ジャズ初心者による「いつか王子様が」の分析 ~その②~

Someday My Price Will Comeの素人分析その2です!(笑)

Bメロのコード進行は下記のような8小節になります。
Dm7 D♭dim7 Cm7 F7
Dm7 D♭dim7 Cm7 F7

4小節毎の繰り返しになりますね。

Aメロの同様に、まずはダイアトニックコードの確認です。
ここはD♭dim7だけがノンダイアトニックコードになりますね。
...ということは、D♭dim7以外はB♭メジャースケールでいけそう。
F7ではオルタードとかもいけるのかな?
まあ、今回は弾かないけど。(^^;

ここのDm7⇒D♭dim7の流れですが、
当然ドミナントモーションでもありませんし、
どのような理屈なのかわからないのですが、
これは今練習しているJazz Guitar Chord Work Bibleの第2章
ジャズブルースで出てくるコード進行と同じです。

D⇒D♭⇒Cと半音づつ♭していく進行ですね。
よくあるパターンなのでしょうね。

ここのdimコードの部分は、
D♭からdim7のコードトーンを追っていく感じにしようかな。
何弾けばよいかわからないし...

さて、Cメロの8小節ですが下記ようになります。
Fm7 B♭7 E♭△7 Edim7
B♭△7/F Fdim F7sus4 F7


なんか凄まじいですね...
E♭△7とF7以外、すべてノンダイアトニックコードなんですけど...

最初の3小節(Fm7⇒B♭7⇒E♭△7)は簡単ですね。
E♭△7に向かうⅡ-Ⅴ-Ⅰですので、E♭メジャーに部分転調という理解でいいでしょう。

Edim7はさっきの逆ですかね...
E♭⇒Eと半音あげるコード進行になってます。
よくあるんでしょうか?
ここもとりあえず、dimのコードトーンで行こうかなと。

最後の4小節は、先日のバッキングの解釈でも書きましたが、
F7sus4≒Cm7と解釈すると、ダイアトニックコードになりますので、
ここもdimの時はdimコードトーンで対応して、
その他はB♭メジャースケールで対応しようかなと。

ふ~っ!一応、分析終わった!
結構、素人には大変な作業ですよね~。
ベテランの方は、これを瞬時に判断しているのかな...

私の場合、コード構成音も紙に書きながら確認している段階で、
瞬時に判断とはほど遠い感じです。

でも、最初はこんなもんですよね。
これを繰り返しているうちに、
だんだんパターンが見えてきて、
判断が早くなってくるかな。

しかし、ジャズ始めてから、
頭の使いすぎで、とても疲れが出てきます。(笑)
ボケ防止にはよいかな。

さて、アドリブがんばろっと。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR