コードトーントレーニングの方法

あ~...久しぶりに飲みすぎた...(笑)
午前中はゲロゲロ状態で仕事にならず...
午後になって頭痛が...
飲み過ぎに注意しないと...

と言うことで今朝も朝練はできなかったのですが、
コードトーンの練習は実施してます。
前回の記事で3度の位置を把握することが大切であると
書かせていただきましたが、
コードをみてすぐに3度を押えられるように練習してます。

あと、コードトーンを弾いている際に
そのコードの押えている場所も見えるようになることも
重要なのかな~と考えております。

...ということで現在実施している練習方法ですが、
Circle of Fifth(五度圏)を利用して練習してます。
まずは12時の音であるCから時計と反対周りに、
F、Bb、E...と言った感じでコードトーンを弾いていきます。
a41975b0.png
最初はM7のコードトーン練習です。
①最初はCM7になりますので、まず、3度の音を押えて弾きます。
 ルートとの位置関係で覚えるようにします。
 5弦にもありますが、3弦に3度を把握するようにします。
 6弦ルートCM7であれば9fがミ(E)になります。
②その後に、6弦ルートのCM7のコードをじゃら~んと弾きます。
 先ほどの3度の音なんかも確認しつつ...
③続いて、6弦からコードトーンを1弦まで弾いていきます。
 戻り(1弦)も同じように弾きます。
 ピッキングはオルタネイトで弾いてます。
 弾いている際に、先ほど押えたCM7のコードをイメージします。
 6弦はルートを弾いて、5弦はコードでは弾いていない。
 4弦は7度の音を弾いてルートは弾いていないんだな。
 3弦は先ほどの3度を弾いているんだな...ってな感じです。
④終わったら次のコードFでも①~③を繰り返す。
⑤1周したらm7、7、m7(b5)でも同じことをする。


こんな感じで練習してます。まだ、m7(b5)は練習してないけどね。

これに慣れてきたら、Circle of Fifth(五度圏)をやめて、
実際の曲で同じ練習をしようかなと。

そうすれば、咄嗟にフレーズが出てこない場合などに、
3度を含めたコードトーンなんか弾いて
その場しのぎができるのではないかなと。

やはりコードみてすぐにコードトーンが弾けるようになれば、
精神的な不安はなくなると思うのですよね~。
あと、6弦ルートだけでなく5弦ルートも弾けるようにしないとね。
コードがFだったら、6弦の13fではなくて、
5弦の8fで弾けた方が便利ですしね。

さ、今日は二日酔いですが、
コードトーントレーニングくらいは実施しようかな。

そういえば、金曜日から5日間、九州出張なんだよな...
また、ギター弾けなくなるなぁ...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR