【レビュー】ギタリストのための楽典

ギタリスト向けの音楽理論書を探してして知人の紹介で購入。

ギタリストのための楽典


結論から言うと、とてもいい本だと思います。
本の厚さは1.6cmくらいなのですが、
1ページに記載される文章は多くないので、
読もうと思えば、1日でも読み切ることができます。

私自身、音楽理論初心者で、
インターバル(度数)
ダイアトニックスケール

程度の知識しか持ち合わせていませんでしたが、
それでも無理なく読みきることができました。

ただ、完全に書かれていることを理解しているわけではありません。
この手の理論書は他の本でもそうだと思うのですが、
一度読んだだけで理解しようとは思わない方がよいと思います。
何度も読むことで理解が深まるのではないかなと思います。

実際、私も1回目に読んだときは、
最後の方の章はほとんど何がかかれているかわからない状態でした。
でも、2回目、3回目と読み返していると、
徐々に理解できる部分が増えてきました。

音楽理論って、前で知った知識の積み重ねだと思うんです。
例えば、度数わからないと、ダイアトニックスケールがわからなかったりとか。

ですので、1回読んだだけでは、その知識を充分に理解していないと、
次の項目が理解できなかったりするのですが、
数回読むと、以前理解できなかったことが理解できるようになってました。

1日1章づつでも短い時間で読めますし、
ボリュームもいいですね。

あと、ギタリスト向けとはなってますが、
特にギタリストに特化した印象はないですね。

もちろん、ギターの指板くらいはでてきますが、
初級の音楽理論書として幅広く使える印象です。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR