ギターソロを考える

先週末からSomeday My Prince Will Comeのギターソロを考えておりました。

これまでのコード進行分析をもとに、
コードトーンとスケールを利用することで
玄人の方はササッとアドリブを弾かれるのでしょうが、
もちろん、そのような技量を持ち合わせておりませんので、
事前にソロを考えることしたのです。

最後まで読み通せるジャズ理論の本にも書かれておりましたが、

そのコードの3度の音を弾けば、
それなりにコードに収まっている感がでると。

今回はこの法則を利用させていただき、
各小節の出だしは3度、残りはスケールを弾く
という方針でギターソロを考えてみました。

全部で32小節あるのですが、
結構疲れましたよ...頭が。

昨日なんか、4小節のフレーズだけで、
1時間以上かかりました...

最初はもっと簡単にできるかなと思っていたのですが、
1小節内ではフレーズになっていても、
それを複数の小節でつなげてみると、
メロディになっていなかったり、
どこか不自然であったということが多くて苦労しました。

コードトーンを弾けばOKと思ってましたが、
やはり前後の繋がりで、
「あれ?なんか変?」
となってしまうのでとても大変でした。

土曜日から開始して昨日で一応完成はしたのですが、
実際にバッキングに合わせてみると、
正直、アウトしているなぁ...と思うところもあります。
きっとアボイドノートを弾いているのでしょうね...
考えるの疲れたので、今回はこれで終わりにします。(^^;

でも、こうやってフレーズを考えると、
いろいろと勉強になることも多いですね。

例えば、最初はギターの指板を見ていても
スケール上の音が見えていなかったのですが、
徐々に、スケール上の音が見えてくるようになりました。

あと、人はどのようなソロを弾いているのだろう?
と考えるようになり、音楽の聴き方が変わりましたね。

よく、ジャズ初心者へのアドバイスで、
「たくさんCDを聴きなさい」って言うのが定番ですけど、
ただ聴き流していても効果がないわけではないだろうけど、
目的意識をもって聴く方がより効果的ですよね。

自分でメロディを作って、
その苦労がわかり、
人が演奏したかっこいいソロに興味がわく。

こんな感じで成長していくのですかね~。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

No title

スケール上の音が見えてくるってのはすごい学びですね。ぼくも鍵盤ですが、アドリブラインを作ってそれを練習して弾けるようにして、それから再度分析して、譜面に落とすのを何度かやってみましたが、やはり使うべき音がだんだん見えてきて、ものすごく勉強になりました。しばらく続けていこうと思っています。

なるほど。

音治さん

コメントありがとうございました。やはり、アドリブラインを考えるということは、とても面倒で、難しいことですが、有益な方法なんですね。

あと、譜面を書く力を身につけないとな...昨日考えたソロが次の日、まったく記憶がないケースが多いです。(^^;
非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR