フレーズ組合せのアドリブはもう限界...

昨日はギター道場でした。
とうとうMack the Knifeのセッションデビューでした。
結果は散々なものでした。(笑)
まあ、予想どおりと言えばそれまでなんですけどね。

今日必ず弾こうと思ったフレーズは実戦では弾けない
これ、ジャズアドリブあるあるらしいです。(笑)
でも、かれこれ3か月くらい練習してきたのですがねぇ...
結局、緊張からフレーズが飛んでしまって、
1つ弾けなくなるとあとはなし崩し的に...

先生からはまずアドリブ以前の問題として、
しっかり8分音符をレガートで弾く練習をするように
アドバイスをいただきました。

しかし、正直、このフレーズを組み合わせて
ジャズのアドリブを実施するという手段は効果的なのでしょうが
すべてのアドリブをフレーズの組み合わせだけで実施するのは
自分にはちょっと限界かも。

ある曲のこの部分でこのフレーズを!ならまだわかりますが、
メジャーコードの時はメジャーのフレーズを
マイナーコードの時はマイナーのフレーズを
セブンスコードの時はオルタードのフレーズを...
なんてやっていると、昨日みたいに
フレーズが1個飛んじゃうと、もう頭真っ白になるんですよね。

私がこの3か月やってきた練習って、
ひたすらこのフレーズの組み合わせを実施してきており、
正直、これってアドリブなの?と思いながらも
弾き続けると何か違う景色が見えてくるのかなと思ったのですが、
現状見えてきません...(^^;

何よりも弾いていて面白くないのですよね...
これ結構苦痛でした。

この教則本の課題曲はあと2曲あるのですが、
ちょっとこれ以上、同じ練習をするモチベーション維持が難しいので
今回をもってこの教則本を終了させていただきたいと思います。

後日、正式にレビューをさせていただきたいと思います。
ちょっと自分の進め方が悪かったのかな...と反省もしてますけどね。

ということで、しばらくは入門・目からウロコのジャズ・ギターを実施したいと思います。
ただ、こちらもコンセプトは同じような感じなんですけどね。大丈夫かな?
とりあえず、今のところは楽しく進めておりますので、
ページも薄いですし、最後までやりきりたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




スポンサーサイト

コメント

難しいですよね。

私も、同じようなもんですよ。
ダメダメです。

それでも、ロストしないための一つの方法だと思うのは、当てはめたものを、1コーラスとかで考えずに、もっと短いフレーズ単位で考えてコードポジションと絡めると途中からでもリカバリーできると思います。

あと、例えば二小節で8分音符のII→Vのフレーズの頭で入り損なったら最初のIIマイナーは休んで、V7のところで16分音符で弾いてしまう事もできますよ。緩急がでてカッコいいので、あえてそう弾くのもありだと思います。

はめ込み方式は賛否両論あるようですが、コードに対するジャズ的なサウンドを身体に植え付けるには有効だと思います。否の人はフレーズを自分のものにする事を中途半端にやめてしまったか、もしくは、そのフレーズの根底にある考え方をちゃんと分析しなかったかのどちらかだと思います。

コードやスケールにとらわれず大きく歌うことは理想だし、素晴らしい事ですが、音楽的な経験値や理論的な習熟がなくてそれが出来たら間違い無く天才です。

自分は凡人以下なんで地道に頑張ろうと思います。

そうですね。

トメスケさん

コメントありがとうございます。そうですね、私のようにただ与えられたフレーズを繋げているだけだと成長がないのかなと反省してますね...

ただ、初心者むけの本であるので、それを仕向けるような練習なり、説明があるともっとよかったかなと思いました。

とりあえず、たくさんのビバップフレーズは練習したので、今後どこかで行かせていければと考えております。

コードトーンとスケールとフレーズを駆使して、バランス良くアドリブ取る事を目指しております。フレーズのみ、スケールのみ
両極端に限定するのは素人の私には難しいです。あと30分 25フレーズ練習したら寝ます。

ほんと、そのとおりだと思います。

慎之さん

コメントありがとうございます。ほんと『コードトーンとスケールとフレーズを駆使して、バランス良くアドリブ取る事を目指しております。』これができれば最高ですよね。

私はすでにお酒飲んでますが、練習頑張ってください!

No title

「弾こうと思ったフレーズが実践で出てこない」はかなりあるあるです(笑)
地道に反復練習して実践で自然に出て来るのを気長に待つしかありません。

スケールもコードトーンもフレーズも全部繋がっているので、どれかだけ覚えても
結局は全部やることになります。
とっかかりはどこからでも良いと思います。全部やるより
自分のやりやすい理解しやすいところから初めて行くのがいいかなと思います。

メジャー・マイナー・セブンスのフレーズのポイントは3度と7度なので
例えばCのコード、フレーズのコードトーンの中で、最初はこの二つだけ気にするようにすると
いろんなフレーズが覚えやすいのと、フレーズの頭の音がが何度から始まっているか、というのを
気にするのもいいのかもしれません。覚えやすくなると思います。
移調の時にポジションもわかりやすいです。

フレーズを沢山覚えて弾けるからといって、実践でアドリブ出来るとは限りません。
はじめはこのコード進行の時にこのフレーズを繰り出そうと決めたところでちゃんと出せるように
することが大事だと思います。
ジャズを始めた人たちはみな全員間違いなくHIROさんと同じ道を通っているので
時間をかけて、コツコツやるしかありませんね。

アドバイスありがとうございます。

みとさん

コメント及びアドバイスありがとうございました。おしゃる通り、度数の感覚が身に付いていないので、フレーズ何を弾いても丸暗記になっているところがダメだなと思いました。

ちょっと最近は、今後の目標みたいなものがはっきりしてきたので、コツコツがんばりたいと思います。

また、お時間ありましたら訪問下さい。宜しくお願いします。
非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか6年間継続することができました。(2017年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR