ご本人がTAB譜を書いてないのでは?

実は最近こちらの本を中古で購入しまして、
ギターマガジン はじめてのジャズギター カラオケCDでジャズセッションを体感 CD2枚付

こちらはもう新品で購入することは難しいのかな?
中古市場でも結構、高値で取引されております。

また、教則本を購入して~!と思われるかもしれませんが、
こちらはちょっと辞書的な目的で購入しました。
例えば、黒本とかで課題曲を決定しても
その原曲のCDをもっていないと
YouTubeとかで動画を探して曲を聴いていたのですが、
プロの方ってかなりフェイクして演奏しますよね?

例えば、Summertimeやろうと思って、
John ColtlaneのSummertimeを聴いたら
おそらくパニックになる
でしょう...(笑)

こちらの教則本は誰でも知っているスタンダード22曲について
解説と模範演奏が収録されてます。
解説はおまけみたいな感じですが、
結構、原曲に忠実に演奏されていると思われ、
とても便利です。

ですので、テーマの弾き方や
アドリブのフレーズアイデアなんかもを勉強させていただいております。
ただ、タイトルにはじめてのとありますがかなり難しいです。

1曲目はSt.Thomanなのですが、
テンポも速く、これを弾きこなすのは
かなりの腕が必要になりますね。
ただ、演奏はとても好きな演奏ですね。
普通にジャズとして聴いていて楽しい演奏です。

ただ、ちょっと気になる部分も少し、
下記、St.Thomasのアドリブの一部なのですが、
上段が本に掲載されている譜面です。
20180407_stthomas1.png
2小節目の最後なのですが、
TAB譜だと9f、10fで弾くようになっているのですが、
前の音の繋がりも考えると、
下段のように弾いたほうが個人的には弾きやすいのですが、
人によっては上段の方が弾きやすいのでしょうか...

まあ、これは人ぞれぞれだとおもうのですが、
下記譜面のアドリブですが、
20180407_stthomas2.jpg
なぜが譜面に×が掲載されているのですねよね...
これってコピー譜とかでは音が出てなかったりした場合に
このような表現をすることはあると思うのですが、
教則本でありえますかね...(^^;

少なくとも収録されているCDにはちゃんと音があるように聞こえるし、
本人も少なくとも弾こうとしていると思うのですよ。
であれば、楽譜とTAB譜に×を記載することはしないと思うのですよね...

なんか、これをみたらご本人がTAB譜を書いてないのでは?と思ってしまいます。
そうなると、TAB譜を過信してはいけないなと。

ま、個人的には楽譜読む練習にもなるしいいか!と割り切っておりますが...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか6年間継続することができました。(2017年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR