです。
こう弾くと違和感がある、じゃあどう弾けばいいのかと試行錯誤しながらスケールを弾くということです。
結果、それは理論的にはアボイドやコードトーン(とノンコードトーン)などという話になるのですが、それを理屈だけで理解するのではなく、スケールを使った練習で試行錯誤しながら感覚で身につけるということが大事なわけです。
こういう練習を早い段階でやっておくことで、理論を勉強しても頭でっかちにならず、理論と感覚が結びつきやすくなります。

なるほど。

匿名さん

コメントありがとうございました。私の場合は、コードを見ながらソロを弾くという事自体ができていない状況です。まずはそこをちゃんとできるようにしないといけないのかなと。

仰ることはごもっともと思いますので、今後頭に入れながら練習したいと思います。

アドバイスありがとうございました。
非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR