コードを弾いてメロディが疎かになっては絶対ダメ!

ようやく忘年会も一段落です。
日曜日はギター道場の忘年会もあり、
昨日から出張にでていて今戻りました。
ギター弾けてないです...ダメですね。

さて、今日よりJesse Van RullerTrioを聴いてます。

いいですね!渋い感じです。
これはコンテンポラリージャズと言うのですかね?
バーボン飲んで、Liveで聴きたい感じです。

さて、日曜日のギター道場では、
季節柄ということもありChristmas Songが題材でした。
コードヴォイシングがテーマで、
メロディにどうやってコードを付けていくか?
をいろいろなパターンで解説してくれます。

8小節くらいに2時間くらい時間かけて、
いろいろなヴォイシングを教えてくれました。
先生はこの練習をとても推奨してます。
8小節ですが、これくらいの時間を掛けてよいと。

確かに解説を聴いていると、ギターの度数の関係も理解できるし、
基本的な音楽理論も確認することが可能です。
ただ、コードの理屈をある程度しらないと、
ヴォイシングを考えることもできないですよね。

私も半分くらいはよく理解できなかったのですが、
それでも1年前は全く理解できなかったのに、
少し理解できる部分が増えているのは成長できた証ですかね?

やはり、先生が書いているジャズギターコードワークバイブル
勉強中であることが良かったようです。

この本ははっきり言って中級者以上向けの本です。
もし、書いてあることをすべて理解しようと思うのであれば。
ただ、第1章と第5章をやるだけでも初心者にはとても勉強になると思います。
ただ、少し音楽理論は勉強しておいた方がよいのですが。

今回のテーマはメロディにコードを付けることでしたが、
先生が一番大切だと言っていたことは、
①コードを弾いてメロディが疎かになっては絶対ダメ!
②ちゃんとコードの意味を理解して弾くこと!

の2つでした。

①はトップノートでメロディを弾くことが多いと思うのですが、
そのトップノートが弾き切れず、聞こえなくなり、
メロディだけ聴くと、抑揚のないメロディになってしまうケースが多いようです。

②はただコードの形を覚えるのではなく、
どのような構成音を用いて、そのコードを作ったのかを理解することが重要
とのことでした。
そうじゃないと、他のコードに応用が利かないと。

今回も自分には難しい講義でしたが、
それでも、自分なりに勉強できたことも多く
とても勉強になりました。

ジャズギターを始めて1年。
まだまだ先は長いようですが、
あまり焦らず、がんばって練習していきたいと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ嬉しいです!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR