モードの勉強を強化しないと...

今年から音楽理論書を読み始めて、
最初は理解度が低かったのですが、
繰り返し本を読んだり、
他の理論書を読んだりしたことにより
ようやく基礎的な内容を理解できうようになったかなと。

音楽理論は基礎の積み重ねのようなものなので、
前に習ったことを理解できていないと
次の項目を充分に理解できないことが多いので、
基礎をしっかり身に着けることはとても重要と認識してます。

そういう観点では、少し基礎力がついたので、
Webなんかで音楽理論について書かれたサイトがあっても
以前よりは理解できる分も多くなったと実感してます。

...と言っても私が今理解している部分は
コード理論に関する部分がほとんどで、
スケール理論はまだまだ理解度が低く、
勉強しないといけないなと。

そう、特にモードの部分です。

先日のギター道場においても、
結構、解説でスケールやモードの言葉が飛び交います。

例えば...
「ここのドミナントの部分では、
 Gオルタードを弾きます。
 つまり、D♭リディアン7thを弾くことになります。」

...と言った具合です。

モードに関しては、以前こちらでも記事にしましたが、
いまいち腹落ちしていない部分も多く、
まだ、イオニアン、ドリアン...と言った名称だけでなく、
ミクソリディアンって何の音から始まるんだっけ?
状態でわけで、それに7th!?って感じなわけです。

今後はモード、スケールについても
強化していきたいと思います。

最初はモードの話を理論書で読んだ時、
構成音はダイアトニックコードと同じなのに、
開始する音を変えることにどういう意味があるのか
よく理解できませんでした。
今も理解できてませんけど...(^^;

ただ、スケールってよく考えると、
半音と全音の組み合わせでできているわけで、
その組み合わせ順番が変われば、
スケールの印象も変わるということかな?

イオニアン(メジャースケール)の音の並びは、
全・全・半・全・全・全・半
となります。

ドリアンの音の並びは、
全・半・全・全・全・半・全
こうなりますので、確かに構成音見なかったら、
違うスケールのように感じますね。

まだ、よくわからんので、
じっくり勉強していきたいと思います。



↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

ジャズ理論は難しそうですね〜〜

最後まで読み通せる音楽理論の本、
ようやく3回目読み通しました。
さすがに随分理解が進みかなり楽しくなってきました。
調子に乗ってアドリブ理論の本も読み始めましたが、
すでにアドリブをやっているせいか、
こちらの方がはるかにわかりやすいです(^.^)
やはり少しずつでいいので、
毎日続ける事が大事ですね〜(^^;;

すばらしい!

みにみにさん

いつもありがとうございます。『最後まで読み通せる音楽理論の本』を読んでいるんですね!すばらしい!

私もジャズ理論の本は後半部分だけでも、5回以上読んだかな~。とても勉強になりました。

ほんと、毎日やり続けるのが大切ですね。
非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR