CAGEDシステム?

相変わらずジャズギターのアドリブについて悩む毎日なわけなのですが、
いろいろネットで情報を調べていると、
なんとなく方向性が定まってきた感があります。

コードトーンでソロを取ることが基本!ということで、
コードトーンで弾こうかなと思うのですが、
まず、どこにコードトーンがあるのな?ってな状態なわけで、
なかなか一筋縄では行かないわけです。

そんな時にネットCAGEDシステムという言葉をみつけた訳です。
これはケイジドと呼ぶようですが、
海外ではギタリストであれば誰でも知っているようなのですが、
日本では知らない人も多いようです。

平たく言いますと、CAGEDのアルファベットは、
オープンコードの型を意味しており、
ギターのコードの型はこの5つの型に集約されるそうなんです。

例えばオープンコードのCですが


この型って私の場合、ほぼCを弾く時しか使用しないわけですが、
当然、1フレットあげるとC♯のコードになるわけです。


つまり、順にずらしていけば、
Cの型で12すべてのコードを弾くことができるわけです。
同様に、A型、G型、E型、D型でも。

逆に言えば、Cというコードは、
C型、A型、G型、E型、D型で弾くこともできるわけです。

要するに、この5つの型を覚えてしまえば、
すべてのコードが押えられるわけです。

...でコードトーンを用いたアドリブの話に戻すと、
教則本に掲載されていたコードトーンの一覧表。
IMG_1740.jpg

見開きでこんな感じでドーンと掲載されると
端から覚える気が起らないわけですが...

あれ?これ全部覚えなくても、5つの型を覚えれば、
ひょっとしてコードトーンで弾くことができるんじゃね?
と思ったわけです。

まあ、5つの型くらいであれば、覚えられそうですよね。
ペンタトニックとかも5つの型だったしね。

ということで、今後はこのCAGEDシステムについても
取り組んで行こうかなと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR