時間がなくなってしまった...

あ~あ...もう発表会まで残り5日ですね...
先週は二日酔いや体調不良等により練習がまったくできてなく、
よって、I'll Close My Eyesはまったくアドリブが弾けてない状態です...orz
さすがに残り時間もないので、今回は自分の演奏曲である
One Note Sambaをメインに練習して行こうかと思います。

よって、毎月1曲新曲にチャレンジという目標は未達に...
最近はちょっと重荷になっていたので、
少し肩の荷が下りたかな。
やっぱKeyがFの曲は苦手です...

これまでもブログで書いておりますが、
まずはKeyにあったスケールでトーナリティを重視したアドリブ
弾けるようにしたいと考えております。
平たくいいますと、KeyがCならCメジャー一発って感じですね。
もちろん、転調している場合は転調後のKeyですけど。

...ですので、自分が想像している理想としては、
①まず指板上にスケール上の音が見えている。
②その指板上の音を使って自由にアドリブをする。

というイメージなんですね。

私は先生からスケール練習をするように言われております。
これはギター演奏上の最低限の技術である
8分音符を弾くということができていないからでもあるのですが、
スケールでアドリブを弾く為の基礎を作る意味もあるのかなと。

実際、指板上のスケールの音は見えつつあります。
ただ、その指板上の音を使ってフレーズにすることができません。
先生とかが同じことをすると、自由に音を選択していながら
ちゃんとメロディになって聞こえたりしているのですが、
自分の場合はメロディになってないのですよね...

これはたくさんのフレーズをTranscriptしていくなかで、
どうやってメロディを作ったらよいか、
自然に身体に浸み込んでいるのではないかな~と思います。

1日1個でもいいのでフレーズとか作るとよいのかな...

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



5弦ルートのペンタとメジャースケールの関係

前回のブログでKeyがFの曲はCメジャーペンタで大丈夫では?
書かせていただいたものの...

まあ、今後の事も考えて、5弦8fのFの音近辺で
Fメジャーによるアドリブすることも身に付けないとな...

思っております。

以前、6弦ルートのペンタトニックとメジャースケールの関係
下記のような図で纏めさせていただきました。
20180215_CMajor.jpg
今回は5弦ルートのペンタトニックとメジャースケールの関係
纏めてみたいと思っております。
5弦ルートのメジャーペンタは下記となります。
20180605penta1.png
これに4度と7度の音を加えたものがメジャースケールになりますので、
こちらを加えてみると下記となります。
20180605penta2.png
まずは5弦ルートのペンタでアドリブを取れる必要がありますが、
ここでアドリブが弾けるようになれば、
徐々に4度、7度の音を追加してアドリブするようにしたいと思います。

正直、私のペンタの手癖は6弦ルートのものが中心なので、
5弦ルートペンタになると途端に弾けなくなりますw
Amペンタだと5弦ルートの位置はフレットの高い位置になるので、
盛り上がってきた時に少し弾く程度であまり弾いてなかったのですよね。

今回はいい機会なので5弦ルートのペンタの練習をしたいと思います。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



KeyがFの曲をCメジャーペンタで克服する?!

今月挑戦しているI'll Close My EyesですがKeyがFです。
KeyがFの曲は初めてになるのですが、
これがちょっと私には問題のあるKeyでございまして...

...というのも、私がアドリブをする際に、
ギターの指板上をペンタトニックを中心に把握します。
そうあの有名が6弦ルートのあの形です。
20180215_CMペンタ
KeyがFとなると、6弦上では1fか13fになります。
Fマイナーであれば1fをポジションを使うこともあるのですが、
Fメジャーとなると、10f~13fを中心に弾くということになります。
ちょっと音域が高い部分になるのですよね...

ただ、個人的にはやはり5f~10fあたりを中心にアドリブをしたいのですよね~。
やはり、このあたりが一番ギター的に威力を発揮しやすい指板なのかなと。
5弦上には8fにFがあるので、5弦ルートのペンタでアドリブできれば
全く問題ないのですが、現状、ここのポジションでソロ取るのは苦手...

そこでふと思いついたのですが、
FメジャーとCメジャーってBがフラットするだけで、
残りの構成音は同じじゃないですか?

ならば、CメジャーポジションでBだけフラットさせて弾けばいいんじゃね?
また、Cメジャーペンタの構成音はド・レ・ミ・ソ・ラですよね?
これはBが含まれていないので、Cメジャーペンタはでもはまるんじゃね?

さすがにFメジャーの曲をCメジャーペンタだけで押通すのは乱暴なので、
CメジャーペンタをベースにbBとFの位置だけを覚えると、
なんと、Cメジャーペンタを弾いている感じでアドリブができました。

ちなみに、Cメジャーで覚えたフレーズを弾いてみましたが、
違和感なく聞こえるフレーズはやはり多かったですね。
フレーズによってはちょっとアウト感漂うものもあるですが、
これはおそらくKey以外の音が結構続いたフレーズなんだと思います。
このあたりはちょっと調べると面白いかもしれませんね。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



One Note Sambaのエンディングについて

今月の課題曲であるOne Note Sambaですが、
実はあるところで躓いておりまして...
それが最後の4小節なんですよぉ...
20180601_ONS1.jpg
この最後の4小節のB△7なんですが、
一拍食っているんですよね。
これが一拍食うことによって、
私の場合、それ以降ずっと一拍ずれて弾いちゃうんですw
もうリズム感ないので大変です...

前回のギター道場でのセッションでも、
ここが違ってて、アドリブの途中で修正したのですが、
実は問題はエンディングなんですよ!

先生から教わったエンディングは、
この最後の4小節を2回繰り返して終わるというもの。
前回の道場セッションでは、先生がベースを弾いており、
先生がエンディングをリードしていただいたのですが、
当然、発表会当日は私がリードしていかないといけないので、
リズムをずれたまま(1拍ずれたまま)2回繰り返すと、
きっとエンディングはドラム、ベースとずれるだろうなと。

これはまずい!
ちゃんとリズムキープしなければ!(当たりまえw)

そもそも練習している際はiReal Proを利用しているのですが、
このコード譜は一拍食っていないのですよね...
普通に小節の頭からコードが変わっているのですよ。

ということで、現在は地道にメトロノームを利用して練習しております...
でもできない...ずれます...
やばい...

やはり、メトロノームで練習するのって大切ですね。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



Elixir OPTIWEBはいいかも♪

先日のブログでElixirのOPTIWEBを購入したことを書きました。
Elixir OPTIWEB Light .010-.046

こちらの感想を書いていなかったのでちょいとご報告...
結果から言うと、結構満足です!(^^)
以前からElixirは使用しておりましたが、
一番お安いPOLYWEBを使用しておりました。
正直、POLYWEBとの差はあまりわからないのですがw
でも、Elixirが自分に合っていると認識しました。

ちなみに前回使用していた弦はこちらです。
D'Addario NYXL Regular Light .010-.046

こちらは購入してから2年くらい経過していたでしょうか。
クリップチューナーが欲しくて、
この弦とセットになったお得な奴を購入
してましたが、
結構、未使用弦が溜まっていて
なかなか使うことができなかったのですよね~。

このD'Addarioの前はElixirのPOLYWEBの0942を利用してました。
昔ロック野郎だった頃に溜めていた弦ですw
実は、最初にD'Addarioを貼った際の感想が
なんか弾きづらいな...
というものでした。

この弦はElixirのようなコーティング弦ではないし、
肌触りがザラザラな感じも違和感あったし、
(昔はコーティングのツルツルが苦手だったのだが...)
あとは弦のテンションが強い感じがしました。

0942から1046に変えたからかな?と思い
しばらく弾いていたら慣れるかな?とあまり深く考えてなかったのですが、
今回Elixirの1046に変えるとテンション弱めで、
なんか弾きやすいのですよね~♪


あと、音も良いです!
これは好みの問題もありそうですが、
エフェクターを噛ました音が全然違って驚きました。

正直これまではあまり弦には強いこだわりもなく、
その違いも判らなかったのですが、
少なくともD'AddarioよりはElixirの方が自分には合っているようです。
ただ、OPTIWEBでなくてもPOLYWEBでも良いかもしれません。
POLYWEBでも同じような感触なら値段もお得ですしね。

今回はあくまでも個人に主観による感想です。
実際、ギター道場に通う上級者は
このD'Addarioの弦をベタ褒めしておりましたしね。

弦が新しいか古いかだけの差かもしれませんw
でも、弦のテンションってこんなに変わるものなんですね?
たまたまなのかな~。

↓モチベーションアップになりますのでクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村



カウンター

ブログ ランキング

バナーをポチッとしていただければ幸いです。↓

プロフィール

HIRO

Author:HIRO
40代半ばのおっちゃんギタリスト。

これまで何度もギターに挑戦してきましたが,ことごとく挫折...

40歳を機に新しい事に挑戦しようと思い,再びギターに挑戦することに。

2011年9月からギターを再開。どうせまた挫折するだろうと半信半疑でしたが,なんとか6年間継続することができました。(2017年9月現在)

好きな音楽はHR系、プログレ系ですが、2015年からブルースに興味が出て、2016年からJAZZにシフト。現在は、JAZZギターに挑戦中です!

◆好きなジャンル
 Progressive Rock,Hard Rock,Blues, Jazz...
◆好きなアーティスト
 IT BITES,RUSH,Extreme,Iron Maiden...

※Amazon アソシエイト・プログラムに参加しております。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR