FC2ブログ

ペンタ+αでメジャースケールを把握する方法

ようやく雪も一段落しまして、
生活にも落着きを取り戻してきました。
昨日はオリンピックを見ながらギターの練習♪
メダルが取れると自分のテンションも上がりますね!

さて、今日はちょっとスケールの話をしてみようかと。
ジャズギターを始めて2年が経過して、
つい最近まで悩んでいたのが、
スケールの位置を把握できない
ということでした。

例えば、ペンタトニックの場合は、
あの有名な形を視覚的に把握することは容易ですが、
メジャースケールって音が二つ増えただけなのに、
複雑で視覚的に把握するのは困難ではないですか?

ですので、結局ルートを見つけて、
そこからドレミファソラシドを
弾くだけ
になったりしてました。

今回、ご紹介するのはこれまでにも少し取り上げてきましたが、
ペンタ+αという概念なんです。
概念と言うと大げさですけど...(^^;

例えば、Cメジャースケールを弾きたいと思った場合、
まずはCメジャーペンタ(Aマイナーペンタ)の位置を見つけます。
下記がもっとも有名ですね。
20180215_CMペンタ
もともとペンタトニックスケールは
メジャースケールから5音抜き出したものですので、
逆に考えるペンタに2音足してやればいいわけです。

じゃあ、どこに2音足されるんだ?と言うことになりますが、
1弦と2弦に注目すると、6fと7fに4度、長7度の音が図のように配置されます。
ちょうど赤枠で囲んだ部分ですね。
要するに3度、5度、6度、ルートに囲まれたボックス内に
斜めに音が配置
されております。
これは結構視覚的には覚えやすいですよね。
20180215_CMajor.jpg
実は3弦と4弦、4弦と5弦にも同様のボックスがあり、
青枠緑枠のようになり、赤枠と同じ配置になるんですよね。
これで、個人的には結構メジャースケールが把握しやすくなったのですが、
皆さんはどうでしょうか?

正直、私の場合はこの赤枠、青枠、緑枠すべてを
使用しているわけではなく、
ペンタ+赤枠の2音だけを加えて、
メジャースケールで弾いております。
青枠、緑枠は徐々に取り入れていけばよいかなと思います。

これを頭に入れておくことにより、
メジャースケールのアドリブがルートから
ドレミファソラシドを行ったり来たりするだけではなく、
ペンタ中心にアドリブをしながら、
途中、赤枠の音を含めることで
メジャースケールを自由にアドリブできる
ようになりました。

個人的には結構画期的だったのですがね?
皆さんはどうでしょうか?
玄人の方にはそんなの必要ねぇ!って感じかもしれませんが、
初心者の方にはよいヒントになればなと思います。

ちなみに、赤枠のボックス内の音の配置は
4種類ありますが、その配置によってスケールを変えることができます。
これはまた、今度説明したいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか6年間継続することができました。(2017年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR