車のカギを回すイメージでピッキング

先日から朝練に取り入れた手首のスナップ練習...
う~ん...難しいというか、まだよくわからない感じですね。

成毛さんの解説では、この手首のスナップの解説を
・アナログ温度計の温度を下げる行為
・濡れた手の水を切ろうとする行為

で例えておりました。

これは、なんとなくイメージできます。
手をぶらぶらにした状態で、手首のスナップを利用して、
ピシッ!って振る感じですよね。

ただ、もう一つ例えているんですよね。
・車のカギを回す感じ
これが、よくわからないんですよ...

右手の手首を折り曲げて(鶴の首のような感じ)、
手首の振りだけで、ピッキングするのですが、
(鶴が「嫌だ!嫌だ!」って首振っている感じ)
これが、車のカギを回すイメージらしいのです。

手首をまげて手を振ると、動き的には、
車のカギを回す動きと同じと言えば同じなのですが、
本当にこの弾き方であっているのかなぁ...
なんて思いながら練習してみます。

とりあえず、力まずに、
手首のスナップで弾くように心掛けて弾いてます。
いつか感覚がわかる日がくるかと。


↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

ギター ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

HOROさんこんばんわ。

朝練がんばってますね。僕も色々なメニューをこなしているとあっという間に仕事の時間になります。もっと弾きたいのにって思う気持ちが夜の練習につながっています。

さて、右手スナップの使い方ですが、「鶴のイヤイヤ」と「車のカギをまわす感じ」は手首の角度の違いだと考えます。僕は自分の師匠の影響でミュートにはかなり神経を使ってます。手首に角度をつける=掌(手首の少し上の部分)が弦から浮きますよね。そうなるとミュートが疎かになってしまうので、僕は「車のカギ」スタイルに近い形でピッキングしてます。しかし強いアタックも欲しいので、ミュートと両立できる所までは手首を曲げています。音の良さとスピードを考えたら、鶴イヤ方式がいいように思うのですが、ミュートが難しいうえに、一回一回正確に弦にヒットさせるのも難しいですよね。一応練習はしてますけどなかなか手ごわいです。

それとyoutubeでいろんな人のピッキングも見まくりました。だいたいスタイルにパターンがあって「自分はこのパターンかぁ」ってなります。上手い人のだけでなく、歴の浅い人の動画も勉強になりましたよ。あぁ、力んでるなぁとか左指が雑だなぁとか。

でも大事なのは形ではなく音だと思います。
僕の師匠は「こういう音が出したくてこうしている」と教えてくれます。奏法だけでなく、ピックの厚みや角度、弦の太さやなんかもです。
僕も、いつも出音に気をつけて弾き方を微妙に変えてきました。出したい音はこうなんだけどやっぱりこれじゃ弾きにくいなぁとか考えながらです。
前にも書きましたが、無料体験レッスンや単発レッスンも貴重な気づきがあって良い勉強になると思います。努力の方向性が間違ってないかの確認にもなりますしね。








のんちさん

いつもありがとうございます。確かに,ミュートできないし,ピンキングが安定しないので,今は,いろんな音がなってます...(^^;

しばらくは弾き込んで安定するまでがんばってみようかなと思ってます。

私も音に意識して,ビデオを同じ音が出ることを目標に練習したいと思います。
非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR