まずはしっかりスケール練習を!

スケール練習をした方がいいよ

アドリブに対するアドバイスをいただいた時の先生の言葉です。
よく初心者の方(私も含め)から聞く言葉に
スケール練習しても順番にしか弾けるようにならず、
アドリブが弾けるようにならない!

というのがありますよね。

でも、先生はあえて私にスケール練習の課題を与えました。
それを自分なりに考えてみました。
確かにスケール練習だけをしても
アドリブができるようにはならないと思います。

でも、まずはスケールくらいきっちり弾けないとアドリブどころではない
という事かなと思います。

先生が最近よく言うのですが、
曲にはグルーブがあって、
そのグルーブはある程度のテンポで弾かないと
そのグルーブ感が出せない。


もちろん、バラードやテンポの遅い曲は
ゆっくりでもいいかもしれませんが、
私が挑戦していたBlue BossaSunnyなどは、
かなりテンポ早い曲なので、
それなりのテンポではないとグルーブ感が出しにくいです。

このような場合、初心者はスピードについていけないので、
テンポを落として練習をしようとします。
テンポを落とすと、グルーブ感も違いますので、
そこで生まれてきたアドリブもグルーブ感がないものになってしまいます。

では、グルーブ感を出すために、
ある程度のテンポでも弾けるように練習しなければなりません。
その為の基礎練習がスケール練習なのだと思ってます。

現状、2-4のリズムで60(120bpm)くらいから練習をはじめ、
目標としては100(200bpm)を目指しております。
これを8分音符、3連符、16分音符を適当に織り交ぜて、
時にはKeyも変更しながら練習をしております。

現状、85(170bpm)くらいになると、
3連符、16分音符は怪しい感じですね...(笑)
このあたりが私の現在の限界なのだと思います。

こちらの練習は毎朝15分程度練習してます。
まずは8分音符を100(200bpm)できっちり弾けるようにしたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR