演奏技術不足が露呈

昨日はギター道場でした。
昨日はセッション方式による講義でした。
各自やりたい曲をセッションして、
課題について解説、アドバイスをいただく
感じです。
これが結構勉強になります。

他の人の演奏を聴くこともそうですが、
知らない曲を覚えることができるのもメリットですね。
私は当然St. Thomasをお願いしました。

ただ、こちらの講義が終わった後にも
セッションコーナーがあるので、
過去に練習した曲も準備しておかないとダメですね。
今度から最低2曲くらい練習しておかないと。

St.Thomasは相変わらずな仕上がりですが、
やはり演奏技術が劣っていることが課題であると
改めて再認識しました。

これまでは自宅では弾けるのに、
セッションになると緊張して弾けない!と思っていたのですが、
そもそも演奏技術が未熟である為に
このような結果を招いているのだと。

他の生徒さんの演奏聞いていたのですが、
やはり、演奏が上手な方は技術力も高いですよね。
まあ、当然ですけど...(^^;

昨日のSt.Thomasも自分でテーマを弾き始めて
後からベース等が乗っかってくる感じで始めたのですが、
自分がテンポ決めたのにもかかわらず、
早さについていけないという始末...

早さについていけないのは、
演奏技術が未熟なのだろうなと。

ここは以前先生からもらった課題である
しっかり8分音符で弾くことを練習していきたいと思います。

次回の課題曲も決めないとね。
あと、発表会が近づいてきたのでそちらの曲も決めないと...
最低2曲と言われております。

GWはギター三昧でがんばろうっと。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



無窮動トレーニングの状況報告

先日無窮動トレーニングを開始したことをお伝えしました。
ギター無窮動(むきゅうどう)トレーニング

やり方としては毎日30分程度を練習しております。
現在の進捗状況をお伝えすると...
まだ、ウォーミングアップすら弾けてません...(^^;

こちらの教則本ですが、
実際の無窮動トレーニングを開始する前に、
ウォーミングアップ用として、
1625進行の8小節のエクササイズが
コードトーン、スケール、アプローチノートというテーマに沿って
2つずつ(合計6個)掲載
されているのですが、
この内の半分しかできてません。

また、まだテンポに合わせて弾くという状態ではなく、
譜面を見ながらフリーテンポで弾いている状況です。
なんとなく暗譜はできているフレーズもあるのですが、
まだまだですね...

現在はコードトーン2つ、スケール1つを練習してますが、
やはりコードトーンは弾きにくい運指が多く苦戦しています。
スケールだと比較的パラパラと弾けるのですが、
スケールを1個飛びして弾くのがコードトーンですので、
左手をストレッチしたり、弾きにくい運指のオンパレードですね。
まずロックでは弾かないだろうな...

本当は1625進行のコード進行を意識して、
どの音を弾いているが意識した方がよいのでしょうが、
正直、それどころではありません...

まあ、左手の運指、右手のピッキングの練習にもなるでしょうから、
今後も継続していきたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



再び親指と人差指の屈伸を練習

以前こちらでも話題にした早いテンポで8分音符を弾く練習ですが、
毎朝15分くらい実施してますが、最近伸び悩んでおります。

2拍4拍のテンポ90ですので、実際は180くらいのテンポですが、
だんだんと速さについていけなくなります。

ネットで速弾きについて検索すると、
結構、いろいろな方法があるようですが、
必ず書いてあるのが力を抜いてピッキングするということ。

まあ、そのとおりだと思うのですがね...
私もテンポは80くらいまでは、
力を抜いてリラックスしながら弾けていると思いますが、
テンポ90くらいになると、力を抜こうと意識をしているのですが、
早さについていくためにどうしても力が入ってしまいます。
力を抜くとスピードについていけない感じなんですね。

で、どこに力が入っているかというと、
右肩なんですよ...
10分も弾いていたら結構肩こりのような症状がでてしまいます。

これ以上のスピードで弾けるようになる為には
何か抜本的な改革が必要って感じなんですよね...

ということで、以前ハードロックを演奏していた時に挑戦していた
親指と人差指の屈伸を練習しております。

こちらのピッキング方法は、
親指の第一関節を伸ばすことでダウンピッキング
逆に親指の第一関節を曲げることでアップピッキング

をする方法です。

要するに手首とかのスナップはあまり利用せずに、
親指と人差指の動きだけで弾く方法ですので、
あまり肩とか力まずに弾ける利点があります。

ただ、これは昔何年も練習していたのですが、
全く身に付けることができなかった苦い思い出があるんですよ。
まさか、ジャズギターを始めてまで、
速弾きの練習をすることになるとは...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



ご本人がTAB譜を書いてないのでは?

実は最近こちらの本を中古で購入しまして、
ギターマガジン はじめてのジャズギター カラオケCDでジャズセッションを体感 CD2枚付

こちらはもう新品で購入することは難しいのかな?
中古市場でも結構、高値で取引されております。

また、教則本を購入して~!と思われるかもしれませんが、
こちらはちょっと辞書的な目的で購入しました。
例えば、黒本とかで課題曲を決定しても
その原曲のCDをもっていないと
YouTubeとかで動画を探して曲を聴いていたのですが、
プロの方ってかなりフェイクして演奏しますよね?

例えば、Summertimeやろうと思って、
John ColtlaneのSummertimeを聴いたら
おそらくパニックになる
でしょう...(笑)

こちらの教則本は誰でも知っているスタンダード22曲について
解説と模範演奏が収録されてます。
解説はおまけみたいな感じですが、
結構、原曲に忠実に演奏されていると思われ、
とても便利です。

ですので、テーマの弾き方や
アドリブのフレーズアイデアなんかもを勉強させていただいております。
ただ、タイトルにはじめてのとありますがかなり難しいです。

1曲目はSt.Thomanなのですが、
テンポも速く、これを弾きこなすのは
かなりの腕が必要になりますね。
ただ、演奏はとても好きな演奏ですね。
普通にジャズとして聴いていて楽しい演奏です。

ただ、ちょっと気になる部分も少し、
下記、St.Thomasのアドリブの一部なのですが、
上段が本に掲載されている譜面です。
20180407_stthomas1.png
2小節目の最後なのですが、
TAB譜だと9f、10fで弾くようになっているのですが、
前の音の繋がりも考えると、
下段のように弾いたほうが個人的には弾きやすいのですが、
人によっては上段の方が弾きやすいのでしょうか...

まあ、これは人ぞれぞれだとおもうのですが、
下記譜面のアドリブですが、
20180407_stthomas2.jpg
なぜが譜面に×が掲載されているのですねよね...
これってコピー譜とかでは音が出てなかったりした場合に
このような表現をすることはあると思うのですが、
教則本でありえますかね...(^^;

少なくとも収録されているCDにはちゃんと音があるように聞こえるし、
本人も少なくとも弾こうとしていると思うのですよ。
であれば、楽譜とTAB譜に×を記載することはしないと思うのですよね...

なんか、これをみたらご本人がTAB譜を書いてないのでは?と思ってしまいます。
そうなると、TAB譜を過信してはいけないなと。

ま、個人的には楽譜読む練習にもなるしいいか!と割り切っておりますが...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



教則本の進め方を見直し

ちょっと今月より教則本の進め方を見直しております。
現在取り組んでいるこちらの教則本ですが
結構なボリュームのフレーズ楽譜が掲載されております。

ペンタ+αでジャズ・ギター・フレーズを徹底攻略

これまではどんなフレーズであっても
最低100回はCD(音源)に合わせて練習をしておりました。
ただ、ペンタトニックスケールを上昇下降するもの、
説明に使用した1小節用のフレーズ等も。

時には、CDのスピードについていけない為、
なんどもゆっくりのスピードで練習をして、
ようやくCDのスピードで弾けるようになってから
最低100回弾いたりしてました。

この方法であれば、よい練習にはなるのですが、
ただでさえ、1冊終えるのに時間が必要なのに、
さらに時間が掛かってしまっておりました。

今月からはあまり回数にはこだわらず、
書かれてあることが理解できたり、
弾かなければいけないことが理解できたら、
次に進むことにしました。

幸いの事に、この本はChapterの最後に
章の纏め用の練習曲が掲載されており、
それを1曲弾けば、すべてのアイデアが含まれております。
この練習曲だけはしっかり弾いておきたいと思います。

教則本の進め方は人それぞれですが、
一つ一つじっくり理解しながら進めるより、
わからないところは飛ばしてでも最後までやって、
役立つなと思えば、もう1周するくらいの方がよいかもしれません。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか4年間継続することができました。(2015年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR