ジャズアドリブの本の第1章は...なんと!

今週よりGrant GreenOleoを聴いております。

こちらの曲はOleoを聴きたかったからで借りました。
ギター道場でもOleoはかなりよく皆さん演奏しますが、
セッションでは有名な曲なのでしょうか?
これぞビバップ

さて、今週より新しい教則本に取り掛かっております。
ジャズギターアドリブ・シンプルマスター

こちらの教則本は初心者向けのアドリブの本なのですが、
第1章から結構驚きです。

第1章 基本的なテクニックのトレーニング

毎日の基礎トレーニングを第1章にしているのです。
少なくともこの本を手に取る方には、ギター初心者はいないはず。
ジャズのアドリブの本ですからねぇ...
でも、ちゃんと理由が書いてあります。
基礎をないがしろにしてはいません!と。
ですので、あえて基礎トレをもってきているのでしょうね。

でも、こういうのってとてもすごい気遣いだと思いませんか?
著者の方はジャズアドリブにはこのくらいのテクニックが必要だと
強くおもっているということですよね。
大手出版社だと、カットされそうな気もします。(笑)
あえて基礎トレを第1章にもってくることに、
著者の読者への熱い想いを感じます!

その中身なんですが、毎日の基礎トレとして
6個くらいのエクササイズが掲載されているのですが、
最初はなんとあの定番のクロマチックスケールですよ。

まあ、一応やっておくか程度の軽い気持ちで始めたら
かなりムズイ! ... Σ( ̄ロ ̄lll)

今までやっていたクロマチックと全く違うんですよ!
フレーズ自体は6弦解放から順番に、
1f、2f、3f、4fと弾いて、
5弦、4弦と順番に弾いていくのは定番なのですが、
いくつかルールがあって、
①1f、2f、3f、4fと弾いた後の指は離さない。
②下の弦の解放を弾く時は、上の弦をすべて押えた状態で弾く

というものです。

要するに、5弦の解放を弾く時は、
すべての指が6弦の1f、2f、3f、4fを押えた状態ということ。
これ結構難しいです。

また、弦を押えるときは他の弦に触れないようにとも書かれていて、
第一関節でうまくまげて、指先で押えるようにと。
これ、今までやったことなくて結構難題!
6弦をすべて押えた状態だと、
やはり5弦に指が触れてしまって音がミュートになります。

第一関節で指があまり曲がらないので、
手首を前に出すような感じになってしまいます。
また、フレットに近いところに指を置きたいのですが、
指が中々広がらず苦戦...

このあたりの基礎トレはもっと少し早くやらないといけなかったなぁ...
あとはハンマリング、プリングのトレーニング、
Summertimeに合わせてアツペジオ等が収録されてます。

まあ、いずれにせよ、毎日やるトレーニングなので、
じっくり練習していきながらマスターしたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

矢堀孝一 アウトフレーズの極意〜覚えるべき演奏思考法とアウトの七カ条〜 [DVD]


スポンサーサイト

コメント

HIROさん

こんにちは♪僕もそのクロマチック弾いてみました…が…出来ませんよーっ!!やっぱり開放弦が鳴りません!!この基礎練習は「手首を前につき出しながら、しっかり指を立てる」為の練習なのでしょうか!?とにかく手強い基礎練習ですね。あと、プリング、ハンマリング、そしてスイープですが。僕もこれまで全くしてこなかったので、練習をし始めた時は超ぎこちなかったです。でもこの1ヶ月みっちり練習したところ、だんだんいい感じになってきました。特に、ピッキングを全くせずプリングとハンマリングだけでフレーズを弾く練習は効果抜群でしたよ!!最初はガチガチの力入りまくりでしたけど(笑)

慣れですかね?

のんちさん

いつもありがとうございます。そうですか、のんちさんでも難しいですか。なんか、手首を前に出したらダメのような気がするのですが、でも、第一関節だけまげて押えるのってできませんよね?慣れるとできるんですかね?プリングとハンマリングもかなり、ハードな練習になってます。(笑)ま、しばらく続けてみて様子をみたいと思います。

Night And Dayでスイープ出てくるのですが、半分のスピードでも全く弾けるようになる気がしません(笑)やっぱり、力入っているんですよね...ダメと分かっていても。これも慣れですかね?

HIROさん

プリングもハンマリングも何回も繰り返しやってると、そういう動きに指や腕が少しづつ慣れてきました。最初は指と腕(肘から手首まで)がガチガチですぐに疲れてへばってましたけど。僕が実践していたのは「やればできる?!超絶技巧ネオクラシカルギター」というblogで紹介されていた速弾きの為のフレーズです。blog主様の言う通り、明らかに指が速く動くようになりましたよ!!プリング、ハンマリングが大事なテクニックっていうのも再認識しましたし。あとスイープですが、僕がつかんだコツみたいなのは……まずダウンの場合。弦を弾き下ろす際、ピックが1弦側に倒れる位柔らかく持って、ピックの裏面を使うようなつもりで「弦を撫でるように弾く」です。そう、面で撫でる感じです。ピックが寝ていると弦にいちいち引っ掛からず、滑らかに弾き下ろす事ができます。1弦1弦にピックを当てるというより一連の動きみたいな感じです。肘から先の腕の重さを使って「ピックを持つ拳が膝までダランと落ちたらついでにピックで弦を撫でちゃった、あるいはピックが弦の上を滑っていった」ぐらいの力加減と勢いです。ピックは常に弦に負けてる感じでグラグラしてます。ピックをつまむ力も普通に何か弾く時やカッティング、バッキングの時より弱いぐらいです。アップの時ですが、ピックが弦に負けて親指側に倒れるようにするには「右手の甲を腕時計の文字盤を確認するような動作」つまりほんの少しだけ(本当にほんの少しで十分です)自分の身体側にひねります。これでピックが弦に負けるのを助けてる感じです。こういう動きの人、YouTubeでも見かけますよ。あっ、1弦から6弦までをピックのような小さな刷毛でペンキ塗りしてるような感じかも。で、左手はとにかく右手とシンクロさせる!!です。(いや、右手を左手に合わすのか?)僕はアップが苦手です。ダウンで指を順に離していくのはシンクロするのに、アップで指を押さえていく時遅れるんです(たぶん薬指が弱くて右手とずれてる)。また右手も、ダウンからアップに替わる「アップの1音目」が遅くれ気味になります。左右のシンクロは速弾きの時の課題でもありますけど…あと、少し慣れてくるとついつい勢いで弾きたくなりますが、ゆっくりも弾けないとダメなんですよね。一連の動作ではあるけれど1音1音はリズムはキープしないと、速いフレーズをスイープで適当に誤魔化してるように聴こえると思うんです。
ちなみに僕は、やり易い4弦10フレット、3弦9フレット、2弦8フレット1弦7フレットの往復で練習し始めました。HIROさんも曲中のフレーズが難し過ぎるなら、こういう楽なポジションでスイープの感覚、感触を掴むのもいいかもですよ♪こんな説明で何かヒントになったかなぁ????僕も「スイープなんて出来っこない、こんなの出来る人にしか出来ないよっ」って思い込んでいましたが…今弾けてます(笑)だからHIROさんにも絶対出来ます!!

ありがとうございます!

すみません!とても貴重なアドバイスありがとうございました!

やはり、練習を続けることが大切なんですね!私もあとで成果が確認できるくらい練習したいと思います。

また、スィープの詳細の解説もありがとうございました。確かにスィープというくらいですからね、撫でるように弾くとよいのでしょうね。確かに、私は1弦づつピッキングしている感じでしたね。

がんばって練習したいと思います!アドバイスありがとうございました!
非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR