フレーズはインプットよりアウトプットが重要!

今週より本格的に開始した入門・目からウロコのジャズ・ギターですが、
1625のコード進行に合わせて、メジャー、マイナーのドミナントフレーズを
それぞれ4つずつくらい選択して練習してます。

この教則本のよいところは、例えばメジャードミナントフレーズを練習する際に、
そのⅡ-Ⅴ-Ⅰの部分だけ収録されているわけではなく、
1625のコード進行が収録されてます。

よって、メジャードミナントフレーズの場合は、
最初の3小節はバッキングを聞いて、
最後のV7部分でドミナントフレーズを弾く感じになってます。
マイナードミナントフレーズの場合は2小節目に弾く感じです。

これはとても練習する上で便利です。
ちゃんと、コード進行を意識しながらフレーズを弾く練習になることは勿論ですが、
例えば、メジャードミナントフレーズの2小節目に、
練習しているマイナードミナントフレーズを練習
することができます。
逆にマイナードミナントフレーズの4小節目に
メジャードミナントフレーズも弾く
ことができます。

これがある程度弾けるようになったら、
iReal Proで作成した1625コード進行をリピートにして、
いろいろなフレーズを組み合わせて練習してます。

あと、このフレーズを他の曲で練習することも必要かなと考えまして、
実はSunnyと並行してBlue Bossaに取り組んでいたので、
こちらに当てはめてみようかなと。

Blue Bossaのコード進行は16小節で、
最初の4小節はCm7、Fm7ですが
次の4小節はマイナーのⅡ-Ⅴ-Ⅰ
次の4小節はメジャーのⅡ-Ⅴ-Ⅰ
最後の4小節はマイナーのⅡ-Ⅴ-Ⅰ

と使えるコード進行の塊だったりします。

最初の4小節はCmのペンタで弾いて、
Ⅱ-Ⅴ-Ⅰが来たら、目からウロコのフレーズを弾いてみます。
もちろん、リズムもKeyも違うのでちょっと修正が必要ですが、
このアウトプットの作業がとても楽しく、
アドリブに効果的かなと感じてます。

フレーズはインプットも大切ですが、
多量にインプットしても、それをアウトプットしなければ、
身体に染みついて
きませんよね。

逆に、私のような初心者の場合は、
インプットの量を制限して、
ひたすら、他の曲でアウトプットすること
とても上達の近道なのかなと感じております。

ちょっとしばらくはアウトプットに力を入れていきたいと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR