所謂、ペンタ一発問題!?

現在John McLaughlinQue Alegriaを聴いてます。
John McLaughlinは2作目ですけど、
前回聴いたものとはかなり趣が違う感じです。
前回はジャズフュージョン色が強かった印象ですが、
このアルバムはフラメンコのような要素もあり
ジャズと一括りにするのも難しい感じです。
まあ、いろんなスタイルがあるのがジャズなんでしょうけど。
ギターは弾きまくりで圧巻の一言です。

さて、教則本と並行してSunnyを練習中です。
なんとか次回のセッションで演奏できればと思っております。
メロディ、バッキングも然る事ながらやはりソロが問題です。

前回も書きましたが、KeyがAmですので、
所謂、Amのペンタ一発!という奴でも対応可能なのですが、
私、ペンタ一発が弾けない事が判明しました...(^^;

まあ、ブルースの教則本しか弾いてないし、
フレーズのネタがないのですよねぇ...
しかもチョーキングを使用しない
ジャズ風のフレーズなんて
引き出しをひっくり返しましたが
何も出てきませんでした。(笑)

ペンタ一発が弾ければ、とりあえず、
ジャズブルースなんかも対応できそうですし、
対応できるようにしたいなと思っているのですが、
案外、ペンタとジャズというKeywordで探しても、
ジャズ風のフレーズが検索で引っ掛かってこないのですよねぇ~。

そうやってあれこれ調べていたら、
Pat Martino巨匠Sunnyのフレーズを演奏している
Youtubeなんかも見つかり参考にさせていただきました。
フレーズは4小節でしたが、
基本的にはAmのペンタで作られてました。

同じ音を使っているのに、
どうしてこんなにかっこいいフレーズが作れるのでしょう...
ペンタも奥が深いですね...

なっかペンタのいい教材ないかなぁ...
↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


Sunnyのコード分析

とうとう4月になりましたね~。
4月にしてはちょっと肌寒い感じで
私の住む街では、まだ花見という感じではないですね。

さて、前回ご報告させていただいたSunnyです。
メロディとバッキングパートを集中的に練習してます。
メロディのオクターブ奏法はテンポが速くなると難しい...
これは継続的に練習しないといけません。

さて、問題はギターソロなんですよ。
SunnyのKeyですがAmでよいのでしょうかね?
リズムもジャズファンクな感じですので、
Amのペンタ一発でもいいわけです。

コード進行を見てみると
Am7-Gm7-C7-FM7-Bm7-E7
この4小節が3回続きます。(但し、最後はE7なし)
最後の4小節は、
Bm7(b5)-E7(#9)-Am7-E7(#9)
となってます。

これを見ると、Gm7-C7-FM7はメジャーのⅡ-Ⅴ-Ⅰで、
一時的にFメジャーへの部分転調ですかね?
Bm7-E7-Am7はBm7(b5)になってませんが、
マイナーのⅡ-Ⅴ--Ⅰということでよいのでしょう。
最後の4小節目のBm7(b5)-E7(#9)-Am7もマイナーⅡ-Ⅴ--Ⅰですよね。

...と言うことは、ほとんどⅡ-Ⅴ--Ⅰのフレーズで行けるとのことですよね。
今やっている教則本のフレーズもⅡ-Ⅴ--Ⅰなので、
Keyを変えて演奏すれば応用が効くなと。
簡単にギターソロが弾けるかな...
と楽観していたのですが...


...がしかし!



そうは簡単にいかないですよぉ...
ちょっと弾いてみたのですが、ぜんぜんこの曲にはまらないのですよ。
今練習しているのが、所謂バップフレーズなんですけど、
このジャズファンクに合わないのですよね...
音は同じでフレージングを変えようと思ってもうまくいかない...

う~ん、これもやはり経験かなぁ...
使用できる音がわかっても
それを使ってフレーズにすることができない。
ここが初心者が弱いところなんですよね。

もっといろんな曲をコピーした方がよいのかなぁ...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


ジャズスタンダードSUNNYいいですね!

ちょっとご無沙汰です。
出張等もあって間があいてしまいました。

今週の日曜日はジャズギター道場でした。
ジャズスタンダードのSunnyが課題曲でした。
私は知らなかったのですが、結構有名なスタンダード曲です。
黒本にも掲載されていないのですが、
ジャズ・スタンダード・バイブル2の方には掲載されているようですね。

この曲いいですね~。
YouTubeでもいろいろな方の演奏が確認できますが、
今回参考にしたのはPat MartinoJohn Scofieldによるものです。
ぜひ、一度ご覧になって下さい。
Pat巨匠の圧巻のソロを!(特に2:30以降に注目!)

Pat Martinoのソロは相変わらずといいますか、
いつも同様にパラパラと弾きまくっておりますが、
John Scofieldのソロは8分音符中心で、
まったく違ったアプローチで驚きです。
人が変わるとアプローチも変わるのですね~♪

まずはテーマのメロディの演奏方法について学びました。
Pat巨匠はオクターブ奏法で演奏してます。
私オクターブ奏法が苦手なんです...
苦手な事多すぎるのですが(^^;

矢堀先生は、まず3弦、2弦、1弦でCメジャースケールを確認させ、
3弦は薬指で、2弦と1弦を小指でスケールを弾く練習をしました。
最初はなんで3弦以下なんだろう?
どうして薬指、小指??って感じだったのですが、
オクターブ奏法をする為の練習だったのですね。
その次は、人差指でミュートをしながらスケールを弾く練習、
その後は人差指でオクターブの音を押えて弾く練習と段階を追って練習しました。

不思議な事に段階を追って練習すると、
オクターブ奏法が苦にならない自分が居ました。
さすがだなぁ...
これって教則本だとこういう教え方できないですよねぇ...
こういう時にスクールの良さを痛感しますね。
あと、演奏するときは、薬指、小指だけを見て
演奏することもポイントのようです。

メロディの練習が終わったらバッキングの練習です。
これも3Voicesを利用した効果的なヴォイシングを教えていただけます。
今回はアドリブに関しては講義はなかったのですが、
基本的にはKeyがAmなので、ペンタ一発でもソロ弾けるのですよね...
私以外の人達は...私は無理ですけど。

丁度課題曲を探していたところですし、
メロディとバッキングは教えてもらったので、
アドリブを練習して次回のセッションに挑戦してみようかな。
コード進行も基本的なものですしね!

今後、練習状況を報告したいと思います!

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


休符をうまく入れてコード弾き

毎日の朝練でジャズバッキングの為に
コード練習をしております。
メトロノームを2拍、4拍でならして
Ⅱ-Ⅴ-Ⅰのコードを押さえるものです。

私はコードチェンジが大変苦手であり、
すぐにそのコードを押えることができません。
6弦ルートのM7やm7(b5)なんか顕著です。
小さく指を纏めるのが特に苦手なんですね。

その為、次のコードを弾こうとした場合、
かなり早い段階から次のコードを押えようとしておりました。
例えば、小節の1拍目のコードを弾こうとした場合、
前の小節の3拍目くらいからコードを押え始めて、
ようやくそのコードを押えられるという...

そうなると、1小節毎にコードをチェンジする場合、
Dm7・→・休・休|G7・→・休・休|CM7・→・休・休|
って感じで実質2拍しかコードを弾いてないことになってます。

道場の矢堀先生もこの件については言及しておりまして、
コードを全音符で音を切らさず弾くことは
物理的に不可能(必ずコードチェンジの際は音が切れる)であるので、
全音符の際も意識的に休符を入れることが重要だと。

かならず音の切れ目ができるのであれば、
意識的に4拍目を休符にした方が音が綺麗になると。
Dm7・→・→・休|G7・→・→・休|CM7・→・→・休|
...とこんな感じですかね。

この事は実践! ジャズ・ギター・コードワーク・バイブルにも記載されてました。

ですので、現在はこれを意識しながら練習するようにしてます。
メトロノームを2拍、4拍でならしているので、
4拍目の音に合わせて休符にして、
次の1拍目のコードを弾くということを意識してます。

しかし、コードの型にすぐ指を合わせるのは大変...
全然、上手く弾けるようにならないのですが...
なんかコツがあるのですかね?

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


一人合宿の結果報告

昨日よりAl Di MeolaTour De Force - Liveを聴いてます。

ジャンルとしてはジャズフュージョンになりますでしょうか。
所謂、コンテンポラリーなジャズというよりは、
歪んだギターが鳴り響く、フュージョン系ですので、
ROCK色の強いアルバムになります。
私のようなロック野郎にはとっつき易いですね。

さて、前回お伝えした一人合宿ですが、
3日間で目標の10時間を超えて、
10時間45分練習することができました~♪
内訳は下記のようになります。

1日目:3時間27分
2日目:5時間2分
3日目:2時間16分


いや~...結構疲れましたねぇ(笑)
特に2日目の5時間
午前中2時間、午後2時間、夜1時間という感じでした。
実は今までの1日の最高時間が5時間であったので、
ここまできたらこれは更新したいなと思い
無理やり2分だけ記録更新しておきました。(笑)

時間に拘って練習することは褒められたことではないのですが、
3日間徹底的に練習したのでそれなりの効果がありました。

この3日間では、教則本を中心に練習しておりました。
Dm7-G7-CM7-Am7の循環コードの内、
G7、Am7のフレーズ練習を徹底的にやることができました。
各フレーズ100回以上練習しているのですがね...
なかなか指に馴染まないというか、
うまく弾けておりません...
引き続き、弾きまくりたいと思います。

3日目は目標の10時間の達成が見えていたので、
楽器屋を訪問して気になる教則本を確認しておりました。
次にと言いますか...
今の教則本と並行して実施する教則本を決めました!
まだ、購入はしてないのですが...

購入しましたら報告させていただきます!
さて、今晩も頑張って練習しようっと。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

現在、挑戦している教則本です。


カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR